ご支援のお願い 野生ネコの王国

最近の記事

RSS

温暖化・エネルギー担当の山岸です。ドイツ・ボンでの国連気候変動会議の第1週目が終了しました。 前回お伝えした通り、SBI(実施のための補助機関)の総会で、ロシアを始め何カ国かが議題に不服をもって交渉をストップしていますが、ついにSBIはずーっとそのまま個別議論に移る事ができない状態が続いています。 新しい国際枠組みについての議論するADP(ダーバン・プラットフォーム特別作業部会)の方は、「今の議論から、本格的な交渉に早く移るべき」と主張する一部の途上国と、「もう少し、自由な形での議論を続けた方がよい」とする先進国との間で対立が続いています。 私自身は、そんな中で、アンブレラ・グループ(アメリカ、日本、オーストラリアなどのEU以外の先進国からなる交渉グループ)とNGOとの意見交換会に出たり、土日を通して開催され...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのボンより、温暖化・エネルギー担当の山岸です。6月3日から、今年2回目の国連気候変動会議が、ここボンで開催されています。今回は、次週14日金曜日までの予定です。 私は、今回は事情によりやや遅れて、木曜日からの参加となりました。 参加した初日から、朝はAOSIS(小島嶼国連合)の交渉担当官との意見交換がありました。小島嶼国は、太平洋の島国等からなる連合...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

皆さん、こんにちは。温暖化問題担当の池原です。先日、良いニュースがありました。エネルギーの国際的な環境ラベル「WindMade」(ウィンドメイド)の認証を、日本の企業が初めて取得したのです。 この認証は、風力エネルギーを積極的に利用する企業や製品などを認定する世界初の消費者向け環境ラベル(エコラベル)で、WWFもその認証基準の策定などに参加してきました。風...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 池原

5年前の6月6日、この日が何の日だったか、ご存知でしょうか? 答えは「生物多様性基本法」が日本で初めて、制定された日!です。そう、今日は、その制定5周年の記念日なのです! この法律は、日本の生物多様性を保全する基本的な理念がまとめられ、全ての政党か同意し、衆参、全会一致で可決成立した基本法で、NGOなどが原案を作った「市民立法」として制定されたものです。 ...続きを読む

カテゴリ: 草刈

温暖化・エネルギー担当の小西です。 今日、午後1時から、東京のTKP虎ノ門会議室で開かれる、私たちの環境サミットシンポジウム「温暖化・原発事故の被害と、自然エネルギー社会の展望」で、今、世界で起きている地球温暖化による暮らしや生態系への影響について、お話をさせていただきます! 今日のシンポジウムでは、環境学会会長の和田武先生も、脱原発と温暖化抑止の両立につ...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 小西

サポーター事業室の小田です。6月の環境月間、IKEA各ストアで、節電や食などを通じて「サステナブルな暮らし」や「地球にちょうどいい生き方」を学ぶさまざまなイベントやキャンペーンを実施します。 今年WWFとIKEAはグローバルパートナーシップ10周年。これまで、地球温暖化対策や持続可能な木材やコットンの調達など、世界各地でさまざまな取り組みを一緒に進めてきま...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 小田

自然保護室の前川です。新緑がまぶしい季節となりましたが(いや、もう過ぎてるか?)、福岡から嬉しい春の便りが届きました。 昨年12月、WWFでは地元の市民団体と共同で、渡り鳥の保護に貢献する海岸作りをした福岡市港湾局に、感謝状を贈呈しました。 今、この名島海岸にたくさんのシギ・チドリが、羽を休めに訪れているそうです。 ここは人の生活圏に近いため、安心して鳥た...続きを読む

カテゴリ: 前川

カメルーンのロベケ国立公園より自然保護室の岡安です。5月初旬にゾウの大量密猟が起きた、お隣、中央アフリカ共和国のザンガ・サンガ保護地域に、先日WWFロベケ・プロジェクトから、助っ人が派遣されました。 密猟対策と法整備の専門家、エルベール・エコデックです。彼の派遣の実現には、WWFジャパンの支援でロベケに新しいスタッフが着任し、現場に余裕ができたことも大きく...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の前川です。5月22日は国連が定める「国際生物多様性の日」。地球上の生物多様性の危機と、それを守ってゆくことの大切さを考える日、とされています。 毎年、この日には、世界の各地で生物多様性の重要性を伝えるための企画が行なわれ、日本各地でもさまざまなイベントが開催されるようです。 東京ではその一つとして、環境省や国連生物多様性の10年日本委員会等が主...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 前川 , 震災関連

自然保護室の岡安@ヤウンデ、カメルーンです。 ゾウの密猟が深刻化している中央アフリカ共和国で5月16日、暫定政府の防衛大臣が森林省と合同での密猟取り締まりに、軍部隊を派遣するGOサインを出し、必要な装備を整えるよう指示ました。思ったよりも早い対応です。 これで「高度に武装した密猟団に対抗できるだけの武装準備を行なう」という、最大の難関を突破し一安心ですが、...続きを読む

カテゴリ: 岡安

こんにちは、広報室の山本です。先月、東京の代々木公園で『Earth Day Tokyo』が開催され、WWFもこれに出展しました。Earth Day TokyoではWWFはArt Meets Oceanという海をテーマにしたブースの一角に出展しました。 そして、今週末の18日、19日にも、Greenroom Festival'13で、同じく海をテーマに出展い...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 山本(亜)

カメルーン、ヤウンデから自然保護室の岡安です。3月に政変の起こった中央アフリカ共和国から、5月15日に新たな情報が届きました。ザンガ・サンガ保護地域は、一昨日に引き続き静かな1日を終えたようです。 一方、中央の暫定政府では、ようやく防衛省に協力を要請する書類に森林大臣の署名が終わり、防衛大臣に回されました。 これから防衛省での手続きですから、何がどう転んで...続きを読む

カテゴリ: 岡安

嵐の後の静けさ

2013年5月15日

アフリカのカメルーン、ロベケ国立公園より、自然保護室の岡安です。 3月のクーデター直後から懸念されていた密猟者の侵入が、5月6日にとうとう起こってしまった、中央アフリカ共和国のザンガ・サンガ保護地域。 その中のザンガ・ンドキ国立公園では、暫定政府軍セレカを名乗る武装集団が、カラシニコフ自動小銃で26頭ものゾウを一気に殺害しました。象牙だけ切り取られた無残な...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。4月下旬から、再び中部アフリカ・カメルーンの南西部にある、ロベケ国立公園に来ています。 今回は、WWFカメルーン・ロベケプロジェクトが進めている、ゴリラの人づけプログラム支援のためです。 先週水曜日は、メーデーの祝日でした。前日まで森の中で、ゴリラの痕跡を追いかけていた私たちWWFスタッフも、ムルンドゥ郡で働く一員として祝典に参加しま...続きを読む

カテゴリ: 岡安

これは何者!? レンズが捉えた謎の動物、といったところ。この写真は先日、インドネシアはスマトラ南部のバリサン・セラタン国立公園に出張で行ってきたスタッフから「お土産」にもらいました。 現地の森で、WWFインドネシアのスタッフたちが、自動カメラを使った調査で撮影したもので、実にさまざまな動物の姿が写っていました。 人がレンズを構えて撮った写真と違い、赤外線セ...続きを読む

カテゴリ: 三間

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ