【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

温暖化担当の小西です。昨日、国連気候変動会議(COP19)が開かれる、ポーランドの首都ワルシャワに到着しました。 搭乗機がワルシャワ・フレデリック・ショパン空港に到着すると、客室乗務員はこの日の気温が15度であること告げました。 ワルシャワの緯度はロンドンやベルリンと同じくらいで、日本と比較すると、北海道を超え、樺太の北部にあたります。 そのため、例年の11月の平均最高気温は5度。つまり、今年の11月は、平均気温を10度も上回っていることになります。 5年前にこの国第3の都市ポズナニで開催されたCOP14のときのように、しっかり防寒対策をして臨んだワルシャワでしたが、小春日和のようなあたたかさに迎えられました。 参加登録をするために、さっそく会場に向かうと、まだ街路樹の葉は残り、緑地の草も緑で、季節はずれのタ...続きを読む

カテゴリ: 小西

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然保護室の岡安です。 昨年から通いはじめたカメルーンから、悲しいニュースが飛び込んできました。 首都ヤウンデのWWFカメルーン事務所で、南東部にあるWWFロベケのプロジェクトへ行くための、車の手配を担当してくれていたNoah Noahさんが、10月30日夕刻に亡くなったというのです。 長患いの後、息を引き取ったということですが、今年5月末にヤウンデで開催...続きを読む

カテゴリ: 岡安

クマはクマでも...

2013年11月 5日

今回はアライグマのお話です。 先日、私たちのクマプロジェクトのパートナーである島根県の担当の方と会うため、益田市の事務所を訪問しました。 すると、開口一番、「アライグマ出没の通報があったので、すぐに出かけます」とのこと。 同行させてもらった現場は、市街地の民家。まさしく益田市の中心街でした。 見れば、庭木のてっぺんに、クリスマスツリーの飾りのような大きなシ...続きを読む

カテゴリ: 那須

パンダショップの佐多です。今年もはや11月。東京周辺も、だいぶ秋の色が濃くなってきました。 まだちょっと早いのでは!?と、思いつつも、町の中で掲示された「クリスマス・ケーキの事前予約受付開始(●%OFF!)」とかに、ついつい目が行ってしまいます!? 先日、新しい秋冬商品を発表した、私たちパンダショップでも、クリスマスにちなんだ品を、いろいろご紹介し始めまし...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

自然保護室の那須です。島根県と共同プロジェクトを実施している浜田市に来ています。 今年は山の実りが多く、クマが人里へ出てくることは少ないのですが、それでも一部はちゃっかりと出てきているようです。 困ったことですが、例えば、カキの美味しさを覚えてしまったようなクマです。 午前中、県の担当者との打ち合わせの予定だったのですが、朝事務所を訪れるなり一言「スミマセ...続きを読む

カテゴリ: 那須

温暖化・エネルギー担当の山岸です。先週の週末、京都で開催された気候ネットワーク主催「市民が進める温暖化防止2013」というイベントにスピーカーとして参加してきました。 めずらしい2つの台風の「藤原効果」なる現象で天気が心配されたのですが、無事に開催され、私は3つの分科会で講演をしてきました。 日曜日の午前には、ユースの方々が企画されたエネルギー問題について...続きを読む

カテゴリ: 山岸

パンダショップの佐多です。大変お待たせいたしました、パンダショップの秋冬商品の販売スタートです! 私たちパンダショップでは、年に2回、カタログを発行し、合わせて新商品をご案内していますが、先日やっと!その秋冬カタログが完成。 またサイトの方では、インターネットでの販売を一足先に開始いたしました。 パンダロゴ入りの新作も、もりだくさん!数量限定のアイテムもあ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

こんにちは、広報室の山本です。先月、ヨーロッパへ旅行に行ってきました。そこで遭遇したのが、写真の「パンダ」たちです。 WWFは世界約100カ国に事務局がありますが、旅の先々でこうした募金箱などを見つけると、いろいろな国や地域で活動しているWWFらしさを感じます。 それぞれのお国柄なのか、募金箱のデザインもそれぞれ違い、パンダのぬいぐるみが入ったもの、透明な...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

温暖化担当の小西です。先日、新潟県上越市にある上越教育大付属中学校に講演に行ってきました。 この学校に通う130人の学生の皆さん、実は今年の夏休みに、私が以前書いた『地球温暖化の最前線』(岩波書店)という本を読んでくれていました。 その皆さんが真剣に事前学習し、温暖化の国際交渉の模擬授業までやる!と聞き、何とか時間を作って学校へ行ってきました。 いやー感動...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

広報の増本です。突然ですが、私たちのちょっと変わったお仕事として、本や映画の「監修」のお話をいただくことがあります。 たとえば2011年に公開された、英BBC製作のドキュメンタリー「ライフ ‐いのちをつなぐ物語」。この映画で、WWFジャパンは日本語字幕の監修を担当しました。 また絵本でも、ホッキョクグマの親子が主人公の「しろくまのこえ」や、ハワイに暮らすアフ...続きを読む

カテゴリ: 増本

温暖化問題担当の池原です。 先週、「クライメート・セイバーズ」のメンバー企業が一堂に会する年次会合に参加してきました。 クライメート・セイバーズは、温暖化対策に意欲的な企業とWWFがパートナーシップを結び、産業界の温暖化問題への取組みを促進するプログラムで、世界で合計30の企業が参加しています。 今年の開催地はメキシコシティで、WWFメキシコのスタッフが中...続きを読む

カテゴリ: 池原

先月、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書 第1作業部会報告書が発表されました。 発表の場となった、スウェーデンで開催された第1作業部会の総会には、100カ国以上の政府代表団が参加。主に表現について大いに議論し、政策決定者(つまり世界の首脳や大臣、官僚など、それにもちろん私たち国民全員!)向けの要約を承認しました。 会議の報告は...続きを読む

カテゴリ: IPCC , エネルギー関連 , 小西

よみがえれ、サイガ!

2013年10月11日

カザフスタンのサイガが増えた!という記事が先月、ナショナルジオグラフィックのDaily Newsで紹介されていました。サイガというのは、カザフスタンやモンゴルなどのステップ(乾燥した草原)などに、群で生息しているウシ科の動物です(ちなみにサイとは全く関係ありません)。鼻の部分が妙に膨らんだ、面白い顔が特徴ですが、これは吸い込む空気を暖め、ホコリなどを除去す...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

広報室の大倉です。本日、10日、雑誌『BIOCITY』56号が発売されました。 「エコロジカル・フットプリント」を特集した56号は、WWFジャパンが全面協力してできあがったものです。 「エコロジカル・フットプリント」は、人間が地球に与える負荷を測る指標として注目を集めています。 雑誌『BIOCITY』56号は、人間の消費生活や生物多様性、地球温暖化といった...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , 大倉

会報『WWF』の最新号が仕上がり間近です。 前号の『レッドリストの動物たち』のコーナーでは、猛禽類(ワシやタカの仲間)なのに、あまり空を飛ばず、地面を走り回るのがスキ?という、変りモノの鳥、ヘビクイワシを紹介したのですが、今回は珍しくカエルの登場となりました。 ヘビクイワシについては前号の会報の中でも触れましたが、この鳥が『レッドリスト』に危機種として記載...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ