ご支援のお願い 野生ネコの王国

最近の記事

RSS

こんにちは、広報の辻です。 2018オリンパス/WWFカレンダー「Pantanal/生命みなぎる大湿原‐パンタナール」、既に入手されてお部屋に飾っておられる方もたくさんいらっしゃると思います。 パンダショップ 2018岩合光昭カレンダー このカレンダーの写真はすべて、動物写真家・岩合光昭さんが撮り下ろしされた新作ばかり。ジャガー、スミレコンゴウインコ、カピバラ... 岩合さんがカメラでとらえた動物たちのさまざまな姿を見て、皆さまはどう感じられましたか? 2018オリンパス/WWFカレンダー 2017年12月、カレンダー完成記念写真展を記念したギャラリートークが、東京・新宿のオリンパスギャラリーで開催されました。「行きたかったけれど、行けなかった!」そんな方に朗報です。 岩合さんが初めてパンタナールを訪れた際に...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , パンダショップ ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラフィックの西野です。先日、とても痛ましいニュースが飛び込んできました。 40年以上にわたり、象牙と犀角(サイの角)の違法取引撲滅に取り組み続けてきた、エズモンド・マーティン氏が亡くなられたというのです。 報道によると、ケニアの自宅で強盗に殺害されたとのことでした。 エズモンド氏は、今まさに私たちが取り組んでいる、象牙や犀角などをはじめとする野生生物取引...続きを読む

カテゴリ: 西野

こんにちは!WWFインドネシアのアグンです。 私は先日、飛行機で7時間かけて東京へやってきました。 熱帯林の現場での問題を、日本企業の方々へお伝えするためセミナーを開催したのです。 セミナーでの質疑応答。2020年東京五輪に向け、持続可能な原材料への責任が問われる中、企業の方から多くの質問がありました。 皆さんは森林破壊の「原因」は何だと思いますか? 木材...続きを読む

カテゴリ: 海外スタッフ

こんにちは。広報の辻です。 3月24日のアースアワーまで、あと50日を切りました。WWFジャパンのオフィスでも、関係者がそろそろ準備に追われ始めています。 アースアワーは、2007年にWWFオーストラリアが行なった温暖化防止キャンペーンが始まりでしたが、現在は世界187の国や地域で行なわれる一大環境キャンペーンに成長しています。 その意義や目的も広がりを見...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! ,

こんにちは!WWFジャパンでインターンをしている甚内です。 1月19日、損保ジャパン日本興亜環境財団の支援によって環境NGOでインターンをする学生22名が集まり、WWFで定例会を開催しました。 今回は幹事として、パーム油のワークショップを企画しました。 パーム油は食品やシャンプーの原料として多くの用途で使われる植物油で、大量生産もしやすく生活に欠かせません...続きを読む

カテゴリ: ボランティア

今年も「EARTH HOUR(アースアワー)」の時期がやってきました! EARTH HOURは、毎年3月末に世界中の人々が「地球温暖化を止めたい」「地球環境を守りたい」という想いを込め、同じ日・同じ時刻に電気を消して、消灯のバトンをつなぐソーシャルグッドプロジェクトです。 2007年にオーストラリアで地球温暖化防止キャンペーンの一環として始まり、2017年...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

トラフィックの白石です。 ここ最近、二ホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の不漁が話題になっていますね。 この不漁、実はウナギ養殖が広く行なわれている中国、韓国、台湾も同じ。 そこで心配になってくるのが、他のウナギ種への影響です。 ウナギの養殖は、天然の稚魚を獲ってきて養殖場で大きくするという手法をとっているため、稚魚が必要となります。 そして、東アジアの国・...続きを読む

カテゴリ: 白石

寒い日が続きますね。 WWFの事務所周辺でも、日差しがあたる場所はポカポカと暖かいのですが、高層ビル付近では、日陰な上に強いビル風に煽られて、凍えるような寒さです! こうしてほんの小さなエリア内でも、日差しの当たり方や気温、風の強さが変わるわけですから、太陽光や風力を利用した発電を効率よく行うためには、その地域やその日の気候によって異なる状況を、より正確に...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 松岡

草刈です。 先日、中央環境審議会自然環境部会の第18回野生生物小委員会を傍聴してきました。 目的は、議題の一つに挙げられていた「種の保存法」にかかわる希少野生動植物種保存基本方針の見直しの検討です。 その中で、とても印象的な言葉を聞くことができました。 終わりの挨拶で、環境省野生生物課長の堀上勝さんが述べられた言葉です。 「今後、種の保存法に基づく検討は、...続きを読む

カテゴリ: 草刈

2年後に迫った、オリンピック・パラリンピック東京大会。 近年の大会はいずれも環境配慮を謳っていますが、東京大会は特に過去最高の持続可能な大会を目指すとしています。 地球温暖化対策は、その大きな柱の一つ。 なぜなら、競技会場など必要なインフラの整備に際し、多くの二酸化炭素が排出されるからです。 そうした中、大会を運営する組織委員会の有識者委員会の一つ「地球温暖...続きを読む

カテゴリ: オリンピック関連 , 三間

寒い季節、鍋物などでもお世話になるさまざまな魚介類。 今はちょうどブリが旬を迎えています。 そのブリでは世界初となる「ASC」認証を受けた養殖ブリが、昨年12月16日に誕生しました。 ASC認証とは、自然環境や人権などに配慮した養殖業を認証するもので、持続可能な養殖業の証。養殖版の「海のエコラベル」とも呼ばれています。 先月ブリでこの認証を取得したのは、宮...続きを読む

カテゴリ: 前川

関東に雪が降った22日の月曜日...みなさんは無事に帰宅できましたか? 実は1月22日は「カレーの日」だったそうです。 もはや日本の国民食ともいえるカレー、そのトラとの意外な関係性を、みなさんはご存知ですか? カレーに欠かせないのは、何といってもルウですが、ルウにはパーム油という植物油が使われています。 動物性の油でないなら、何となくヘルシーなイメージです...続きを読む

カテゴリ: 伊藤

温暖化担当の小西です。 最近、世界の各地から異常気象の事例が報告され、報道されています。 その全てが地球温暖化の影響によるものとは、科学的に100%断言はできません。 ですが温暖化がこうした災害をより深刻なものにするという警告は、久しく発せられています。 この温暖化をくい止めるため今、各国政府だけでなく、産業界にも積極的な取り組みが求められています。 とこ...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

こんにちは!WWFインドネシアでゾウの専門医を務めるワンダです。 今日は、とても嬉しいニュースをご紹介します。 スマトラ島のテッソ・ニロ国立公園で、野生ゾウと住民の衝突回避に取り組むゾウ・パトロール隊のゾウのリアが、先日赤ちゃんを産みました! 体重なんと156キロ! 当初の予定月は1月。定期的に超音波検診を実施してきましたが、出産の兆候がないまま、その日は...続きを読む

カテゴリ: 海外スタッフ

先日、インドネシアのスマトラ島から、ショッキングなニュースが届きました。 パーム油の原料になるアブラヤシの農園で、妊娠したメスのスマトラゾウの死骸が見つかった、というものです。 付近の住民に毒殺された可能性が高いとのことでした。 あまり日本では報道されませんが、こうした事件はスマトラでは珍しくありません。 スマトラ島にのみすむアジアゾウの亜種スマトラゾウ。...続きを読む

カテゴリ: 伊藤

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ