【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

みなさま、「クマ棚」をご存知でしょうか? ツキノワグマは木登りの名手。木に登り、まだ枝に付いているドングリを食べることが、しばしばあります。その時にできるのが「クマ棚」です。 これは、樹上に陣取ったクマが、手を伸ばして周囲の枝を引き寄せるため、枝が一定の場所に折り重り、集まってできたもの。 クマ・プロジェクトのパートナーである島根県では、2006年から毎年、県西部の安蔵寺山(標高1,263メートル)の山頂付近のブナ・ミズナラ林で、クマ棚の調査を行なっています。この調査は、毎年決まったルート(登山道)を通り、そのルートの両側50メートル以内にできているクマ棚の場所、位置、大きさなどを記録するもの。 先日、私もその調査に参加してきました。晴天に恵まれて、とても気持ちのいい調査でした! 今秋、島根県のドングリは「並作...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 那須

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然保護室の那須です。 今年の8月から、四国のツキノワグマの森で、ドングリの調査が始まりした。冬眠を前にした、秋の季節のクマの主食「ドングリ」が、四国の森ではどれくらい実るのか。その情報をつかむための調査です。 今年は予備調査という位置づけですが、すでに調査は本番さながらのハードさです。 これを乗り越え、来年に向けて改善点を洗い出していくのですが、すでに現場...続きを読む

カテゴリ: 那須

こんにちは。温暖化担当の小西雅子です。 いよいよ週明け月曜日の11月26日から2週間の会期で、中東のカタール・ドーハにおいて国連気候変動会議(COP18)が開催されます。 もちろん私も行くのですが、はじめてのカタール、どんな国か、楽しみ半分、びくびく半分です。 さて地球温暖化問題は、とりもなおさず先進国と途上国の南北問題でもあるため、開発と地球環境保護、経済...続きを読む

カテゴリ: 小西

水産担当の山内です。 先週、大西洋のクロマグロ(いわゆる「本まぐろ」)がマスコミを賑わし、500トンの増枠に喜びわいた日本。 その中では「大西洋クロマグロの80%が日本で消費されている」という情報が、繰り返し聞かれました。 けれども、ちょっと待ってください。そんなに私たち「本マグロ」食べていたっけ???と思った人も多いはず。 確かに世界で漁獲されるクロマグロ...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

パンダショップの佐多です。 11月も下旬となり、寒さが本格化してきました。 街ではクリスマスソングが流れ、イルミネーションがキラキラと輝き、一気にクリスマスモードに突入。そんな中、パンダショップでは、クリスマスをもっと楽しくする「ある商品」が、今記録的な大ヒットを飛ばしています。 その商品とは…フェアトレード認証チョコで作った『アドベントカレ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

広報の佐久間です。 今日はとっても喜んでおります。なぜかというと、ようやくパンダショップに、今年の「福幸米」が入荷したからです。 福幸米は、宮城県の「ふゆみずたんぼ」で栽培されたお米です。「ふゆみずたんぼ」とは、冬の間も田んぼに水をはったままにする米作りの方法。水を抜かない田んぼでは、生物多様性が保たれるので、土もよくなり、除草剤や化学肥料も使わずに、よいお...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐久間 , 震災関連

企画調整室の清野です。 今、事務局では、日本の消費がどのように世界の環境に負荷をかけているかを示す、日本版「エコロジカル・フットプリント」の発表に向けた取り組みを行なっています。 1961年から2008年までのエネルギーや食料の消費など、国内のさまざまなデータを基にしており、日本が今後、「持続可能」な社会づくりに向けて、どのような取り組みに注力するべきなのか...続きを読む

カテゴリ: 清野

自然保護室の岡安です。 カメルーンの南東端にあるロベケ国立公園を訪れました。コンゴ共和国、中央アフリカ共和国と国境を接し、今、国際的に問題になっている武装密猟団に、マルミミゾウを初めとする希少野生動物を狙われている保護区のひとつです。 首都ヤウンデから700㎞の旅は、セスナなら2時間程度のフライトですが、これは片道2000ドルと目の飛び出るお値段。そこでWW...続きを読む

カテゴリ: 岡安

トラフィックの西野です。 先週、昼休みに事務局で、ちょっとしたティーパーティーを開催しました。 私たちが取り組む「フェアワイルド」という野生植物の認証制度について、局内での理解を深めるための催しです。 今回は、「フェアワイルド」の認証を取得したハーブティーを、実際に試飲しながら、その背景にある問題や認証制度の重要性、仕組みなどを担当者が話をしました。 和気ア...続きを読む

カテゴリ: 西野

自然保護室の岡安です。 2011年4月4日、東日本大震災の被災地に、少しでも安心をお届けしようと、自然エネルギー推進を進める団体が集まって始まった「つながり・ぬくもりプロジェクト」。 被災地への緊急支援として、活動開始から1年半、全国から寄付を募り、広く被災地に自然エネルギーを提供してきました。 私たちWWFも、震災直後から、この「つながり・ぬくもりプロジェ...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 岡安 , 震災関連

自然保護室の那須です。高知に来ています。 それが目的、というわけではないのですが、クマプロジェクトのパートナーである四国自然史科学研究センターの山田孝樹さんに、今回どうしても聞きたいことがありました。 「新規個体に名前をつけましたか?」 プロジェクトでは2カ月前から、捕獲した3頭のツキノワグマにGPS首輪を装着し、追跡調査を始めています。 このうち2頭は、今...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 那須

温暖化・エネルギー担当の山岸です。 今朝、事務局に向かう最中にメールをチェックしていたら、「オーストラリアが京都議定書の第2約束期間に参加!」のニュースがWWFオーストラリアから飛び込んできました。 京都議定書の第2約束期間とは、現在の温室効果ガス排出削減目標が第1約束期間=2008年~2012年(つまり今年)であるのに対し、今後(2013年~)の目標を定め...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

企画調整室の清野です。 11月1日に国連大学で開催されたブループラネット賞受賞記念講演に参加してきました。 この賞は、地球環境問題の解決に大きく貢献した個人や組織に贈られる国際的な賞で、(公財)旭硝子財団が創設したもの。 平成24年度は、エコロジカルフットプリントの開発者ウィリアム・E・リース教授とマティス・ワケナゲル博士、土地利用が生物多様性にもたらす影響...続きを読む

カテゴリ: 清野

沖縄の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 先日、「自然を活用するエコライフ研究会」のwebコンテンツ教材「地域に伝わる自然にやさしい生活~先人に学ぶエコライフ~」の撮影があり、地元の「しらほこどもクラブ」の小学生メンバー7名が、八重山上布作り体験に挑戦しました。 このコンテンツ教材は、地域の文化遺産である、自然にやさしい昔ながらの知恵や生活について、...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

自然保護室の那須です。 WWFジャパンの事務所にすごい秘密兵器が隠されていました! 総務の棚の奥から発見された、強力なクマ撃退スプレー(何であったんだろう??)です。 このスプレーは、唐辛子の成分であるカプサイシンを吹付け、クマを撃退するもの。もし、人間がその噴射を少しでも浴びようものなら、七転八倒するほど強力です。 幸い私はその被害にあったことがありません...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 那須

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ