【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

こんにちは。沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の上村です。 先日、地元の白保中学校に通う二年生17名と一緒に、ギーラのモニタリング調査を行ないました。 ギーラ、これ何のことかわかりますか? ギーラとは、こちらの呼び名で言う「シャコガイ」のことです。 白保の海に生息する貝類の一種で、食用に採られてもいます。 今回の調査は、同じ白保中学校の先輩たちが、2010年に放流したギーラの残存率、成長度合いを調べるものでした。暑すぎもせず、調査日和のこの日、果たしてギーラはどんな具合になっているのでしょうか? 5つのグループに分かれて調査区を設定したポイントに向かいます。最初のAポイントは、ほぼ全滅!! しかし、最も残っていたポイントでは、20個のうち14個が生存。 大きさはいずれも、7センチぐらいに育っており、産卵可能なサ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 上村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。パンダショップの池田です。 6月に入り、夏らしい日が多くなってきました。もう少しで関東地方も梅雨入りです。 この爽やかな季節が終わってしまうのはとってもザンネン。梅雨入り前の貴重な晴れの日を楽しみたいですね。 さて、6月といえば、梅雨、あじさい、ジューンブライドなどを思い浮かべますが、父の日もあることを忘れてはいけません。 とあるアンケートによる...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の上村です。 私たちの「しらほサンゴ村」で、地元の市民グループ「白保魚湧く海協議会」による、JICA(独立行政法人 国際協力機構)の研修が行なわれました。 これは、アジアの熱帯・亜熱帯におけるエコツーリズム企画・運営をテーマにした研修の一環で、石垣島白保地区の住民主体によるサンゴ礁の保全と、エコツーリズムの取り組みを聴講・体...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 上村

南西諸島プロジェクトの権田です。 沖縄本島から西におよそ100キロ、日本でも有数のサンゴの群落が残る久米島で今、サトウキビ畑からの赤土流出が、沿岸の自然およぼす影響を減らすための取り組みを行なっています。 この「久米島応援プロジェクト」は、今年9月までの3年におよぶ活動期間に、久米島の方々が対策活動に取り組むための体制構築にむけた支援を行なう、というものです...続きを読む

カテゴリ: 権田

自然保護室の那須です。 東京都恩賜上野動物園。言わずと知れた、国内でもっとも人気のある動物園の一つです。先日、ツキノワグマの保護に関連して、この動物園の方にお話を聞く機会をいただきました。 お会いしたのは、クマの飼育担当の野島大貴さん。訪れたのは、2006年にできた新しいツキノワグマの展示施設「クマたちの丘」です。 この施設の誕生について、こんなお話を聞き...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 那須

経理担当の万城目です。 暑い日が続きますね!今日は暑い日にぴったり?の、パンダショップのお気に入りの一品をご紹介します。 それは「カレーの壷」。瓶詰のペースト状になっていて使いやすく、少量でも本格的な味になるので、とーってもオススメです。 普通、カレーは沢山作ったほうが美味しいのですが、これは1人分でも十分美味しいカレーを作れるのが魅力です。「なんか今日はカ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ

自然保護室の安村です。 中国・河北省唐山市で、渤海(ぼっかい)の干潟を訪れる渡り鳥の保全を目的にしたイベントに参加してきました。 渤海は、遼東半島と山東半島を境に、黄海につながる内海で、広さはほぼ北海道と同じ。この渤海の湾奥にあるランナン干潟が、今回のイベントの舞台です。 ここは、渡り鳥のコオバシギの重要な休息地ですが、現状では保護区としての指定が一切なされ...続きを読む

カテゴリ: 安村

沖縄の石垣島より、南西諸島プロジェクト担当の権田です。 一足はやく夏の陽気がやってくる沖縄ですが、今年もすでに暑い日が増えてきました。この夏に行く海の事を、早くもお考えの方も、いらっしゃるのではないかと思います。海の楽しさや素晴らしさ、それを子どもたちに知ってもらおう、という企画として、今年3月の終わりに「グリーン・カレッジ2012沖縄・座間味」が開かれ、私...続きを読む

カテゴリ: 権田

ドイツ、ボンでの国連気候変動会議より、温暖化・エネルギー担当の山岸です。14日から開催されていた、この国連会議が終了しました。 今回の会議は、5つの会議が同時並行で開催されました。その中で、一番注目が集まっていたのが、ダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)の第1回作業部会の会合です。 なぜならここが、将来の温暖化防止に向けた、国際枠組みが議論される...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

温暖化担当の小西です。 すでに報道されていますが、昨夜、2030年のエネルギーについて検討している経済産業省のエネルギー基本問題委員会から、選択肢の原案が出てきました。発電量の原発に占める割合で、選択肢を分けているものです。 この選択肢では、2030年に原発0%、15%、20~25%、35%、という4案と、政策案「社会的コストを事業者が負担する仕組みの下で、...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

こんにちは。広報室の新井です。 日本が金環日食で沸いた21日、韓国から帰ってきました。5月19~20日に朝鮮半島の南端近くにあるムアン生態干潟センターで開催された「ムアン干潟文化祭」に参加してきました。 同センターは昨年リニューアルされ、以来、ムアン干潟を大切にしながら地域づくりに取り組んでいる人々の活動拠点となっています。「文化祭」は一周年を記念し、地域...続きを読む

カテゴリ: 新井(秀)

ドイツ・ボンより、温暖化・エネルギー担当の山岸です。こちらで開催されている国連気候変動会議は第2週目を迎えています。 第1週の終わりから参加したのですが、着いてみると、いきなり交渉は紛糾していました。 今回の1つの目玉は、昨年の南アフリカ・ダーバンで開催されたCOP17・COPMOP7において設立が決まったADPと呼ばれる特別作業部会で、どうやって今後の議...続きを読む

カテゴリ: 山岸

沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の鈴木です。 「しらほサンゴ村」では、毎年、地元の白保小・中学校の総合学習のお手伝いをしています。 中学2年生が今年度「ギーラ(シャコガイ)・ウミガメ・漂着ゴミ」の3つについて総合学習をするということで、先日ギーラとウミガメ調査の事前勉強会をしてきました。 ギーラは、2009年、2010年に中学生も稚貝の放流を実施、2010...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

草刈です。 明日、東京の渋谷で、海の生物多様性 フォーラム「日本の海の今を考える」を開催します。 海に囲まれ、その脅威と恩恵を受けて生きている私たち日本人は、これからの時代にどう海と向き合うべきなのか。 先の東日本大震災がもたらした沿岸の自然への影響や、海の恵みである水産資源の利用・管理の現状、そして、先年の名古屋での生物多様性条約会議「COP10」で交わさ...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 草刈

自然保護室の那須です。 四国で唯一のクマ生息地になっている剣山山系から、春の便りが届きました。四国自然史科学研究センターの山田孝樹さんが、「ブナの花が数多く咲いていました」とお知らせをくださったのです。 剣山山系の標高1000m以上に見られる広葉樹林帯には、ブナを主とした森林が広がっています。山田さんはその視察に行かれたのです。 ブナは春になると、葉を広げ...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 那須

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ