【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

千人以上にのぼる死者を出しているというインドの熱波。メキシコでの竜巻による被害。そして、アメリカ南部で広がっている大雨による洪水。 日本でも、5月からもう真夏日が始まり、暑い日が続いていますね。 最近こうした気象をめぐる、気になるニュースがさかんに報道されています。 さらに昨年発生したエルニーニョ現象が、4月に勢いを盛り返し、秋にかけて続く可能性が高いと気象庁が発表しました。 エルニーニョは、太平洋の赤道付近の海水温が高くなる自然現象で、これが生じると、世界各地で大雨や酷暑、干ばつ、冷夏などの異常気象が発生しやすくなります。 地球温暖化ではないの!?と、気にされる方もいらっしゃるかもしれませんが、今のところ、科学的にエルニーニョ現象の発生と温暖化の間に、直接的な関係は認められていません。 ですが、気になること...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、広報の辻です。 先日、東京ビッグサイトで開催された、環境専門ジャーナルの日報ビジネス株式会社主催の環境展「STOP地球温暖化!推進フォーラム」にお邪魔してきました。 初日にあたる5月26日には、公開ディスカッション「地球の未来と私たちの選択~IPCC×ビジネス」が行なわれ、国立環境研究所 地球環境研究センターの江守正多さん、イオン(株)グループ...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 ,

事務局長の筒井です。 先日、福岡県の宗像市で開かれた、宗像国際環境100人会議に参加させていただきました。 宗像市は福岡空港から約1時間、宗像大社に代表される人口10万人の地方都市です。 この「100人会議」は、東京や大阪に負けない国際会議を開こう!と企画されたもので、さまざまな分野で環境保全や環境教育に取り組む方々と学生の皆さんが、文字通り100人以上の...続きを読む

カテゴリ: 筒井

「皆さんのお好きな動物は何ですか?」 先日、WWFジャパンのFacebookページで、そんなアンケートをさせていただきました。 以前から、スタッフの間でもとかく話題になってきたこの関心事。 1日だけの短い期間でしたが、いただいたご回答は800件以上にのぼり、その内容も期待以上!でした。 最も多かったのは、トラ。ついで、ゾウ、パンダ、ホッキョクグマ、といった...続きを読む

カテゴリ: 河村

こんにちは、温暖化担当の小西です。5月というのに暑い日が続いています。この先にまた、うだるような夏がやってくるのかと思うとちょっとげんなりしますね。 間もなく国連会議のためにドイツへ発つのですが、その前の5月26日火曜日に、東京ビッグサイトの環境展「地球温暖化防止展」で、気鋭の科学者、それに大手小売業の素敵な女性エグゼクティブと一緒に、公開鼎談をやらせてい...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , イベント情報! , エネルギー関連 , 小西

日本で屈指の漁場、南三陸の海から、たくさんの生ガキが事務局に届きました。 厚い殻に包まれたその身の大きさと風味は、海の豊かさそのものを思わせます。 送ってくださったのは、宮城県南三陸町戸倉地区の漁業者の方です。 この地区では漁業者の皆さんが、東日本大震災の後、ただ震災前に戻すのではなく、新しい海との付き合い方、漁業の在り方を考え、復興に取り組まれてきました...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 震災関連

こんにちは、温暖化担当の市川です。 今日は、私たちが、鳴門市、徳島地域エネルギー、エコみらいとくしまの3者と共に取り組んでいる、地域が主体となった再生可能エネルギーの導入プロジェクトの様子をご報告します。 このプロジェクトでは今、再エネの適地を選ぶ「ゾーニング」を進めています。 これは、地域の人の暮らしや自然環境に配慮するため複数の項目を評価しながら、適地...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 市川

最近、とかく話題になっているドローン。 とんでもない場所にも姿を現し、墜落して問題に、というニュースが相次いでいます。 「空」という、ルールに乏しい広い場所を動き回り、しかも搭載したカメラが「目」の役目を果たすこのドローンが、さまざまな可能性を持つことは、よくも悪くも注目に値するといえそうです。 実はこのドローン、海外では自然保護活動のフィールドでも使われ...続きを読む

カテゴリ: スマトラ , 川江

広報の増本です。東京・夢の島熱帯植物園で開催中の「ボルネオ展」に行ってきました。 東南アジアの赤道直下に浮かぶボルネオ島は、アジアゾウやオランウータン、スマトラサイといった希少な動物たちをはじめ、地球上でこの島でしか見られない固有種も多く息づく、まさに生物多様性の宝庫です。 オランウータンのぬいぐるみに迎えられながら会場に入ると目を引くのが、世界最大の花・...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , ボルネオ , 増本

広報室の大倉です。 先日、愛知県の中学校の生徒さんの訪問を受けました。 総合的な学習の時間を活用し、「自分の夢」につながるテーマを決め、各自が主体的に学びを深めていっているとのこと。なんと、中学三年間を通しての取り組みだそうです。 訪問当日、スタッフがWWFの活動について説明しようとしたところ、生徒さんから「調べてきたことがあるので、聞いてもらえますか」と...続きを読む

カテゴリ: 大倉

広報の佐久間です。 見るからに食欲をそそる「サーモンのムニエル」が食卓に並んでいます。 こちらが本日のランチ...ではなく、実は今、あるキッチンスタジオで動画の撮影の真っ最中。 動画の主役は、サケ。きれいなピンク色のサケが、色とりどりの野菜とともにシェフの手によって調理され、美しく盛りつけられていきます。 WWFジャパンでは現在、南米チリ南部沿岸域の海洋生...続きを読む

カテゴリ: 佐久間

初夏を思わせる日が多くなってきました。この季節は、鳥たちにとって巣をつくり、繁殖期を迎える大事な季節です。 そんな自然の一コマを捉えた写真が、アラスカから届きました。 アラスカ北部を流れるコロビル川流域で撮影された、オオソリハシシギの卵とヒナです。 毎年、オーストラリア等で冬を越すオオソリハシシギは、春になると、繁殖のためアラスカやシベリアを目指し、1万キ...続きを読む

カテゴリ: 安村 , 生きもの小ネタ

自然保護室の岡安です。 先月、TraMCA(国境を越えたマナス保護地域)の両生・爬虫類調査に同行し、ブータン南部の3ヵ所の保護区を回ってきました。 4月27日から、最後の調査地、TraMCAの西端にあるフィブソ(Phibsoo)野生生物保護区を訪問。 フィブソもTraMCA内の他の保護区と同様、国境を接するインド・アッサム州の政情不安に影響を受け、1990...続きを読む

カテゴリ: 岡安

昨日、「大気中の二酸化炭素(CO2)の1カ月間の平均濃度が、初めて400ppmを超えた」というニュースが流れました。 これは、アメリカのNOAA(海洋大気局)が、今年3月に世界40カ所で行なった観測の結果に基づいたものです。 石油や石炭を燃やすことで発生するCO2は、いうまでもなく、気候変動の最大の原因とされている温室効果ガス。それが確実に、増加しているこ...続きを読む

カテゴリ: 小西

自然保護室の岡安です。 先月、WWFジャパンが活動を支援しているブータン南部の「国境を越えたマナス保護地域(Transboundary Manas Conservation Area;TraMCA)」に行ってきました。 WWFジャパンの自然保護委員である太田英利教授(兵庫県立大学)に同行し、生物多様性調査の一環として、この地域に分布する両生・爬虫類の同定と...続きを読む

カテゴリ: 岡安

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ