【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

こんにちは!沖縄の石垣島よりWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」の松岡美範です。 4月22日は「しらほサンゴ村」17回目のお誕生日! 多くの方々に支えられ、無事ひとつ年を重ねることができました。 17周年を記念して、5月7日にはワタンジでの生きもの観察会を行ないました。 ワタンジとは、サンゴ礁の海を囲むよう続くリーフと、砂浜との間に広がる浅瀬のこと。毎日潮が引くと、姿を現します。 白保の海岸にあるワタンジは、その長さ約1キロ。 船がなくても、ここを歩けば貝や小さな魚が獲ることができます。 天気はどんよりとした曇りでしたが、参加者の親子15名の皆さんは元気いっぱい。 さっそく着いたワタンジでは、目にした生きものたちの姿に、子どもたちは怖がったり、喜んだり、興味津々の様子。 ちぎれてもなお動くクモヒト...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 松岡(美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広報担当の大倉です。 今の季節、日本ではたくさんの渡り鳥を見ることができます。たとえば、シギ・チドリ類の渡り鳥は、北へ向かう渡りの季節を迎え、南方から日本に飛んできます。 5月10日は渡り鳥とその生息地を守る「世界渡り鳥の日」です。 みなさんは、鳥たちが実際に、どこからどこまで飛んでいくのか、考えてみたことはありませんか?  オオハクチョウ。体重8~12k...続きを読む

カテゴリ: 大倉

こんにちは、石垣島より「しらほサンゴ村」の鈴木倫太郎です。 4月23日に、沖縄科学技術大学院大学で開かれた「サンゴ大規模白化緊急対策会議」に参加してきました。 これは、去年の夏に発生した大規模なサンゴの白化現象を受けて環境省が開催したもので、有識者や行政、各機関、団体の関係者が集まり、最新の知見の共有と、意見交換が行なわれました。 私たちもサンゴ礁保護研究...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(倫)

パンダショップの佐多です。 年に2回のカタログ発行に合わせて毎回新商品を発表しているパンダショップ。 5月中旬のカタログ送付に先駆けて、インターネットでは順次、新商品が入荷しています。 中でも毎年ご好評いただいているオリジナルTシャツがついに勢ぞろいしました! 野生動物が大集合のTシャツ、全13柄が登場です。 ジュゴンやユキヒョウ、ホッキョクグマやキウィな...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

自然保護室の吉田です。先日、ボルネオ島インドネシア領の北カリマンタンにある活動現場に行ってきました。 ここでは、川がつなぐ水と森の自然を、共に守る取り組みが進められています。 今ちょうど大きな山場を迎えているのは、この場所で行なわれている、一部のエビの養殖場が目指している、環境に配慮した持続可能な養殖業の認証制度「ASC」の国際認証の取得。 北カリマンタン...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 吉田(誠)

もうすぐ5月ですね。一気に暖かくなり、時に暑く感じる?日も増えてきました。 そんな中、先日横浜市にあるはまぎんこども宇宙科学館でワークショップを実施してきました。 ワークショップのテーマは「ひみつの熱帯林へようこそ」ということで熱帯にすむ多くの野生生物のこと、そのすみかである熱帯林で起きていることを紹介しました。 そして、こどもたちと一緒にバスボムというお...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 伊藤

草刈です。日本の希少な野生生物や、輸入などを通じて日本が関係する国際的に希少な野生生物を保護する法律「種の保存法」。 日本の野生生物のみならず、象牙などにも関係するこの法律の改正案が、今国会の衆議院の本会議で審議されています。 先日11日には、本会議において、環境省が出した改正法案について趣旨説明と質疑がな行われ、その様子は国会中継のサイトでも中継されまし...続きを読む

カテゴリ: 草刈

WWFロシアの事務局から大変ショッキングなお知らせが届きました。 スタッフブログなどでも度々ご報告しておりました、シベリアトラの「ウポニー」が死んだ、という知らせでした。 「ウポニー」は、2014年の冬に極東ロシアで人里に現れて捕獲され、野生復帰のリハビリを経て翌年5月に自然の森に帰ったオスのシベリアトラです。 その後も、発信器つきの首輪から送られてくるG...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜) , 生きもの小ネタ

温暖化・エネルギー担当の山岸です。 ここ数日、少し気になるニュースが2つありました。 1つは、環境省が、今夏までに、再生可能エネルギーに関する戦略を策定する、というニュース。 もう1つは、安倍首相も出席する形で「再生可能エネルギー・水素等関係府省庁連絡会議」が開催され、水素社会に向けての方針が発表された、というものです。 背景にはいろいろな意図があると思う...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

先日、インドシナトラの嬉しいニュースについてお伝えしたばかりですが、今度はトラ牧場に関するショッキングなニュースが届きました。 2016年4月のデータでは、野生のトラの個体数は約4,000頭。 一方、飼育個体は米国だけで5,000頭、アジア全体では7,000頭以上と推定されています。 特にアジアでその多くがいると考えられているのが、主に観光客向けの見世物や...続きを読む

カテゴリ: トラフィック , 生きもの小ネタ , 若尾

先日、タイ東部の森で、インドシナトラの繁殖が確認された、というニュースが大きく報道されました。 その内容によれば、現地を調査した保護団体の関係者は「奇跡的だ」と語ったとのことですが、本当にこれは大変なニュースでした。 インドシナトラは9亜種が知られるトラの亜種の1つで、かつてはインドシナ半島に広く分布していました。 しかし、ベトナムやラオス、カンボジアなど...続きを読む

カテゴリ: 川江 , 生きもの小ネタ

広報担当の大倉です。 「地球1個分の暮らし」という言葉を聞いたことはありませんか?  WWFジャパンでは、地球1個で済む環境負荷の小さな暮らし方を提唱しています。 現在は、地球が1.6個も必要となる暮らし方を人類はしています。そのライフスタイルを転換できるような教育プログラムの普及に努めているところです。 2015年3月、WWFジャパンは、横浜市と環境分野...続きを読む

カテゴリ: 大倉

先日、アースアワーのイベントが行なわれた桜木町駅前から汽車道を通って、海を見ながら15分。 横浜三塔のひとつ、クイーンの塔が見えてきます。 その足元に何があるかご存知ですか? そう、横浜税関です。 そして、この税関には「クイーンの広場」と呼ばれる資料展示室があります。 展示室の入り口。アクセスの良さと入口にいるカスタム君の人気から(?)年間7万人もの入場者...続きを読む

カテゴリ: トラフィック , 若尾

いよいよ迫ってきました、3 月25日は"EARTH HOUR 2017"の開催日です! この年1回のイベントに向け、今年は、みなさんの地球環境への思いをパンダのぬいぐるみに託し、旅をするSNS企画「#旅する60パンダ」が各地を回っています。 そして日々、東奔西走するこのパンダ集団の60体のうちの1体が、いま徳島の地を巡っています。 みなさん、徳島県というと...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 市川

こんにちは、広報の松岡です。 WWFオーストラリアから、ショッキングな映像が飛び込んできました。 写っているのは、澄んだ青い海の中で、降り注ぐ太陽光をキラキラさせながら、真っ白なサンゴの上を泳ぐ綺麗な魚の群れ。 目下、夏の南半球、オーストラリアの海の情景です。 一見綺麗に見えてしまうかもしれないこの映像が伝えているのは、深刻な「サンゴの危機」。 白化したサン...続きを読む

カテゴリ: 松岡

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ