【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

会議の開かれた国連の建物 温暖化・エネルギー担当の山岸です。 物価の高さに戦慄を覚えるスイスの今日この頃ですが、ここスイス・ジュネーブで、2月8日から開催されていた今年最初の国連気候変動会議が、13日、無事に閉幕しました。 非常に不思議な会議で、なんと報告してよいのやら正直難しいところです。 今回の会議は、国連気候変動会議の歴史では極めて珍しく、若干、前倒しで議論が進み、最後の2~3日はやや持て余していたところがあります。 会議場の様子 私も国連気候変動会議を10年以上追いかけ続けていますが、こんなことは過去にもほとんどありません。いつもは、そもそも議題やら議事の進行のあり方の話で2~3日潰すのが珍しくないからです。 ただそれは、これからの道のりが平坦であることを意味しているわけではありません。 なぜかと言い...続きを読む

カテゴリ: 山岸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国吉林省の国立汪清自然保護区より、自然保護室の川江です。 先日、草食動物の個体密度調査に同行してきました。 これは、シカなどを主食とする、シベリアトラやアムールヒョウを保護する上で欠かせない、大事な生息環境の調査活動の一環です。 実は前日、初めての調査現場にワクワクしていたら、WWF中国の女性スタッフの方からこんなことを言われ、心配されてしまいました。 ...続きを読む

カテゴリ: 川江

広報室の大倉です。1月31日、奈良教育大学で、ESD(Education for Sustainable Development=持続可能な開発のための教育)に関する公開勉強会が開催されました。 奈良県内の学校教員や大学生、「奈良ESDコンソーシアム」の先生方が参加。WWFジャパンも講師に招かれ、エコロジカル・フットプリントのワークショップを開催しました。...続きを読む

カテゴリ: 大倉

自然保護室の川江です。今、中国吉林省の国立汪清自然保護区に来ています。 ここは、ロシアの「ヒョウの森国立公園」と国境を挟んで反対側に位置する中国側の保護区で、アムールヒョウやシベリアトラが、それぞれ20頭前後、生息していると推定されています。 ここでは、WWF中国がトラとヒョウの個体数回復に力を入れていますが、大きな課題の1つがトラやヒョウの食物となるシカ...続きを読む

カテゴリ: 川江

国土の半分以上が保護地域、という国があるのをご存知でしょうか。ヒマラヤ山脈の東部に位置するブータンです。 ブータンは九州ほどの面積を持つ、人口73万人ほどの国。 経済面のみに偏らない、国民の暮らしの豊かさを示す「国民総幸福度」で有名な国ですが、その幸福度を上げる要素のひとつとして自然環境が位置づけられ、自然保護の先進国としても、世界的にその素晴らしさが認め...続きを読む

カテゴリ: 増本

自然保護室の川江です。先日から何回かご報告してきました、シベリアトラの総個体数調査が、極東ロシアでいよいよ始まりました。 この調査は10年に一度の大規模なもので、今後の保護活動の方向性にも大きく影響する重要な取り組みになります。 その現場であるロシアから先日、シベリアトラ調査のためのハンドブックが送られてきました。 ハンドブックといっても、映像で作られたも...続きを読む

カテゴリ: 川江

こんにちは、広報の佐久間です。突然ですが、天然記念物と聞いて、どんなものを思い浮かべますか? 天然記念物に指定されている動物には、例えばトキやコウノトリ、イリオモテヤマネコやオオサンショウウオなどがいます。 どれも絶滅の恐れがある生きもの...と思いきや、中には「富山県のホタルイカ群遊海面」なんて指定もあるんです。 ホタルイカは、ご存知のとおり、絶滅の恐れ...続きを読む

カテゴリ: 佐久間 , 生きもの小ネタ

こんにちは、パンダショップの佐多です。2月14日のバレンタインデーまで、あと2週間ですね。 パンダショップこだわりのチョコは、作る人・贈る人・贈られる人、みんなが幸せになれる、フェアトレードのチョコレート。顔の見える安心な原材料や製造工程、生産者への正当な報酬、環境への取り組みなどに配慮したフェアトレードを、パンダショップは推進しています。 ご紹介するチョコ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

先週、沖縄の大宜味村に行ってきました。大宜味村は隣接する東村ともども、沖縄が誇る亜熱帯の森「やんばる」の南部に位置する自治体で、森と海、両方の自然に恵まれた場所です。 ここで今、私たちは地域の関係者の皆さんと共に、「赤土」の海への流出を防ぐ、新たなプロジェクトを進めています。 赤土とは、この地方特有の粒子の細かい赤茶色の土のこと。雨が降ると農地などから川へ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の鈴木です。 ここ石垣は、今週の初めは24度を超える陽気で、半そで姿の人もチラホラ見られたほどでした。 さて、今年は平年より10日早くヒカンザクラが開花し、今が見頃を迎えています。 沖縄では1月下旬ごろからサクラが咲き始めるのですが、本土と違い沖縄の桜前線は南下します。沖縄本島北部から開花が始まり、徐々に八重山諸島まで南下...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

パンダショップの佐多です。 本日は、お待ちかね「冬のクリアランスセール」のご案内です! これからまだまだ大活躍のあったかニット小物や湯たんぽから、大人気のパンダロゴグッズ、ベビーやキッズへの贈り物にぴったりのアイテム、そして野生の動物たちを身近に感じられる大迫力の写真集まで、とってもお求めやすい価格となりました! また、例年を上回るスピードで完売した「201...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

こんにちは。温暖化担当の小西です。さすが大寒だけあって、いつもにも増して凍えながらプレゼンを作成しています・・・。 さて本日、昨年12月に南米ペルーの首都リマにおいて開催されていた国連気候変動リマ会議(COP20・COP/MOP10)の報告会を行います。 WWFジャパンも参加している日本の気候変動NGOのネットワークCAN-Japanが主催し、COP20に...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , エネルギー関連 , 小西

沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の鈴木です。あけまして早くも2週間がたちました。今年もWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」を、どうぞよろしくお願いいたします。 さて、1月15日は「小正月」。ここ石垣島の白保では、「種取り祭」が行なわれました。 白保の集落は、豊かな海に面していますが、昔から産業の柱は農業です。「種取り祭」も、稲の神さまが無事に...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

こんにちは、自然保護室の小林です。20年ぶりに生存が確認された"幻のサイ"スマトラサイが暮らすボルネオ島の森を、先日、訪れました。 するとそこには、なじみのある面々に混じって、WWFインドネシアのサイのエキスパート、イワンの顔が。 彼はふだん、ジャワサイの聖地と言われるジャワ島のウジュンクーロン国立公園で保護活動にあたっていますが、この時はスマトラサイ調査...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 小林(俊)

こんにちは。気候変動担当の小西です。年明けの事務所は、仕事中もコートが手放せないほど冷え切っていて、寒い~! さて、明日1月8日、神奈川大学で「グローバル環境問題である地球温暖化がもたらすリスクと共生するには?~今、地域社会に求められること~」と題して、横浜市とのコラボレーション講座「地域社会と環境共生」(環境社会論)で、地球温暖化の現状について、お話して...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , エネルギー関連 , 小西

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ