【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

ワンワン!ギャギャ!イヌとサルのけたたましい鳴声が交錯します。 ヒグラシの涼しげな声に包まれていた、のどかな農村の風景は一変しました。追うイヌと逃げるサル。その激しい攻防が続きます。 ここは下北半島、青森県むつ市脇野沢。「北限のサル」で有名な場所です。クマ情報を集めるため訪れたところ、はからずも「犬猿のなか」に飛び込んでしまいました。 夏の山中はサルの食物が少ないため、この時期、農作物を食い荒らす、いわゆる「猿害(えんがい)」が多発します。脇野沢では、ソバとトウモロコシが実りの時期を迎えていますが、それをサルが狙っているのです。一度、農作物の味を覚えたサルは、食害を繰り返すそう。 ほとほと手を焼いた挙句、切り札として2008年に導入されたのが「モンキードッグ」。野生のサルを畑や住宅地から追い払い、すみかの山林へ...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 那須

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温暖化・エネルギー問題担当の山岸です。 これからの日本のエネルギーと原発の未来を左右する、「エネルギー選択肢」についての「パブリックコメント」の受付が、8月12日をもって終了しました。パブリックコメントを寄せられた皆さま、今回こうした意見提出に初めて挑戦したという方も、多かったのではないかと思います。本当におつかれさまでした。現在、政府の集計が行なわれていま...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

温暖化・エネルギー問題担当の山岸です。「エネルギー・環境に関する選択肢」への国民の意見「パブリック・コメント」の受付〆切が、今日の午後六時に迫ってきました。 将来、日本がどれくらい自然エネルギーを推進するのか、原発はどうするのか、省エネはどれくらいやるべきなのか、温暖化対策はどれくらい頑張るべきなのか。ぜひ、意見を出してください。 「意見なんて出して意味ある...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

温暖化・エネルギー問題担当の山岸です。 日本の原発とエネルギーの未来を左右する、「エネルギー・環境に関する選択肢」についての一般からの意見(パブリックコメント)受付の期日が、いよいよ今週末に迫ってきました。 その中で昨日、WWFジャパンも参加している「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)」のメンバーが、古川元久国家戦略担当大臣と面会しました。...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

草刈です。 環境問題に関する世論調査の結果が公開されました。世論調査とは、内閣府大臣官房政府広報室が行なっているもので、生活のさまざまなバロメーターの一つとされています。 今回の世論調査のテーマは二つあります。 1)循環型社会に関する意識調査(11項目) 2)自然共生社会に関する意識(9項目) 自然共生社会についての調査結果を見ると、全般的に2009年と2...続きを読む

カテゴリ: 草刈

広報室の佐久間です。 「福島第一原発の事故による放射能で亡くなった人は一人もいない」と、電力会社の人が発言したことで問題になった、政府の「エネルギー政策に関する意見聴取会」。8月4日、全国11カ所で予定されていた意見聴取会が、すべて終了しました。 「国民的議論」といいながら、全国で11か所だけ。しかも、選ばれた9~12名がそれぞれ「発表」をするだけで、質疑応...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 佐久間

パンダショップの池田です。 突然ですが、皆さまのご家庭では週に何回くらい、お肉料理が食卓に並びますか? 美味しくてスタミナがつくお肉は人気の食材。 しかし、そのお肉ができるまでには、膨大な量の穀物が、家畜の餌として必要になります。 たとえば、牛肉1kgを生産するには穀物が約11kg、豚肉1kgならば穀物が約7kg必要になるそうです(農林水産省『我が国における...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

自然保護室の岡安です。 今回のアフリカ行の最後、カメルーンのロベケ国立公園へ行く途中で立ち寄った、ヨカドゥマの町のWWF事務所で、面白いポスターを見つけました。 ここに限らずWWFのフィールドオフィスでは、その地域で保護されている動物のポスターが、目立つところに貼られて特色を出しています。 でもここのポスターは、地元の部族語でその動物を何と呼ぶかが併記され...続きを読む

カテゴリ: 岡安

台風でクーラー故障

2012年8月 2日

沖縄の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 台風9号、10号の被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。 大型の台風9号については、進路が西にそれたおかげで、私たちの事務所のある石垣島東側は結局暴風域に入ることなく、大きな被害はなくすみました。 早朝には警報も解除されたので、予定していた臨時休館もとりやめにして、「しらほサンゴ村」も通常通り開館。 と...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

自然保護室の岡安です。 カメルーンの首都ヤウンデにある、WWF中部アフリカ事務所に行ってきました。ここはアフリカの大河コンゴ河流域で展開される、さまざまなプロジェクトの総元締めです。 この事務所はもともと、隣国ガボンの首都リーブルヴィルにありました。10年以上前、私がゴリラの研究者としてガボンに通っていた頃は、定宿近くにあったこの事務所の立派さにヨーロッパ...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の新井です。 水産関連のプロジェクトで進めてきた、「さかなガイド」の制作が、今大詰めを迎えています。 この「ガイド」は、その資源量や、漁獲の方法が環境や野生生物に及ぼす影響を検証して、何が「グリーン」なシーフードかを一覧表で示したもの。 一般の方々が、お店などで魚などを買ったり、食べたりする時に、どんな魚を選ぶべきなのか、どれが環境に配慮して獲られ...続きを読む

カテゴリ: 新井(秀)

パンダショップの池田です。 暑い日が続いています!先週の日曜日は、1年のうちで最も暑さが厳しいとされる「大暑」。 そういえば、猛暑で熱中症にかかってしまう人のニュースも耳にするようになりました。 この熱中症、野外だけでなく、直接日光にあたらない室内でかかることもあるそうです。 水分はのどが渇く前に補給し、無理をしない程度に休憩をとると熱中症を予防できるとのこ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

中部アフリカのガボンより、自然保護室の岡安です。 深刻化する密猟との闘いの重要性を、あらためて実感した10年ぶりの現地。その標的になっているマルミミゾウの現状を確かめるため、現地のWWFオフィスとの連携のもと、6月末から各地の保護区を訪ねています。 先日は、昔、調査基地の立ち上げを手伝った、ムカラバ国立公園を訪ねました。移動に時間と労力がかかるのがアフリカの...続きを読む

カテゴリ: 岡安

温暖化担当の小西です。 日曜日に「地球温暖化から見たエネルギーの選択」というシンポジウムを、温暖化やエネルギー問題に取り組む他の団体と共催しました。温暖化やエネルギーに関心がない、という方にも、なるべく多く来ていただけたら… ということで、今回は日本テレビの人気天気キャスター木原実さんに司会をお願いし、めちゃくちゃご案内にがんばりました。そのか...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

自然保護室の那須です。 四国山中から、ドラム缶を背負った雄々しい男たちの姿が届きました。 これ、追跡調査用のクマを捕まえに行くのです。クマは檻を使って捕まえますが、その檻の材料として使うのがドラム缶です。ドラム缶なら内側が丸くツルツル滑るため、中でクマが暴れても、自らのツメやキバを傷つけることがありません。 四国での調査が大変なのは、檻を設置する場所が、標...続きを読む

カテゴリ: 那須

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ