【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

こんにちは、自然保護室の小林です。 先日ボルネオ島のインドネシア領、カリマンタンに行って来ました。 今回訪問したのは、とある企業が所有しているFSC認証を取得した天然林です。 この森はFSC(R)の基準に則り、環境に配慮した方法で木材の伐採が行なわれている森林なのですが、なんと、オランウータンが生息していることが分かっています。 オランウータンのネスト(赤丸のとこ) 今回見せていただいた区画では、野生の個体を実際に観察はできなかったものの、オランウータンのネスト(寝床)をいくつも観察することが出来ました。 他にも地上性の大型の鳥セイラン(Great Argus)の羽が落ちていたり、ヒゲイノシシの「ぬた場」があったり、マムシの仲間らしきヘビと遭遇したりと、木材の生産が行なわれている森の一部であるにもかかわらず、...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 小林(俊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、アメリカの大学院で、途上国の貧困層に、少額を貸し付けてビジネスを支援するマイクロファイナンスという手法を知り、非常に感銘を受けました。 魅力を感じたのは、「途上国支援も環境保全も、ビジネスに乗せて解決していく」そんな取り組みが持つ現実的な視点です。 そこで数年前、日本でもマイクロファイナンス・ボンドが発売されることを知って以来、私も途上国の女性支援フ...続きを読む

カテゴリ: 小西

パンダショップの佐多です。先日、「シーラカンスの体内に退化した肺があることがわかった」というニュースがネットで報道され、事務局の一部の(ごく一部の)スタッフが、勝手にテンションをあげていました。 両生類も、爬虫類も、哺乳類も、鳥類も、全て魚類から進化して、陸上に上がって「肺」を手に入れたというのに、また水中に戻って肺を退化させた魚とは、これいかに!? そも...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多 , 生きもの小ネタ

自然保護室の安村です。もうすぐシルバーウィーク、海外に行く方もいらっしゃるかと思います。 飛行機を使わず、ご自分の足で海外旅行に行かれる、という方はさすがにおられないと思いますが、自然界にはそんな驚くべき旅をする旅人がいます。 この時期、1万キロ以上の距離を自分の力で飛ぶ、オオソリハシシギです。 毎年9月終わり頃、繁殖地のアラスカを飛び立つオオソリハシシギ...続きを読む

カテゴリ: 安村 , 生きもの小ネタ

今回GPS首輪を装着したオスグマ 四国山中から朗報が飛び込みました! 四国で初めて、オスのツキノワグマにGPS首輪を装着することができたのです。 2012年にプロジェクトを開始しましたが、その年には3頭のメスの捕獲に成功。GPS装置首輪を装着して、2年間に渡り追跡調査を続け、約22,000地点の地理データを得ることができました。 ところが、2013、201...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 那須

自然保護室の小林です。 先日、ボルネオ島の森林再生活動の現場、北ウルセガマに行って来ました。 この森は、過度な森林伐採と火災でひどく劣化してしまった森ですが、オランウータンが百数十頭生息していると考えられている、貴重な森林でもあります。 そこで私達は、オランウータンをはじめとした野生動物が、この森で長く暮らしていけるように、地域に元々自生している樹木を植林...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 小林(俊)

「エコロジカル・フットプリント」という言葉をご存知でしょうか? これは、人類が地球環境に与えている「負荷」の大きさを測る指標です。 たとえば、森の木々や海の魚を過剰に利用したり、温暖化の原因になる二酸化炭素を多く排出すれば、それは地球環境を傷つけ、余計な負荷をかけることになります。 「エコロジカル・フットプリント」は、そのさまざまな負荷の大きさを、世界のい...続きを読む

カテゴリ: 大倉

自然保護室の安村です。 先日、九州の有明海に行ってきました。 同行したのは、東アジアを代表する大陸棚の海「黄海」の干潟で、持続可能なアサリの生産をめざしている、関係者の方々です。 訪問したのは、熊本県川口漁業協同組合。 ここで、日本を代表するアサリの資源回復の取り組みを伺いました。 日本にも飛来するシギ・チドリ類の一種、オバシギ。黄海の鴨緑江干潟には、毎年...続きを読む

カテゴリ: 安村

森林担当の川江です。 先日、極東ロシアの「ヒョウの森国立公園」から、罠にかかったアムールヒョウの子どもの映像が届きました。 この国立公園は、森林破壊と密猟によって数を減らしたアムールヒョウを守るため、WWFなどの働きかけによって設立された保護区で、現在、約80頭と言われるその総個体数の8割が生息する場所です。 密猟者が仕掛けた罠にかかっていたのは1歳の仔ヒ...続きを読む

カテゴリ: 川江

こんにちは、森林担当の古澤です。森を守りながら木を使う、そんな取り組みの証である「FSC®」のマーク、皆さまご存知でしょうか? 最近は、木材製品だけでなく、ノートやトイレットペーパー、雑誌類など、いろいろな紙製品でも、このマークを付けたものを身近に見かけるようになりました。 こうした品々は、地域の自然や社会に配慮し、他の木材とも混ざらないように生産され、流...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 古澤

サイを捉えた、一枚の鮮明な写真。 東南アジアで最大の島、ボルネオ島の熱帯林に設置された調査用の自動撮影カメラ(カメラトラップ)のレンズに映ったものです。 実はこの一枚の背景には、スタッフも驚くストーリーがありました。 動くものがレンズの前を横切ると、赤外線センサーが反応して勝手にシャッターを切ってくれるのが、自動撮影カメラ。 壊れたカメラトラップに写ったス...続きを読む

カテゴリ: スマトラ , ボルネオ , 増本

広報の佐久間です。急なお知らせで申しわけないのですが、本日(8月25日・火曜日)の19:30から、NHK総合で『モンゴル アルタイ山脈  桐谷健太が目撃! 幻のユキヒョウ』が放映されます! 中央アジアの高山にすむユキヒョウは、めったに人の目にふれることのない、神秘のベールに包まれた生きものです。 その貴重な姿を追って、2012年から取材を続けているNHK。...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , 佐久間 , 生きもの小ネタ

台風15号、接近中!

2015年8月21日

沖縄県の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 前回の台風から2週間。こちら石垣島には、この週末にまた台風が来ます... 前回は8月14日、15日の両日、暴風警報が発令されたため、私たちのWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」も臨時休館に。 幸い、施設に大きな被害はありませんでしたが、地元の白保の集落は、久々に長い停電に見舞われました。 そし...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

サケとペンギンとASC

2015年8月19日

こんにちは。水産担当の新井です。突然ですが「お弁当に入っている魚」といえば、何を思い浮かべますか? 最近はさまざまな魚や加工品が多く出ていますが、おにぎりの具にもなる「サケ」を挙げる方は、多いのではないかと思います。 実際、日本はサケの一大消費国。大量に輸入もしています。 私たちが今、南米のチリで取り組んでいる海洋保全活動にも、このサケが関わっています。 ...続きを読む

カテゴリ: チリ , 新井(秀)

皆さんは「アサギマダラ」というチョウをご存知でしょうか? 名前の通り、羽の色はごく薄い藍色の浅葱色(あさぎいろ)をしており、胸にはマダラ模様がある、非常に美しいチョウです。 先日、福島県・裏磐梯で行なわれたアサギマダラの観察会に、個人的に参加させていただきました。 このアサギマダラは少し前まで、5月頃に成虫が平地に現れ、夏は山地へ集まり、秋になると再び平地...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 谷野

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ