【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

スウェーデンより、温暖化担当の小西です。温暖化の最新の科学の報告書を発表する、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の総会が、ここストックホルムではじまりました。 今回の会議の会場には、伝統のある元ビール醸成工場の建物が使われています。 モダンな雰囲気に包まれている上、いくつもの島でできている町なので、この会場もご多分に漏れず海に面しており、景色が非常に良い場所にあります。赤レンガの建物に、赤く色づき始めたツタがからんで、おとぎの国のような美しさです。 夜はスウェーデン政府主催のレセプションが開かれましたが、こちら会場は、かのノーベル賞受賞が行なわれる由緒ある建物とのこと!スウェーデン王国、おもてなしもさすがの国です。 さて、肝心の会議ですが。今度の会議では、IPCCがまとめた報告書の「要約」を作る作業が進...続きを読む

カテゴリ: IPCC , エネルギー関連 , 小西

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは写真をご覧ください。何が写っているかわかるでしょうか?これ... ツキノワグマの「ゴンタ」のお尻なんです。 ここは四国の剣山系。昨年から専用の檻を使ったクマの捕獲調査を続けています。檻はドラム缶で作られており、中にはハチミツとワインを混ぜたエサが。そしてクマが中に入ったら、入口の扉が自動的に降りて捕獲成功!という仕組み。 これで昨年は3頭のメスを捕獲...続きを読む

カテゴリ: 那須

温暖化担当の小西です。昨日、WWFの「エネルギー・シナリオ」電力系統編、の発表会が無事に終わりました! 「自然エネルギー100%」の社会をめざすための道筋を描いたこのシナリオも、今回の第四部でついに完結。 ほぼ3時間、休みなしの発表会には、130人以上の方が参加、熱心に聞いてくださいました。ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。 発表会の舞...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

自然保護室の岡安です。8月から9月第1週まで、カメルーン、ロベケ国立公園へ行ってきました。 今回は、ゴリラとチンパンジーが一緒にいる、というめったにない場面に遭遇し、改めてロベケの面白さに目覚めて帰ってきました。 カメルーンをはじめ中部アフリカには、この2種の類人猿の分布が重なっている地域が多くあります。 でも実際は2種同時の観察は難しく、仲がいいのか悪い...続きを読む

カテゴリ: 岡安 , 生きもの小ネタ

温暖化担当の小西です。東日本大震災と福島原発の事故の後、私たちが発表を重ねてきた「エネルギーシナリオ」の第4部の発表会が、いよいよ来週17日の火曜日に迫ってきました。 これは、温暖化の防止と新しいエネルギー社会を実現するための「シナリオ」で、第1部は「省エネ」、第二部は「自然エネルギー」、第三部は「コスト」について、それぞれまとめています。 そして、今回発...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 小西

沖縄の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 昨日、ちょっと外の空気を吸いに出たら、空の真上に変わった虹を見ました。 環水平アークと言い、大気中の氷粒に太陽光が屈折し、ほぼ水平な虹が見える現象だそうです。 この週末、八重山地方は天気に恵まれそうですが、関東の方は台風の影響を受けそうですので、天気予報しっかり見て備えてくださいね。   WWFサンゴ礁保護...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

パンダショップの池田です。東京はじめ関東ではだいぶ暑さが和らいできました。明け方などは少し肌寒いほど。でも油断していると、すぐ真夏の暑さに逆戻りです。 私たちの「Panda Shop」もそうですが、こうしたお天気は通信販売の売れ筋にも、さまざまなに影響してきます。暑い季節と、寒い季節はもちろんですが、日々の違いもあなどれません(雨の日にはショッピングは行き...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

熱帯の森の夜に、とある水辺で写された暗い一枚の写真。このサイズではよく分からないですが、よーく見ると、中央に小さな仔トラの姿があります。水を飲みに来ているのです。 ここは、私たちが森の保全活動を行なっている、インドネシア、スマトラ島南部のバリサン・セラタン国立公園です。 写真は実は、人が撮影したものではなく、野生動物の調査用の自動カメラで撮られたもの。 赤...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

自然保護室の岡安です。9月5日、カメルーンから帰国の途につきました。 今回、面白かったこぼれ話がひとつ。日本人にとって、あまりにも当たり前なのが、お日様の通り道。北半球の日本では、夏冬で多少の変化はあるにせよ、太陽は南の空に上がり正午には「南中」します。 ところが、二つの回帰線の間に位置する赤道直下の国々では、時期によってお日様は北へ行ったり南へ行ったりす...続きを読む

カテゴリ: 岡安

福岡より、水産担当の山内です。「太平洋クロマグロ(本マグロ、メジ、ヨコワを含む)」の資源管理を検討する中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会が閉幕しました。 結論から言うと、資源を守るための十分な漁業管理措置は採択されず、全体としては残念な結果となりました。 まぐろ資源の保全措置をWCPFCが採択し、日本国内でも国が主導して資源管理体制を導入...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

インターンでお世話になっている川﨑です。島根県とWWFジャパンが共同で実施している、クマプロジェクトのお手伝いをさせていただいています。 先日は島根県での現地調査にも同行させていただきました。 到着後、まず早朝に県職員の方々からクマ保護管理の取り組みについて熱のこもったレクチャーを受け、現地のフィールドへ。 行なった主な作業は、農地一筆マップの作成や電気柵...続きを読む

カテゴリ: ボランティア

沖縄の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。先月8月の終わりに、白保のサンゴ礁での夏季赤土調査が行なわれました。 すでにこちらのニュースや新聞などで取り上げられていますが、この猛暑で海水温も高くなり、沖縄本島ではサンゴの白化が見られているようです。 白化とは、水温が高くなるとサンゴの体内で共生する藻類がサンゴから逃げてしまい、サンゴの色が白くなって、弱...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

マグロ担当の植松です。最近、太平洋クロマグロ(本マグロ)の資源減少のニュースが飛び交っています。 ニュースでは、「本マグロの値段が上がる」、「食べられなくなるかも」、「国民の生活に影響が!!」と報道されています。 しかし、日本人の食べるマグロ類のうち、クロマグロの消費はわずか1割程度。一番影響があるのは、実はクロマグロではなく、消費の6割以上をまかなってい...続きを読む

カテゴリ: 植松

自然保護室の岡安です。8月初めからの3週間、動物写真家、前川貴行氏とカメルーン、ロベケ国立公園を回り、さまざまな野生動物たちの姿をカメラに収めました。 今回の最大の目的はゴリラでしたが、中には思いがけない動物も登場してくれました。その一つがチンパンジー。 ちょうどこの季節は、フィクスというイチジクの仲間が大量に実をつけはじめていて、少人数で見つけにくいチン...続きを読む

カテゴリ: 岡安 , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報の増本です。 WWFジャパンでは、私たちの環境保全活動をより多くの方に知っていただきたいと、Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアでも、日々情報をお届けしています。 最新の活動情報はもちろん、この「スタッフブログ」のご紹介や、自然環境や野生生物の写真を投稿する「今日の一枚」など、できるだけ私たちらしいコンテンツをお届けでき...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , 増本

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ