【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

皆さんのサイのイメージは?日本事務所のスタッフに、何も見ずに描いてもらった「脳内サイ」たち サイという動物の一番の特徴といえば、顔の真ん中、鼻の上に1本、ないし縦に2本並んで生えた角。 少し動物に詳しい方ならば、世界にサイが5種いて、どのサイの角が1本か、また2本なのか、ご存知かと思います。 ですが、そんな方でも、2つの先端を持つ、V字型の大角を持つサイを見たら、驚かれるのではないでしょうか。 先日、そんな動物に遭遇しました。場所は東京・上野の国立科学博物館。 アルシノイテリウムの頭骨。角が巨大 遭遇といっても、実際に見たのは、2,000万年以上昔の地層から見つかった骨格の復元模型です。 四足を踏ん張った重厚な体格がサイによく似ていて、大きさもほぼ同じくらいですが、目をひいたのは何と言っても、鼻先の角。 左右...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 三間 , 生きもの小ネタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、温暖化担当の市川です。今月24日、WWFが徳島県鳴門市で取り組んでいるプロジェクトについて、現地で初めてとなるシンポジウムを開催することになりました! 地域で太陽光や風力などの再生可能エネルギーを広げる取り組みに携わっている、著名な方々にもご登壇いただき、地元の環境に合った自然エネルギーのあり方を、参加者の皆さまともご一緒に考えたいと思います。...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 市川

今月9日に英国・ロンドンで開幕したATPワールドツアー・ファイナルにも出場したのアンディ・マレー氏が、先日、WWF大使に就任しました。 幼い頃から自然や動物と親しむ機会が多くあったマレー氏は、WWFによる、野生生物の密猟・違法取引の防止といった取り組みに関心を寄せてくださっていました。 とりわけ、2007~2013年の5年間に南アフリカで激増したサイの密猟...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

四国に生息するツキノワグマは、推定でわずかに十数頭から数十頭。 絶滅が危惧されますが、保全計画でさえ、未だ策定されていないのが現状です。WWFと四国自然史科学研究センターは、行政当局の保全政策に反映してもらうべく、共同でクマの生態調査を実施しています。 その調査の中心になるのが、GPSによるクマの追跡調査です。捕獲したクマにGPS首輪を取り付け、そこから入...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 那須

こんにちは、広報の山本です。 11月2日(日)、横浜市立金沢動物園で開催された「エコ森ワンダーパーク2014」にブース出展しました。 体験やワークショップを通じて環境活動に楽しく参加する、という趣旨で開催されたこのイベント。 WWFジャパンのブースでは、今秋よりスタートした「スマトラサイを絶滅から守る緊急プロジェクト」を知っていただくための活動を行いました...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 山本(亜)

日本の皆さん、こんにちは。東南アジアのボルネオ島から、WWFインドネシアのユユン・クルニアワンです。 私はこのボルネオ島の東カリマンタン地域で、昨年、20年ぶりに確認された、スマトラサイの保護活動に携わっていますが、この取り組みは、なかなかチャレンジングなもの。 まず、保護計画を立てるために、どこに何頭くらい暮らしているのかを知る必要がありますが、20年も...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 海外スタッフ

年に2回のカタログ発行に合わせて毎回新商品を発表している、WWFの通販サイト「PANDA SHOP」。 世間がゴールデンウィークの頃から(商品によっては1年以上前から)、クリスマスやお正月のことをウンウン考えながら開発したアイテムたちを、ついに皆さんにご紹介できることになりました! 今日は新商品の中から、スタッフが特におすすめのアイテムをご紹介いたします。...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

こんにちは、パンダショップの佐多です。先日、皆さまに人気投票にご協力いただいた、「オリンパスWWFカレンダー」30周年記念企画。 動物写真家・岩合光昭さんの写真によるこのカレンダーは、パンダショップでも絶大な人気を誇るロングセラーで、2015年版で30年の節目を迎えます。 30年の軌跡に感謝の意を込めて、岩合さんのご協力のもと、記念ポストカードの製作が決定...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

温暖化・エネルギー担当の山岸です。 10月20日(月)から、ドイツ・ボンで国連気候変動会議が開催されてます。1週間の会期で土曜日に終了する予定ですが、会議は(予想通りに!?)難航しています。 今回の会議は、12月に予定されているペルー・リマでのCOP20・COP/MOP10(国連気候変動枠組条約第20回締約国会議・京都議定書第10回締約国会議)の準備会合に...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

こんにちは、広報の山本です。 ただいまWWFジャパンの事務局では、11月1日~3日に横浜市の金沢動物園で開催される「エコ森ワンダーパーク2014」に向けた準備の真っ最中! 体験やワークショップを通じて環境活動に楽しく参加する機会を提供する、というこのイベントの趣旨に賛同し、WWFジャパンも11月2日にブース出展いたします。 ブースでは、東南アジアの熱帯林に...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , ボルネオ , 山本(亜)

どうも、温暖化担当の市川です。ニュースでご存知の方も多いかもしれません。ようやく軌道に乗り始めた再生可能エネルギー(再エネ)の普及を挫くように、九州電力など複数の電力会社が急に、再エネ事業者からの接続の申し込みを制限した一件です。 九州電力の理由としては、太陽光発電による接続申込みが大幅に増え、もしこのまま申込みされたものが全部発電するならば、春や秋の日中...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 市川

平昌は次期冬季オリンピックの開催地。本会議場の巨大テント内も、気温は氷点下近くに!参加者には毛布が配られましたが、あまりの寒さにパジャマの上にスーツを着込む人も。 自然保護室の安村です。10月6日から17日にかけて、韓国の平昌(ピョンチャン)で開かれていた、生物多様性条約の第12回締約国会議(CBD-CoP12)に行ってきました。 今回の会議には、およそ3...続きを読む

カテゴリ: 安村

サンゴ礁の赤土調査

2014年10月20日

赤土調査。海砂の採取の様子。 沖縄の石垣島・白保より「しらほサンゴ村」の鈴木です。 長かったこちらの夏もそろそろ終わり。夏は海が楽しみな季節ですが、サンゴ礁にとっては、海水温の上昇や、雨に伴う赤土の流入などによるストレスが大きくなる時期でもあります。 海をかき回す台風も、外洋の冷たい水を運んできてくれたり、また溜まっていた赤土を外海へ散らしてくれる反面、波...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

こんにちは。トラフィックの西野です。先週、東京の「港区立エコプラザ」にてイベントを開催しました。 野生生物の国際取引を監視する私たち「トラフィック・ネットワーク」のスタッフで、この道33年!という重鎮、トム・ミリケンの来日が実現し、講演をしてもらうことになったのです。 ゾウとサイの違法取引問題の専門家であるトムは、普段はアフリカを拠点に活動していますが、以...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , トラフィック , 西野

こんにちは、自然保護室の小林です。 先日、ボルネオ島の西カリマンタンへ行ってきました。 ボルネオ島には世界屈指の熱帯林が広がり、オランウータンをはじめゾウやサイ、ウンピョウといったたくさんの野生動物のすみかとなっています。 今回訪ねたのは、ある企業が伐採権を持つ森。 ここから切り出された木材は、合板やフローリング用の材として日本にも輸出されています。 この...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 小林(俊)

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ