【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

温暖化担当の小西です。 大雨や洪水に苦しめられたこの夏、目を世界に転じれば、ハリケーン「ハービー」がアメリカ南部に激甚な被害をもたらしています。 これらの現象が温暖化のために引き起こされた、と科学的に100%証明はできません。 しかし、温暖化によってこうした異常気象の影響が深刻化する可能性は、以前から指摘されてきました。 気象庁が2017年3月に発表した温暖化の予測情報「地球温暖化予測情報第9巻」によれば、「このままの生活を私たちが続けるならば、21世紀末には、日本の年平均気温は4.5度上昇する」予測となっています。 これは東日本で言えば、たとえば東京が現在の屋久島に近い気温になることを示しており、さらに一日の降水量が200ミリを超えるような大雨も2倍以上になると予測されています。 「ハービー」の例に見る海外...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 小西

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽を見つめる者

2017年9月 6日

こんにちは。トラフィックの若尾です。 学生時代の寮にグリーンイグアナがいた、からではないのですが、爬虫類が気になり続けてきた私にとって、先日ちょっとショックなニュースがありました。 オオヨロイトカゲが10年後には絶滅するかもしれない、というものです。 オオヨロイトカゲSmaug giganteusは南アフリカに生息する、その名の通りごっつい鎧のような皮膚を...続きを読む

カテゴリ: トラフィック , 若尾

こんにちは、沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の西田です。碧い海に囲まれた石垣島では、この夏気温35.8℃という観測史上初を記録する暑い空気に覆われています。 そんな中、ウミガメの産卵と子ガメのふ化脱出の調査に同行してきました。 石垣島ではアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの三種類が産卵しますが、この白保海岸は特にアカウミガメが多く産卵するようです。 カ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 西田

自然保護室で極東ロシアを担当している川江です。 昨年、推定で3,980頭と発表された、野生のトラの個体数。減少傾向にわずかながら歯止めが掛かったものの、まだまだ絶滅の危機が高いことに変わりはありません。 そんなトラを脅かす要因の1つが密猟。 時には、仔トラがこうした密猟のターゲットになることもあります。 2017年1月、極東ロシアの沿海地方で5~7か月のオ...続きを読む

カテゴリ: 川江

海洋担当の前川です。 東日本大震災の被災地、宮城県南三陸、戸倉の海から、嬉しいニュースが届きました。 海の自然や労働者の人権に配慮した、持続可能な養殖に与えられる国際認証「ASC(水産養殖管理協議会)認証」を、昨年3月、日本で初めて取得した宮城県漁業協同組合の志津川支所戸倉出張所の取り組みが、「生物多様性日本アワード」の優秀賞を受賞したというのです。 この...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 震災関連

事務局長の筒井です。 先週、アフリカで長年ゾウの保全に力を尽くしてこられた、PAMS財団の共同創設者ウェイン・ロッター氏が殺害されるという、残念な、そしてとても悲しい知らせがありました。 報道では、タンザニアの首都ダルエスサラームで、車に乗っていたところを武装した男たちに襲われ、銃で撃たれたそうです。 ロッター氏は近年、密猟が激化し、5年間で個体数の6割の...続きを読む

カテゴリ: 筒井

草刈です。6月の終わり、石川県輪島市に行ってきました。 きっかけは、「輪島の産廃処分場問題を考える会」より産業廃棄遺物処理場の建設で、地域の自然が危機にさらされているため、是非現地を見て欲しいと、要望をいただいたことでした。 くわしくお話をうかがうと、国際的な希少鳥類であるミゾゴイを始め、さまざまな野生生物が生息しているとのこと。 初めての訪問でしたが、肌...続きを読む

カテゴリ: 草刈

上から読んでもトマト。下から読んでもトマト。 ではここで、トマト検定です! ①トマトは、何の仲間?  A:オクラ B:ナス C:カボチャ ②トマトのふるさとは?  A:中近東 B:ヨーロッパ C:南米 ③トマトが苦手としているのは?  A:雨 B:直射日光 C:乾燥 「おひさまトマトのトマゴロウ」は、WWFジャパンと横浜市が協働で制作した幼児向けの紙芝居で...続きを読む

カテゴリ: 佐久間

先週の8月12日は世界中でゾウの保護を呼びかける「世界ゾウの日」でした。 この日の夜、東京の恩賜上野動物園で、アジアゾウの飼育係さんとWWFジャパンのスタッフによるトークイベントが実施されました。 動物園と、自然保護のフィールド、異なる2つの現場でゾウに関わる二人の熱い話が進むにつれて、聞いている皆さんの眼差しも、どんどん真剣になってゆきます。 中でも、日...続きを読む

カテゴリ: 伊藤 , 生きもの小ネタ

トラの森に潜む罠

2017年8月18日

20世紀初頭、10万頭が生息していたといわれるトラ。 現在の推定個体数は3,200頭ほど(成獣のみ)とされており、各地で絶滅が心配されています。 トラを脅かす主な原因は、すみかの森の消失と、骨などを狙った密猟。 特に密猟は、国際取引が禁止されているにもかかわらず続いている違法取引(密輸)に支えられ、大きな脅威となってきました。 さらにこの問題を助長している...続きを読む

カテゴリ: 三間

トラフィックの白石です。 土用の丑の日を前に、スイスのジュネーブで開催されたワシントン条約の第29回動物委員会に出席してきました。 約3年に一度開催されるワシントン条約の締約国会議。ワシントン条約は、絶滅のおそれのある野生生物を附属書に掲載し、国際取引を規制する国際法ですが、これを実行するためには、各締約国による国内法の施行がとても大切です。 その施行をさ...続きを読む

カテゴリ: トラフィック , 白石

沖縄・石垣島の「しらほサンゴ村」より、松岡です。今年も例年に比べ台風が少なく、天気の良い日が続いています。 そんなアツアツな石垣島で、アツアツなイベントが開催されました! その名も、Discovering The Island Together vol.1 Exploring The Ocean 「島のことを知る」自然観察会。 石垣島に今年3月に新しくオー...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 松岡(美)

世界にトラが何種いるかご存知でしょうか? シベリアトラやベンガルトラ、中には、スマトラトラ、インドシナトラといった名前を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、実はトラは1種しかいません。 上の名前はいずれも「亜種」という、1種の動植物をさらに細かく分けた分類で、種としてはあくまでトラは1種です。 ですが、生息する地域などで分けられるこの亜種...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

皆さん、こんにちは。温暖化問題担当の池原です。 先日、「SBTi(Science Based Targetsイニシアチブ)」参加企業の一つ、ナブテスコ株式会社の岐阜工場を訪問しました。 SBTiは、WWF、CDP、国連グローバル・コンパクト、そして世界資源研究所(WRI)によるグローバルな共同イニシアチブで、パリ協定が目指す「2度未満」と整合した削減目標を...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 池原

北極、南極の氷雪地帯から熱帯の森、サンゴ礁の海の中から標高4,000メートルを超える山嶺まで、地球上のさまざまな景色と、その中で息づく野生生物たち。 その姿を見事に捉えた写真展が今、東京の日比谷で開催されています。 日比谷図書文化館特別展「世界が見た、驚きと感動の大自然 ネイチャーズベスト傑作写真展」です。 この写真展でならぶ作品は、いずれもアジア各地のカ...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 三間

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ