ご支援のお願い 野生ネコの王国

最近の記事

RSS

自然保護室の岡安です。5月に引き続き、カメルーン南東端のロベケ国立公園に来ています。 コンゴ共和国、中央アフリカ共和国にまたがる「サンガ多国間ランドスケープ」の一部として、世界自然遺産に登録されるだけあって、ロベケにはまだ、太古の昔から連綿と受け継がれてきた自然が、そこかしこに息づいています。 今回はその自然と野生動物の姿を記録するため、動物写真家の前川貴行氏にはるばる足を運んでいただきました。 5か所もある撮影スポットに3週間という強行軍で、どれだけ動物が観られるかは賭けでしたが、14頭ものゴリラが撮影してくれといわんばかりに登場するなど、今のところ首尾は上々。 何よりも前川さん自身が、ここのフィールドを面白がり、その味が写真の中ににじみ出てくるのが、私にとっても新発見です。 そして、そんな"面白い"森と切...続きを読む

カテゴリ: 岡安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンダショップの池田です。最近もニュースで取り上げられている、中国電力の上関原発計画をめぐる問題。今も、祝島の皆さんや、原発の建設に反対する人たちによる抗議活動が続いています。 特に、祝島の人たちは、30年以上にわたって上関原発計画に反対してきました。理由はただ一つ、島の暮らしをささえ、豊かな恵みをもたらしてくれる海を守りたい、という思いです。 計画が「白...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

トラフィックの松本です。 私たちが主催する『ワシントン条約40周年記念シンポジウム』がいよいよ来週21日(水)に迫っています! 条約事務局長というビッグゲストをはじめ、国内外から専門家をお迎えするこのイベント、「ワシントン条約について一般の方々にも広く知ってもらおう」というゴールに向け、スタッフ一同、準備に奔走しております。 昨日は、イベントに先駆けて、記...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 北出

自然保護室の岡安です。7月終わりから、再びカメルーン南東端にある、ロベケ国立公園にやってきました。今回は、動物写真家・前川貴行氏のお供で、ロベケの自然をフィーチャーします。 首都ヤウンデからの750㎞の車の旅は、小乾季に入ってスムーズでした。未舗装道路の泥に車輪をとられることもなく、予定通り1日半の行程で公園管理局のあるマンベレに到着し、現地スタッフと再会...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 岡安

こんにちは、広報室の山本です。 8月3日(土)、4日(日)に東京・代々木公園にて開催された『Ocean Peoples』にブース出展しました。 相変わらずのジリジリするような暑い日差しの中、多くの方がブースに足を運んでくださいました。どうもありがとうございました。 WWFのブースでは、海が抱える環境問題をテーマに、『おさかなクイズ』を出題。 普段何気なく食...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 山本(亜)

広報の大倉です。先週7月29日は「世界トラの日(Global Tiger Day)」でしたが、この日、ネパール政府から最新のトラの生息頭数が公表されました。 2013年の2月から6月まで実施された個体数調査の結果、ネパールに生息するトラは推定198頭となりました。ネパール政府は、2009年におこなわれた調査のときよりも63%増えたとしています。 実際、バル...続きを読む

カテゴリ: 大倉 , 生きもの小ネタ

サポーター事業室...いえ、板前の河村です。 8月3日に、WWFジャパン会員のつどい「わいるどアカデミー+(ぷらす)」の第3回目を、東京のWWF事務局で実施しました。 今回は、初の「夏休み特別企画」として、WWFのジュニア会員さんを中心に、20組46名の親子の皆さんにご参加いただきました。 テーマは、「ずっとお魚を食べていくために必要なことは?シーフードと...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 河村

バラシンガジカ、と言ってすぐわかる方は、相当な動物通であろうかと思います。 インド亜大陸に生息するシカの一種で、草地や湿地に生息。Swamp Deer という英語名から、インドヌマジカとも呼ばれるそうです。 昨年のものですが、FAO(国連食糧農業機関)の地域事務所が発行しているレポートの中に、このバラシンガジカについての短い報告が出ていました。 インドとブ...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

パンダショップの佐多です。日差しが強くなってきました。日焼けや紫外線によるお肌や髪のダメージ!気になりますね。 今日は私たちパンダショップのアイテムを使ったおすすめケアの方法をご紹介します。 まずは、紫外線を浴びて乾燥しがちなお肌のケアを3ステップで!   STEP1:「ガスール」で洗顔 汗ばんだ肌をスッキリ洗いながら、粘土でスキンケア。ガスールに含まれる...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

水産担当の新井秀子です。昨日7/25(木)、練馬区による消費者親子教室で、漁業と海の環境問題についてお話しました。 日本人の食生活に欠かせない魚介類ですが、漁業や養殖の過程で、実は海の自然環境や生態系に負荷を与えているということはあまり認識されていません。世界でとられている魚のおよそ3割が過剰漁獲、5割がこれ以上とったら危ないという状況。 消費者としても、...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 新井(秀)

こんにちは、広報の山本です。8月3日(土)4日(日)の二日間にわたり、東京の都心・代々木公園にて、海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバル『Ocean Peoples』が開かれます。 地球表面の約7割を占め、地球上の生物の80%がすむ海。その海が抱える環境問題をテーマに、WWFもブース出展いたします。 なんだか堅そうなテーマだと思われたかもしれませ...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

「百の眼」を持つ鳥

2013年7月24日

森の中で撮られた「目玉だらけ!」の、この写真。一瞬なにかと驚きますが、これ鳥の尾羽です。 正体はセイランというキジ科の鳥の一種。学名(ラテン語名)はArgusianus argusで、このargus(アルゴス)とは、ギリシャ神話に出てくる100の眼を持つ巨人!だそう。 どうやら、見事な尾羽を飾る、たくさんの目玉模様から付けられた名前のようです。 この写真は...続きを読む

カテゴリ: 三間

水産担当の新井です。 7月22日の今日は、土用の丑の日。諸説ありますが、江戸時代の蘭学者、平賀源内が広めて以来、日本では夏の土用の丑の日に鰻が食されてきました。ですが、このウナギが今、深刻な状況に追い込まれています。 私たちが食べている鰻は、その多くがニホンウナギという種です。実はこのニホンウナギ、今年の2月、環境省のレッドリスト(絶滅のおそれのある野生生...続きを読む

カテゴリ: 新井(秀)

エネルギー・温暖化担当の小西です。モデル授業の準備をされている、ある教育大学付属の中学校の先生が、なんと「地球温暖化の国際交渉」の現場を、生徒たちに、いろんな国の代表となってもらって交渉・体験してもらう、という授業を今年の秋に展開されるそうです。 温暖化の国際交渉の現場はエキサイティングです! 各国が国益をかけてぶつかる修羅場でもあります。それを中学生たち...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

自然保護室の前川です。干潟から突き出た白い筒、太さはちょうどストローくらいです。なんだか分かりますか? ツバサゴカイと呼ばれるゴカイ(環形動物)の仲間の巣(=棲管:せいかん)です。まわりをよく見ると、離れた場所にもう1つ管があります。 実はこの2本は地中でUの字のように繋がっていて、ツバサゴカイの本体は管の奥に隠れているのです。 ツバサゴカイのような干潟に...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 震災関連

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ