【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

ふんばれ、南三陸町

2011年8月 2日

草刈です。先週、東日本大震災で津波の大きな被害を受けた、南三陸町へ行ってきました。 ここでは、「冬みず田んぼ」の活動をしている「NPO法人田んぼ」が、水田の復興活動を進めています。皆さまからお寄せいただいた震災緊急支援募金を基に、今WWFでは、その活動を支援させてもらっているのです。 「冬みず田んぼ」は、通常は水を抜いてしまう冬の田んぼに、水を湛えてさまざまな生きものの生息場所を確保し、生物多様性の力を借りて稲作を行なう水田のこと。 最近は取り組むところが減ってしまいましたが、昔から日本で行なわれていた農法で、もちろん、化学肥料や農薬も使っていません。 震災から5カ月近く。今回「NPO法人田んぼ」理事長の岩渕成紀さんが案内してくださった南三陸では、今も町の彼方に瓦礫の山が積みあがり、廃棄物の処理作業が延々と続...続きを読む

カテゴリ: 草刈 , 震災関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然保護室の東梅です。 事務局で定期的に開催している昼休みの「海洋ゼミ」で、「黄海エコリージョン支援プロジェクト」のお話をさせてもらいました。 黄海は中国、韓国、北朝鮮に面した大陸棚の海で、豊かな漁場であると同時に、豊かな沿岸の自然に恵まれた、生き物の宝庫でもあります。 ここに産する魚介類は、日本も多く輸入しており、私たちの暮らしにもかかわりの深い海といえる...続きを読む

カテゴリ: 東梅

こんにちは。広報の新井です。 昨日、登山家で福島県出身の田部井淳子さんと、WWFジャパンの德川会長との対談が、WWFの事務局で行なわれました。 これは、長くWWFの活動に協賛をいただいてきた、福島民友新聞の特集企画で、「自然エネルギー100%の未来をめざして」をテーマにお話しいただいたものです。 東日本大震災と、それをきっかけとした原発事故によって、甚大な...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 新井(秀) , 震災関連

森林担当の古澤です。 WWFの活動フィールド、インドネシアのスマトラ島をめぐる旅「ゾウのパトロール隊に会いに行くツアー」の申し込みがもうすぐ締め切りです! かつてスマトラは、島全体を熱帯林が覆う自然豊かな島でした。 深い森は、昔からこの地で暮らしてきた人々はもちろん、トラ、ゾウ、オランウータン、サイをはじめたくさんの多様な動植物をはぐくんできました。 とこ...続きを読む

カテゴリ: 古澤

森林担当の古澤です。 極東ロシアで活動するWWFロシアから嬉しいニュースが届きました。 今年スタートした自動撮影のビデオカメラを使った生息調査で、アムールヒョウの姿を捉えることに成功したのです。また、これまで確認されていた数を上回るアムールヒョウが生息していることも明らかになりました! アムールヒョウは森の豊かさの象徴ともいえる動物ですが、毎年冬の終わりに発...続きを読む

カテゴリ: 古澤 , 生きもの小ネタ

こんにちは。パンダショップの池田です。 毎日暑いですね。家事をしたり、ちょっと外出しただけでも頭から滝のように汗が流れます。 汗をかいたら着替えたくなるのは赤ちゃんも同じ。特に汗をかきやすい赤ちゃんは、こまめにケアしてあげないといけません。 赤ちゃんは新陳代謝が活発で大人よりも汗をかきやすいのに、まだ体温調節がうまくできないので、自分のかいた汗で湿った肌着が...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

夜の侵入者

2011年7月22日

沖縄の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 昨日の夜、忘れ物を取りに「しらほサンゴ村」のセンターに戻ったら、外扉の所で、ガサゴソと怪しげな音が… 足元を見てみると、そこに20㎝ぐらいのヤシガニがいました。 ヤシガニは、陸上生活をする甲殻類では一番大きくなるそうで、日本では沖縄県に生息していて、大きいものは40㎝にもなるそうです。 残念なが...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 生きもの小ネタ , 鈴木(智)

広報室長の石原です。 このスタッフブログが、スタートしてからちょうど1年になりました。 ここでは、環境保全についての「情報」ではなく、実際に活動に携わっているスタッフの「動き」を、皆さんにお伝えしたいと、手探りで始めたこの企画。 最初のうちは、なにがどうなるやら!?という感じでしたが、この1年を振り返ってみると、みんな結構がんばって更新していたことがわかりま...続きを読む

カテゴリ: 石原

森林担当の古澤です。今日はロシアからニュースをお届けします。 WWFは、極東ロシアで森を守る活動を行なっていますが、その一つにアムールヒョウの保護活動があります。 極東の森にしか生息しないアムールヒョウは、個体数わずか40頭あまり。 しかも唯一の生息地である森の一帯では、伐採や火災による森林の劣化が進んでいます。美しいヒョウの毛皮を狙った密猟も跡を絶ちませ...続きを読む

カテゴリ: 古澤

広報の佐久間です。 突然ですが、干潟に足を踏み入れたこと、ありますか?ひとくちに干潟といっても、砂っぽいところもあれば、泥っぽいところもあり、沖縄には、サンゴのかけらでできた干潟もあります。 でも、共通しているのが、一見、何もないように見えて、実はカニや貝をはじめ、小さな生き物がたくさんいる場所だということ。そういう生き物をねらって、鳥たちもたくさんやってき...続きを読む

カテゴリ: 佐久間

水産担当の山内です。今、WWFロシアと協力して進めようとしている「持続可能なサケ漁業推進プロジェクト」の仕事で、カムチャッカ半島に来ています。 日本では7月の第三日曜日が「海の日」ですが、ロシアでは、7月の第二日曜日が「ゲン ノバッカ(漁師の日)」と言って、漁業について考え、漁業の大切さを再認識する日なんだとか。 ちょうど私がカムチャッカに到着した週末は、金...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

草刈です。 先週、環境省が外来生物についての学習教材「外来種かみしばい【マングースものがたり】」と「外来種カードゲーム【ピンチくん】」の貸出しを開始しました。全国の地方環境事務所等で申し込みを受け付けています。 外来種カードゲーム「ピンチくん」は、平成18年度に環境省が行なった「侵入種対策​研究プロジェクト」教材開発の中で、WWFジャパンが企画・立案して制作...続きを読む

カテゴリ: 草刈

七夕の鳥

2011年7月 7日

web担当の三間です。あいにくの空模様の場所が多いようですが、今日は七夕の日。織女と牽牛のニ星が年に一度、出会うとされる日です。この七夕伝説には、ある動物が出てきます。鵲(カササギ)という鳥です。カラスの類で、声こそあまり良くないが、白と黒のツートンカラーを基調に、長い翼と尾を持つ、なかなか優雅でスマートな鳥。主な分布域は、北米の一部と、温帯のアジア、および...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

こんにちは、沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の鈴木です。石垣島の白保海域では、2006年度の調査でアオサンゴ群落の正確な分布域が明らかになりました。その分布は、アオサンゴ群落地図にまとめました。あれから5年。その間に、2007年の大規模白化や大型台風の襲来、大雨による赤土流出など、サンゴにとって、試練の年が続きました。その変化を調べるため、「しらほサンゴ村...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

自然保護室の安村です。 今日の昼休みに、WWFジャパンの海洋グループで「海洋ゼミ」を開催しました。 今回が第1回で、テーマは「海の生物多様性と原発の悪影響」。講師は、長年日本の干潟などの保全を手がけてきた花輪伸一。受講者はお弁当を抱えた局内のさまざまな部署のスタッフたちでした。 この企画は、海洋保全に携わっているスタッフが、自分たちが普段手がけているさまざ...続きを読む

カテゴリ: 安村

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ