【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

気候変動・エネルギー担当の市川です。東京あたりもだんだん暖かくなってきて、日中は半袖でも暑い!と思うくらいの日が増えてきました。 ニュースでは早くも、原発問題にからんで夏場の電力が足りる!?足りない!?の話が出初めています。 太陽光や風力など枯渇することのない「再生可能な自然エネルギー」、いわゆる「再エネ」をもっと広げて行かないと、地球温暖化の問題のみならず、こうしたことが日本で毎年問題なるので、私たちも頑張らねばならないところです。 ただ、「再エネ」には、ネガティブな面もあります。 大きなものとしては、風車が鳥の渡りコース上に建てられてしまったり、地域の景色を改変してしまうといった問題。特に再エネは、生み出せるエネルギー量に対して、設備が占める面積が大きいため、大きな容量を得ようとすると、それだけ大きな設備...続きを読む

カテゴリ: 市川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンダショップの佐多です。年に2回のカタログ発行に合わせて毎回新商品を発表しているパンダショップ。 本日はお待ちかね、春夏商品販売スタートのご案内です! 毎年ご好評いただいているオリジナルTシャツや、パンダロゴ雑貨の新作が盛りだくさん! 私たちの消費活動が環境に与える負荷を少しでも小さくし、たった1つしかない地球の資源を分かち合って大切に使う、「地球1個分...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

草刈です。 先日、京都府亀岡市に生息する、希少種の淡水魚アユモドキの保護を求める要望書を出しました。 京都スタジアム(仮称)の建設計画が、その産卵場所に悪影響を及ぼす可能性が高いことから、計画の見直しを求めたものです。 このアユモドキという魚は面白い魚で、「氾濫原湿地」と呼ばれる一時的に水に沈む場所(たとえば、水かさが増した時期だけ冠水する水田周辺の草地な...続きを読む

カテゴリ: アユモドキの保全 , オリンピック関連 , 生きもの小ネタ , 草刈

どういう理由でそうなったのか、調べがつかなかったのですが、本日4月25日は「ペンギンの日」なのだそうです。 動物園で、またさまざまなキャラクターとして、ペンギンは世界中で大変な人気者です。しかし、野生の世界では目下、全18種のうち11種が絶滅危機種とされています。 実はもう1種、絶滅してしまったペンギンがいます。正確に言えば、ペンギンによく似た別の海鳥で、...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報の増本です。 先日、WWFシンガポールのFacebookを見ていたら、「How many pandas can you spot?」という問いかけとともにこんな画像が紹介されていました。 雪の積もった岩山(?)にパンダの群れ。Facebookのコメント欄には、「6匹」「左上のロゴを入れて7匹」「いや10匹!」と、たくさんのコメントがついてい...続きを読む

カテゴリ: 増本

サポーター事業室の高田です。みなさま、ゴールデン・ウィークのご予定はもうお決まりでしょうか? 毎年恒例のイベントなのですが、5月3日(土)と4日(日)に、東京の六本木ヒルズアリーナで、J-WAVEのフリーマーケットが開かれます。 私らも3日にブースを出させていただく予定で、スタッフが持ち寄ったあれやこれやを出品し、お買い上げいただいた分を、活動のための募金...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 高田(英)

沖縄の石垣島・白保より「しらほサンゴ村」の鈴木です。 こちらははや「うりずん(初夏)」の季節で、アカショウビンやイワサキクサゼミの鳴き声が聞こえはじめ、日没にはヤエヤマホタルが小さな光を灯しながら乱舞しています。 そして今日、4月22日は私たちのWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」の誕生日。 2000年に、多くの皆さまのご支援を受けてオープンし...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

先日、「シマウマにはなぜ縞があるのか?」について、有力な仮説が見つかった、という記事がナショナル・ジオグラフィックのサイトに掲載されていました。 知らなかったのですが、シマウマに何で「縞」模様があるのかは、なんでもダーウィンをはじめ100年以上も昔から科学者を悩ませてきた、自然界の「謎」であったとのこと。 確かに一見、美しいが派手にも見えるあの縞は、いった...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

水産担当の山内です。いま、マレーシアのクアラルンプールにWWFの会議で滞在しています。 WWFの水産プロジェクトでは今、アジア地域の活動が熱くなってきています。 ここマレーシアでも、1990年代以降、シーフード(水産物)の消費が急増しており、なんと200%の伸び(!)を見せています。 マレーシア人一人当たりのシーフード消費量も、年間で50キロを超えるように...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

草刈です。 先日、衆議院の環境委員会の国会の会合に参考人として呼ばれ、意見陳述をしてきました。議題は今、国会で審議されている、鳥獣保護法の改正についてです。 この鳥獣保護法が前回、1999年に改正された時、著しく増えたり、減ったりした野生動物の保全・管理を進めるための「特定鳥獣保護管理計画」制度が作られました。 「保護」と「管理」の考え方も、その「計画」の...続きを読む

カテゴリ: 草刈

ブラジルのFSC認証林の現場に行っていたスタッフが、お土産を買ってきてくれました。 WWFのパンダマークのついた、大きな卵型のチョコレート。ぬいぐるみの入ったカプセルが中に入った、オマケつきのお菓子です。 聞くところによれば、このお菓子の売り上げの一部が、ムリキ(ウーリークモザル)というサルの保護活動に寄付されているとのこと。 このサルは、ブラジル南東部の...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

先日、認定NPO法人「国境なき医師団」さんの事務局にお邪魔しました。 私たちWWFとは活動のテーマが異なりますが、同じく社会的な公益をめざす団体同士、お互いの課題を共有し、参考にしようということで、今回初めて機会をいただいたものです。 ウェブ、編集、寄付のご担当者の方々に、さまざまなお話をお伺いすることができました。 ご支援いただいている方々へのフィードバ...続きを読む

カテゴリ: 河村

ドイツのベルリンより、温暖化担当の小西です。こちらで開かれていた、IPCCの第3作業部会の会議が終わり、無事に報告書が発表されました。 第1~第3まで、3つの会議に参加してきましたが、今までで一番疲れました。 内容が経済モデルの研究成果など、非常に難解だったため、理解するだけでも必死だったことと、温室効果ガスの削減分担のような非常に政治的な内容が多かったこ...続きを読む

カテゴリ: IPCC , 小西

ドイツ、ベルリンでのIPCC会議は5日目、本当は最終日の予定(!)でしたが、「要約」の承認作業はやっと折り返し地点。終わる気配がありません。 各国政府が合意に至らない文章については、別室での小グループによる話し合いも行なわれています。 連日早朝から夜中までの承認作業に、みんな目の周りに隈ができてパンダ状態。疲労も重なり、言葉がきつくなったりしてきています。...続きを読む

カテゴリ: IPCC , 小西

今日4月11日、エネルギー基本計画が閣議決定されました。 震災から3年の月日を経て、改定・策定された基本計画ですが、残念ながら、革新的な内容とはいえず、多くの問題を含んでいます。 同計画では、東京電力福島第一原発事故の反省をふまえてもなお、原発は「重要なベースロード電源」として位置づけられてしまう一方、これから、日本として伸ばしてくべき再生可能エネルギーの...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ