【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

森林担当の川江です。 みなさんは、仔ゾウのトミィを覚えてくださっていますでしょうか? 私が担当しているインドネシア・スマトラ島から、"WWF Save Sumatra"という公式Facebookページを通じて、6歳に成長したトミィの写真が届きました! トミィは2009年7月に、島南部のブキ・バリサン・セラタン国立公園の近くで保護された、親からはぐれてしまった仔ゾウです。 当初は何とか森へ返そうと野生のゾウの群れを探しましたが結局見つからず、公園の自然保護に活躍している「ゾウ・パトロール」のチームに引き取られました。 当時、パトロール隊で唯一のメスのゾウだったアルニが母親代わりとなりましたが、とてもよくトミィの面倒をみてくれるので、トミィは今では本当のお母さんのように慕っているといいます。 2009年に拾われた...続きを読む

カテゴリ: スマトラ , 川江

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森林担当の橋本です。今、スペインのセビリアで開かれているFSC(R)(Forest Stewardship Council(R):森林管理協議会)総会に参加しています。 FSCは、木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際的な第三者機関です。 FSC認証は、森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経...続きを読む

カテゴリ: 橋本

こんにちは、広報の佐久間です。 突然ですが、100年後、200年後の子どもたちのために、私たちが「今、用意できる」贈りもの、といったら、どんなものを思い浮かべますか? 「残してあげたいもの」は、いろいろあります。 きれいな水、青い空、緑の大地、安全な暮らし、さまざまな国の伝統や文化...。でも、100年後、200年後のために、今、準備を始めるべきもの、とな...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 佐久間

クジラドリの不思議

2014年9月 9日

クジラドリ。全長25メートル、その名の通りの巨大鳥! というのは冗談でして、これは主に南大洋とその周辺に生息する海鳥です。大きさは25センチくらい。 繁殖期でない時期には巣を遠く離れて洋上を移動する、小柄ながらも広い生息域を持つ鳥で、しばしば大群が見られるとのこと。名前の由来も、そうした群がよくクジラの周りで見られるため、だそうです。 ですが調べてみると、...続きを読む

カテゴリ: チリ , 三間 , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報の辻です。WWFジャパンの通販サイト「PANDA SHOP」では、毎年、動物写真家・岩合光昭さんの写真によるカレンダーを販売しています。 美しく雄大な自然の景観や、世界の野生動物たちが飾るこのカレンダーを、毎年楽しみにしてくださっている方も多いかもしれません。 これは、オリンパス株式会社が企画・製作し、WWFに寄贈いただいているもので、売上...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ ,

今、福岡に来ております。今日から4日まで、こちらで「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の第10回北小委員会の会合が開かれています。 この会議は今、中西部太平洋で指摘されている、マグロ類の資源枯渇の解決を話し合うための国際会議。「本まぐろ」とも呼ばれる、太平洋クロマグロの最大の消費国である日本にとっても、重要な意味を持つ会議です。 この太平洋クロマグ...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

沖縄県石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 「しらほサンゴ村」がある、白保地区の目の前に広がる海には、たくさんのサンゴとそれを取り巻く多くの生きものたちがいます。 7月中旬、白保小学校の6年生23名と、サンゴ礁の海をのぞいてきました! 白保小学校では、毎年、総合的な学習の時間に、サンゴ礁をシュノーケルで観察するのが恒例行事。 今年度からは、地域主体の...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

春に日本へ渡ってきて、家の軒下や駅舎などに巣を作り、ヒナを育てるツバメ。 子育て中は、完全な「核家族」ですが、それ以外の時期は、群れで暮らしていることをご存じでしょうか。 8月初旬、そんなツバメの生態を観察する機会がありました。 場所は多摩川の中流部。周囲にはマンションやオフィスビルなどもある「街なか」の河川敷です。そこに、アシという水辺の植物が茂る一角が...続きを読む

カテゴリ: 佐久間 , 生きもの小ネタ

パンダショップの佐多です。 お待たせしました!春夏アイテムのクリアランスセール、本日よりスタートです。 まだまだ大活躍のプリントTシャツや、フェアトレードの雑貨、FSC認証の木のおもちゃやオーガニックコットンのベビーウェアなどが、とってもお求めやすくなりました! 購入を迷っていた方はぜひ、この機会にご利用ください。どうぞお見逃しなく♪ セール会場はコチラ ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

旧盆の夜の獅子舞

2014年8月21日

沖縄県の石垣島・白保より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 お盆に帰省され、地域地域のお盆を過ごされた方も多いと思います。こちら沖縄も8月8~10日は旧盆(ソーリン)でした。 ここ、白保地区では旧盆の夜、新築の家などで獅子が舞い、邪気を払って無病息災を願います。 今年はちょうど新しくなった「しらほサンゴ村」のスタッフの家にも、獅子舞がやってきました。 さっそ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

台風19、20号が猛威を振るった日本列島。 私たちWWFと四国自然史科学研究センターがクマ・プロジェクトを行なっている四国山地、剣山系でも、記録的な大雨が降りました。 夏から秋はクマの「調査シーズン」。四国自然史科学研究センターの山田孝樹さんは、毎日のように山に入り調査を行なっています。 生息数がわずか数十頭とされる四国のツキノワグマですが、標高1,000...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 那須

パンダショップの池田です。暑い暑いと呪文のように唱えるような日々が続き、WWFジャパンのオフィス内でもTシャツの着用率がうなぎ昇りの今日この頃。 今日は、今季のパンダショップTシャツの売れ筋ランキングをご紹介!今季は絶滅が危惧されている野生動物たちをモチーフにした、8種類をご用意しています。 レッサーパンダ、コビトカバ、チンパンジー、ジンベイザメ、オウギバ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

先日、南米チリはバルディビアの町にある、WWFチリのオフィスに行ってきました。 首都サンチアゴから飛行機で1時間半。こちらでは、飛行機がバスのように地方飛行場を回りながら飛ぶことを知らず、うっかり一つの前の「停留所」で降りそうになるハプニングもありましたが、何とか到着し、現地のスタッフと合流することができました。 海を間近に控えたバルディビアは、豊かな森が...続きを読む

カテゴリ: チリ , 山内(愛)

こんにちは、広報の佐久間です。 夏休みもお盆に入り、海や山などの行楽地で「ここは国立公園に指定されています」なんて看板を見かけることがあります。 あらためて考えると、国立公園ってどんなものなのでしょう? 豊かな自然が残っている地域を、国が責任を持って管理する保護区域に指定して、半永久的に守るという方法は、アメリカで生まれました。 1872年、イエローストー...続きを読む

カテゴリ: 佐久間

この3つの言葉ですぐに「ペンギン」を思い浮かべる方は、相当なペンギン通! 南米大陸の太平洋沿岸に生息するペンギンといえば、この3種、マゼランペンギン、フンボルトペンギン、そしてガラパゴスペンギンです。 まず、一番南にいるのが、マゼランペンギン。マゼラン海峡とフエゴ島を越えた大西洋側でも見られ、いま私たちのプロジェクトが行なわれているチリ南部の沿岸にも、広く...続きを読む

カテゴリ: チリ , 三間 , 生きもの小ネタ

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ