【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

夕暮れのビキン川 自然保護室の川江です。先日、極東ロシアから、ビキン川流域の森が国立公園に指定された、というニュースが届きました。 実は、このニュース、私個人にとっても嬉しいニュースでした。 私が2013年8月にWWFに入局して、その1か月後、最初に訪問した海外の現場が極東ロシアのビキン川流域だったのです。 先住民の人々が暮らす村にホームステイをさせてもらい、翌朝、森の中に入るために、そこから川をボートで遡りました。 その途中では、晩ご飯用の魚釣りにも挑戦。先住民の方のアドバイスで、釣り初心者の私でも数匹を釣ることができました。 自然を知り尽くした先住民の方の智恵に触れるとともに、ビキンの恵みを実感することができた瞬間でした。 そして、ボートで中流域にあるキャンプ場に着いた後は、歩いて山を登ります。 山頂にた...続きを読む

カテゴリ: 川江

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス・パリより、温暖化担当の山岸です。こちらで開催中のCOP21、第1週目の交渉が終わりました。 正直に言うと、私は交渉はもっと長引いて、下手すると土曜の深夜まで行くかもしれない...と予想していました。国連の温暖化会議が長引くのは、半ば常態化しているからです。 しかし、その予想を大きく裏切り(!?)、会議は予定通り、ADP(ダーバン・プラットフォーム...続きを読む

カテゴリ: 山岸

フランス・パリのCOP21会場より、温暖化担当の小西です。 温暖化防止のための国連会議であるCOP21は、当然ながら徹底した環境配慮をうたっています。 会場内のシャトルバスは当然ハイブリッド。書類はすべて電子版。また最初にオシャレな水筒が配られ、会場内の水サーバーには紙コップも置いてありません。 会場内カフェのコーヒーも、すべてエコカップに入っていて、戻せ...続きを読む

カテゴリ: 小西

パリで行なわれている国連気候変動会議「COP21」の会場より、温暖化担当の小西です。 1週間にわたる事務官レベルの交渉の末、金曜日の朝に「パリ合意」の文書の草案がまとめられました。 この草案は、予定通りに行けば、土曜日の「ダーバンプラットフォーム作業部会」の総会で採択され、来週からは、上位の意思決定機関であるCOP(締約国会議)に場を移し、各国閣僚も含めて...続きを読む

カテゴリ: 小西

パリで開かれている国連の気候変動会議COP21の会場より、温暖化担当の山岸です。 COP開幕から4日目を迎えたパリの空は、さわやかに晴れ上がりました。 ですが会議場では、久しぶりの陽光を楽しむ間もなく、合意文書の草案づくりが続けられています。 この文書に並ぶ一つひとつ言葉を選ぶ真剣な交渉に、産業革命からの世界の平均気温の上昇を2度、あるいは1.5度未満に抑...続きを読む

カテゴリ: 山岸

パリの国連気候変動会議「COP21」の会場より、温暖化担当の小西です。 会議もはや3日目。この日も、テーマに分かれた分科会ごとに、合意文書の草案づくりが続けられました。 その争点の一つに、「損失と損害」があります。 地球温暖化の分野では、人間社会や生物多様性が被る、取り返しのつかない「損失」(loss)と、道路や堤防など損壊といった修復可能な「損害」(da...続きを読む

カテゴリ: 小西

こんにちは、広報室メディア担当の山本です。 連日ニュースでも報道されていますが、11月30日、フランス・パリで、国連の気候変動会議「COP21」が開幕しました。 「京都議定書」が採択されたCOP3以来、最も重要な会議と言っても過言ではない、今回のCOP21。 20年にわたり、国際交渉の場で、確かな温暖化の防止につながる約束と取り組みを求め続けてきた、私たち...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

フランス・パリのCOP21会場より、温暖化担当の山岸です。COP21は2日目を迎え、合意に向けた交渉が始まりました。 各国の交渉官は、合意文書について1行ずつ真剣に議論を交わし、草案を練り上げる作業が行なわれています。 夕方には、恒例の「化石賞」の授賞式も始まりました。化石賞は、世界の950以上のNGOがつくるCAN(気候行動ネットワーク)インターナショナ...続きを読む

カテゴリ: 山岸

フランスのパリより、温暖化担当の小西です。 COP21の開幕を迎えた11月30日の朝、会場には、各国の首脳を乗せた車が続々と到着し、ひとりひとりがオランド大統領とフィゲレス事務局長に迎えられ、会場に入りました。 パリ会議は、COP史上初めて、150か国の首脳が参加した首脳級会合で幕開けしました。 そしてその中で、各国の首脳たちは、地球温暖化問題の重要性と緊...続きを読む

カテゴリ: 小西

フランスのパリより、温暖化担当の山岸です。 こちらでの国連気候変動会議「COP21」を目前に控えた28日と29日は、気候変動の防止を求めて世界の市民が行動するグローバル・アクション・デーでした。 この両日、日本の東京と京都を含めた、175か国の2,300都市でCOP21の成功を求める集会や行進などのさまざまなイベントが企画され、57万人を超える人々が参加し...続きを読む

カテゴリ: 山岸

四国山中から、自然保護室の那須です。残り数十頭といわれ、絶滅が心配される四国のツキノワグマ。剣山系標高1,000メートル以上の森林に生息しています。 ここで私たちは、NPO四国自然史科学研究センターの皆さんと共に、クマの重要な食物であるドングリ(ブナ、ミズナラ、コナラの実)が、どれくらい実っているのか?毎秋、調査を行なってきました。 シードトラップによる調...続きを読む

カテゴリ: クマ関連 , 那須

フランスのパリより、温暖化担当の小西です。 いよいよ始まる国連の気候変動会議「COP21」を目前に、世界40か国から集まった100人の専門スタッフと、真剣な討議を重ねています。 こういった会議は毎年のCOP前の風景なのですが、今回は、歴史的な変換点となるであろうCOP21とあって、緊張が走っています。 そんな中、ホスト国フランスのWWFスタッフたちから、私...続きを読む

カテゴリ: 小西

自然保護室の川江です。先日、WWFジャパンが支援する、極東ロシアのヒョウのリハビリ施設を訪問してきました。 この施設では今、密猟者の罠にかかり前脚の指を失った1歳の仔ヒョウが保護されています。 以前、この悲劇をお伝えしたブログでは、仔ヒョウが再びロシアの森に戻れる可能性はほぼないでしょうと申し上げたのですが、なんと5か月間におよぶリハビリの結果、野生復帰の...続きを読む

カテゴリ: 川江 , 生きもの小ネタ

COP会場に入るためのバッジを取りに会場へ 30日から始まる国連の気候変動会議「COP21」に参加するため、パリにやってきました。 今回の会議は、世界の温暖化防止のための新しい目標に合意することをめざす、非常に大事な会議です。 フランスの市民の関心も高く、会議の期間中、パリだけでなく、フランス各地でイベントやパレードなどが、たくさんの人たちにより企画されて...続きを読む

カテゴリ: 山岸

こんにちは、温暖化・再エネ担当の市川です。この月末からいよいよ、フランスのパリで、国連の気候変動会議「COP21」が始まります。 特に今回は、2030年に向けた温暖化防止のための新しい国際枠組が採択される見通しとあり、「京都議定書」以来の歴史的な節目になると考えられています。 その行方に世界が注目するCOP21の成功を祈るパレードやイベントも、各国では予定...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 市川

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ