ご支援のお願い 野生ネコの王国

最近の記事

RSS

私は横浜在住なのですが、地元にすばらしい憧れの方がいらっしゃいます。 女性が働くことが厳しかった時代から、凄腕の営業ウーマンとして活躍し、売上No.1の支店長に、会社の社長に、そして今や横浜市長となった林文子さんです。 その林市長がこの6月、新しい本を出版されました。 これまでのキャリアの中で実践し、道を切り拓いて来られたカギはどこにあったかを、ご自身の言葉で存分に語られた一冊です。 拝読した私にとって一番の発見だったのは、今の林文子さんがあるのは、人とのつながりを大切にする「気配り」を最大限に行なってきたおかげ、ということ。決して、特別な才能で、特別な手法をとってきたからではなかった(!)ということでした。 林市長は言います「人生の喜びや幸運は、すべて「人」が運んできてくれるもの」。そんな相手を大切に思う「...続きを読む

カテゴリ: 小西

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニーハオ、WWF中国で黄海エコリージョンのプロジェクトを担当している王瑩(WANG Ying)です。 先日、私たちが保全を目指している、黄海のドキュメンタリーフィルムを制作していることをお知らせしましたが、ようやく完成しました! 中国の動画サイトでは、これまでに21万回以上、再生されていますが、日本の皆さんにも、ぜひご覧いただきたい作品です。 すでにお伝え...続きを読む

カテゴリ: 海外スタッフ

エクアドルのグアヤキルより、水産担当の山内です。 IATTC(全米熱帯まぐろ類委員会)の年次会合が、時間延長の末、閉幕しました。 今年は、注目されていた太平洋クロマグロ(本まぐろ)の長期的な資源回復や、サメの保全措置、漁船・漁獲努力量に関する提案が議論されましたが、ことごとく合意に至らず、IATTCが地域の漁業管理機関として、機能を果たせていない実情が浮き...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

その事件が起こったのは朝5時過ぎでした。 住民の方が朝の散歩に出ようとしたところ、玄関先で犬が激しく吠えていました。 なんだろう? とその方向に視線を移すと、すぐそこにツキノワグマの姿が。 ここは、島根県匹見町。 WWFと島根県が「クマと人とのトラブル軽減」に向けた、共同プロジェクトを展開している地域です。 早朝5時30分、住民からの通報を受けた西部農林振...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 那須

先日、以前から個人的に関心のあった、怪我を負った野生動物「傷病鳥獣」の『リハビリテーター』の講習を受講しました。 これは、北海道の酪農学園大学で2日間にわたり、野生動物リハビリテーター協会の主催によって行なわれたもので、特に怪我をした野鳥の野生復帰をお手伝いすることを目的としたものです。 1日目は、まず鳥類の体の構造や生態、またヒグマや大型猛禽類などの、北...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 谷野

沖縄の石垣島よりWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」の鈴木です。 今日は、私たちのセンターの入り口で、来館される皆さまを出迎えている、ある植物をご紹介します。 ナスビです。 見慣れない葉っぱの草に、紫の花がついているのに気が付いたのは、この春先のこと。 何の植物だろうな~、と思っていたら、地元のおばぁが「ナスビだよ」と教えてくれました。 そっか...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

自然保護室の東梅です。先日、東京都が主催したシンポジウム「持続可能な資源利用を目指して~2020年の先へ」に、パネリストとして参加してきました。 250名の会場は満席。このテーマに対する関心の高さがうかがわれました。 2020年、これは言うまでもなく、オリンピック・パラリンピック東京大会の年です。 その未来に向けて、東京はどのような町づくりを目指すのか。東...続きを読む

カテゴリ: オリンピック関連 , 東梅

自然保護室の安村です。 皆さんはアイルランド出身のアーティスト、Enyaの『Orinoco Flow』という曲をご存じでしょうか? CMなどでも使われたことがあるようで、耳にしたことがある方も多いと思います。 先日、この曲を聴いていて、私たちが保全に取り組んでいる「黄海(Yellow Sea)」が登場しているのに気がつき、ビックリしました。 透明感のある、...続きを読む

カテゴリ: 安村

自然保護室の那須です。 今日は、クマをはじめとする野生動物と人間とのトラブルを避けるため、島根県浜田市で実施している田橋横山プロジェクトをご紹介します。 ここでは、野生動物の侵入を防ぐための防護柵を、延べ14キロにわたって設置する対策を、地域ぐるみで行なっています。 防護柵は農作物被害を防ぐ手段としては有効で、島根県でも多くの地域で導入されています。 しか...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 那須

こんにちは。ボランティアとして、WWFの黄海エコリージョン・プロジェクトを応援している趙思嘉(チョウ・シカ)です。 黄海は中国と日本の両方にとって、深いかかわりのある海です。 その保全をめざす、WWFジャパンのプロジェクトは、まさに大学でサステイナビリティ(持続可能性)学を専攻している私が、今まで勉強したものを実際の活動に関わることのできる機会。 ちょっと...続きを読む

カテゴリ: ボランティア

広報の佐久間です。 WWFの会員証を見せると、割引などのサービスが受けられるお店や博物館などがあるのをご存じでしょうか。 今日はそのひとつ、信州・松本にある「松本マフィン」さんをご紹介します。 松本駅から徒歩約15分。「あがたの森公園」にほど近い場所に、かわいいお店がありますが、私が訪ねた日は、「クラフトフェアまつもと」というイベントに出店されていました。...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 佐久間

先日、栃木県足尾にて行なわれた自然観察会へ参加しました。 足尾と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、かつて国内一の産出量を誇るといわれた「足尾銅山」です。 しかし、その一方で、日本の公害問題の原点とも言われる鉱毒事件でも知られています。 銅を取り出す時に発生する化学物質が渡良瀬川に流れ込み、魚の大量死を招き、流域の農作物にも大きな被害を与えました。 また、精錬...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 谷野

沖縄県石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 沖縄では平年より12日も早く梅雨明けし、暑い日々が続いています。 さて、6月1~30日まで、小浜島にて「八重山の自然と暮らしの合同写真・ポスター展」が開かれています。 それに合わせて、6月5・6日には、参加者の交流会が行なわれました。 この合同写真・ポスター展は、2012年3月のサンゴウィーク(3月5日の前...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

先日、関東が梅雨に突入しましたが、四国山地の標高1,500メートルは、今まさに青々とした新緑の季節。「風薫る」の季語がピッタリです。 ちょっと気が早いですが、先日行ってきた風薫る剣山系の山中から、秋の話題をお届けします。 日本の落葉広葉樹林の代表といえばブナ。 ブナといえば、白神山地を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、四国でも標高1,000メートル以上...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 那須

水産担当の新井です。6月5日の「環境の日」からスタートした、持続可能な水産物を知ってもらおう!というキャンペーン「サステナブル・シーフード・ウィーク2015」が、昨日で終了しました。 日本では2年目となるこのキャンペーン。皆さんにどうしたら「サステナブル・シーフード」に注目してもらえるかを検討するのに、とても苦心しました。 それでも、共催のMSC日本事務所...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , オリンピック関連 , 新井(秀)

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ