【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

広報の石原です。 私たちが今、福島と宮城で進めている「暮らしと自然の復興プロジェクト」に今年、たのもしい賛同者が名乗りをあげてくださいました。東京FMとジャパンFMネットワーク(JFN)の全国37局のラジオ局です!EARTH x HEART(アース・バイ・ハート)という社会支援活動を通じて、クロノスやタイムラインなどさまざまな番組で、プロジェクトを紹介いただいたほか、4月15日に開催されたコンサートでも、多くの方々にWWFのメッセージを伝えていただいたものです。このコンサートでは「海つながり」という粋なはからいで、フィッシュマンズとサカナクションのコラボが実現! 私も会場に行かせていただいたのですが、ステージでサカナクションの山口さんが、活動への支援を呼びかけてくださったことが忘れられません。昨日はこうしたご支...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 石原 , 震災関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国より、自然保護室の安村です。 現在、韓国の麗水(ヨス)で国際博覧会(万博)が開催されています。6月29日には、万博に参加している日本館の認定行事の一つとして、「海民プロジェクト-海でつながる地域、人、そして未来へ」と題したシンポジウムが開催され、私たちが推進している「黄海エコリージョン支援プロジェクト」も、「海民と地域における研究活動」の例として発表され...続きを読む

カテゴリ: 安村

広報の三間です。 昨年3月に起きた東日本大震災による、福島原発での事故を受け、政府はエネルギー政策の抜本的な見直しを行なってきました。またその始まりにあたっては、太陽光や風力といった再生可能な自然エネルギーが、今後の新たなエネルギーの柱の一つとして位置づけられました。 そして先週の金曜日、日本の今後のエネルギー・環境政策に関する「選択肢」がエネルギー・環境会...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , エネルギー関連 , 三間 , 震災関連

自然保護室の岡安です。10年ぶりに、古巣のガボンに来ています。 中部アフリカの小国ガボンは、日本の3分の2の国土に約150万人が暮らす小さな国で、今でも豊かな熱帯多雨林が残され、ゴリラやマルミミゾウといった稀少な大型哺乳類が、野生を謳歌しています。WWFジャパンに入る前、私はここのムカラバ・ドゥドゥ国立公園で野生ゴリラの調査をしていました。 ガボンは自然保...続きを読む

カテゴリ: 岡安

ガラパゴスのロンサムジョージが逝ってしまった。 知られている通り、ロンサムジョージは南米エクアドルのガラパゴス諸島に生息するガラパゴスゾウガメの1頭である。 なぜ、彼が有名なのか。その理由は、ピンタ島に生息していたゾウガメの亜種ピンタゾウガメの、世界で最後の1頭だったからだ。 長い間、人の手で保護され、現地の保護施設内で飼育されてきた最後のピンタゾウガメは、...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 草刈

森林担当の橋本です。 ボルネオ島のカリマンタンに行ってきました。ご一緒したのは京都大学農学部の北山兼弘先生らの調査チーム。マレー語も堪能な方々で、本当にお世話になりました。 今回訪れた場所は、島のど真ん中。ちょうどWWFその保全を勧めようとしている、「ハート・オブ・ボルネオ」と呼ばれるエリアの中です。 今回は伐採業者が持つ森の植生の調査の見学が主でしたが、入...続きを読む

カテゴリ: 橋本

温暖化担当の小西です。 自然エネルギーや原発の将来の比率を決める日本のエネルギーの「選択肢」。「国民的議論にかける」という国の約束は遅れに遅れましたが、6月中には出されることになりました。 それに向け今、水面下で熾烈な調整が続いています。 というのは、経済産業省が6月初めに示した「エネルギー選択肢の原案」をふまえ、環境省が「地球温暖化対策の選択肢の原案」を提...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

リオからの写真

2012年6月20日

広報担当の三間です。 今日からスタートする、国連の持続可能な開発会議「リオ+20」の会場、ブラジルのリオ・デジャネイロから現地の写真が届きました。 横断幕から何から、ポルトガル語だらけなので中身はよくわからないのですが、開幕直前のプレ・イベントなどは相当な賑わいの模様です。 この町の有名なキリストの像はきっと見ていたことでしょうが、20年前、この町では「地球...続きを読む

カテゴリ: 三間

広報の新井です。 瀬戸内海の祝島より、ちょっと嬉しいお知らせが届きました。 上関原発の建設計画と、30年間たたかい続けてきた祝島では今、自然エネルギー100%自給の島をめざす「祝島自然エネルギー100%プロジェクト」が進められています。 そして去年、その一環として賛同者から募った寄付金を基に、島の一軒の民家の屋根に太陽光パネルを設置しました。島の人たちが目指...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , パンダショップ , 新井(秀)

ピンクのマスクの謎

2012年6月18日

沖縄の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。今月末から、地元石垣島の白保の海で、子どもたちと一緒にやるシュノーケル活動が始まります!白保の海を実際に観察し、その素晴らしさや仕組みを知ってもらおう、という企画です。これに先立って今日、「しらほサンゴ村」の備品である、シュノーケル用のマスクなどの部品を分解、洗浄し、痛んでいる部品を取り換える、器材の点検作業を...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

温暖化担当の小西です。 本日午後7時から、東京の千代田区立日比谷図書文化館で、「国連気候変動 ボン会議報告会」が開かれます。 これは今年5月にドイツのボンで開かれた、気候変動に関する国連会議について、実際に現地で会議に参加した、FoEJapan、コンサベーションインターナショナル、そしてWWFジャパンのスタッフが報告するものです。 地球温暖化防止のための新し...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , エネルギー関連 , 小西

エネルギー・温暖化チームの下元です。 今、電子書籍モニターにご応募いただいた皆さまにお送りするための「電子書籍」の制作をやっています。 作業は制作というよりも、内容のチェックなのですが、これが大変なのです。 あまり使い慣れていない電子書籍リーダーで、言葉や数字、グラフなどのチェックをしなくてはなりません。また作業を進めていると、オリジナルの方にちょっとした誤...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 下元

こんにちは。沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の上村です。 先日、地元の白保中学校に通う二年生17名と一緒に、ギーラのモニタリング調査を行ないました。 ギーラ、これ何のことかわかりますか? ギーラとは、こちらの呼び名で言う「シャコガイ」のことです。 白保の海に生息する貝類の一種で、食用に採られてもいます。 今回の調査は、同じ白保中学校の先輩たちが、2010年...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 上村

こんにちは。パンダショップの池田です。 6月に入り、夏らしい日が多くなってきました。もう少しで関東地方も梅雨入りです。 この爽やかな季節が終わってしまうのはとってもザンネン。梅雨入り前の貴重な晴れの日を楽しみたいですね。 さて、6月といえば、梅雨、あじさい、ジューンブライドなどを思い浮かべますが、父の日もあることを忘れてはいけません。 とあるアンケートによる...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の上村です。 私たちの「しらほサンゴ村」で、地元の市民グループ「白保魚湧く海協議会」による、JICA(独立行政法人 国際協力機構)の研修が行なわれました。 これは、アジアの熱帯・亜熱帯におけるエコツーリズム企画・運営をテーマにした研修の一環で、石垣島白保地区の住民主体によるサンゴ礁の保全と、エコツーリズムの取り組みを聴講・体...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 上村

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ