【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

先日、環境省が石炭火力発電所の新たな建設を容認する、という報道がありました。 石炭火力発電所は、温暖化の原因となる二酸化炭素CO2を、最も多く輩出する発電施設です。 このため環境省では、その新設について、環境影響評価(環境アセスメント)の手続きの中で、一定の抑制をかけてきました。 それが今回、容認された、ということになります。 報道によれば、電力会社などが温暖化防止に前向きに取り組み、CO2の排出削減計画を提出して報告を行なう、といった条件のもとで、容認が行なわれたそうですが、これは日本の今後の温暖化対策を遅らせる原因になるおそれがあります。 昨年末にフランスで開かれた国連会議「COP21」で、「今世紀後半には世界の排出量を実質ゼロする」という目標を掲げた「パリ協定」が合意されたことからも分かるとおり、世界は...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然保護室の東梅です。先日、ボルネオ島のマレーシア・サバ州にある、WWFマレーシアの事務所に行ってきました。 ここには、長らく私たちと一緒に森林の回復プロジェクトに取り組んできた、WWFマレーシアの仲間たちがいます。 今回の訪問の目的は彼らとの打ち合わせと、森の現場の確認でした。 この折、マレーシアのスタッフにもらった資料の中に、WWFマレーシアが発行して...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 東梅 , 生きもの小ネタ

本日は立春!まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では、早くも春の文字が登場しました。 でも考えてみれば、それは当然ながら私たちのすむ日本の話。地球の裏側に行けば、当然「立秋」となります。 そんな日本の反対側、「今が一番いい季節!」という南米のチリでは、私たちがWWFチリの仲間たちと取り組んでいる、海の保全活動が進められています。 そのフィールドであるチリ南部...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

先週日曜日にNHKで放送された「ダーウィンが来た!」、ご覧になられた方、いらっしゃいますでしょうか。 アルタイの山々に生きるユキヒョウの親子とともに、WWFモンゴルのスタッフたちが取り組む保護調査活動も紹介していただきました。 映像で見たユキヒョウという動物の美しさはもちろんのこと、見渡す限り広がる厳しい山地の景観には、圧倒される思いでした。 たまたま偶然...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

温暖化防止に向けた歴史的な合意「パリ協定」が成立した国連会議(COP21)が終わってから、はや1カ月半。 今もニュースではよく耳にしますが、「パリ協定」で何が決まったの?と疑問に思われる方は、まだまだ多いのではないかと思います。 また、この協定が、私たちとどのようなかかわりを持ち、暮らしに変化をもたらすことになるのか。 それについても、気にしておられる方は...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 市川

九州・有明海の沿岸、熊本県の荒尾から、地元の海の保全にかかわっていらっしゃる方から、嬉しいニュースをいただきました。 日本を代表する干潟の一つである荒尾干潟に、新しくビジターセンターが開設されることになった、というものです。 荒尾干潟は、国際的な保全湿地として「ラムサール条約」にも登録されている、国内屈指の渡り鳥の飛来地で、ノリ養殖をはじめとした沿岸漁業も...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 生きもの小ネタ

広報の佐久間です。 先週末、「住みたい町」で有名な吉祥寺にある井の頭公園の池で、お魚すくいをしてきました。 いま、井の頭公園では、2014年に続いて2回目となる「かいぼり」がおこなわれています。「かいぼり」とは、池の水をいったん抜くことをいいます。 池底を日にさらすことで水質の改善を図るとともに、オオクチバスやブルーギルなど、もともと井の頭池にはいないはず...続きを読む

カテゴリ: 佐久間 , 生きもの小ネタ

高山にすむ神秘のネコ、ユキヒョウ。 その野生の姿が、今週の日曜日(1月31日)、19:30からNHKで放送される『ダーウィンが来た!』で放送されることとなりました。 2012年から、モンゴルでユキヒョウの取材を続けてきたNHK。その撮影には、WWFモンゴルも協力しています。 WWFがユキヒョウの保護活動を開始したのは1982年。 以来、生態調査や、生息地の...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , 佐久間 , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報の辻です。少しローカルな話題になってしまうのですが、横浜市のベイエリア、みなとみらい地区には、かつての造船ドック(船の建造や修理などのための施設)の跡地を活用した「BUKATSUDO」というシェアスペースがあります。 その名のとおり、近隣地区に在住・在勤の方々が、趣味の集いやワークショップ、仲間との語らいなどを通して「大人の部活動」を楽しむ...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , アースアワー , イベント情報! ,

先日、東京湾で船舶が衝突し、タンカーが沈没するという事故がありました。幸い死傷者は無かったとのことでしたが、ドキリとさせられるニュースでした。 というのも、この種の船舶事故、特にタンカーの事故は、積んでいる油の流出を引き起こし、海の生態系に悪影響を及ぼすことが多々あるからです。 特に今は冬。夏の間をシベリアなどで過ごしたカモやカモメなど渡り鳥たちが、東京湾...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

サポーター事業室の小坂です。先日、「パンダクラブ北海道」の代表、長屋貞夫さんから、会報誌『えとぴりか』の最新号が届きました。 表紙を飾るのは深川から眺めた大雪山! ヤマガラなどの写真も入った月例の観察会のご報告をはじめ、いつもながら非常に充実した内容です。 この「パンダクラブ北海道」は、長屋さんをはじめとする北海道在住のWWF会員の方が中心となって、198...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 小坂

自然保護室の川江です。昨年のクリスマス、極東ロシアから美しい冬の映像が届きました。 BGMがクリスマス・ソングで少し時期はずれな感じがしますが、たくさんの動物たちも登場するきれいな映像をお楽しみ頂けると思います。 以前にも、森が赤や黄に色づいた秋の森の映像をご紹介しましたが、ご覧いただくと分かるとおり、冬にはこうした落葉樹が一斉に葉を落とします。 そして白い...続きを読む

カテゴリ: 川江 , 生きもの小ネタ

自然保護室の前川です。 昨年末、40年近い歴史をもつ千葉県市川市の行徳野鳥観察舎が閉鎖となりました。 施設の老朽化と耐震基準を満たしていないことがその理由です。 県の行政改革審議会の中でも、すでに廃止の方向で検討が進められており、耐震補強や再開の予定はありません。 これに対し、東京湾の干潟やシギ・チドリなどの渡り鳥の保全、またその観察などに取り組む市民団体...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 生きもの小ネタ

草刈です。先日、高知新聞にとても嬉しいニュースが掲載されました 設立されて今年で30年目を迎えた、高知県の「トンボ自然公園」の運営団体である公益社団法人「トンボと自然を考える会」(酒井泰一会長)が、第23回高新大賞を受賞した、というのです。 記事でもご紹介していただいていますが、この「トンボ自然公園」の設立には、私たちWWFジャパンも微力ながら協力をさせて...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 草刈

あけましておめでとうございます。自然保護室の権田です。 昨年開かれた国連の気候変動会議「COP21」にて、「パリ協定」が締結されました。これからの地球温暖化防止に向けた、世界の新しい約束です。 こうした話題が大きく注目されることからもうかがわれる通り、近年、温暖化は地球規模の深刻な問題になってきました。 その影響の一つには、海の熱帯林と言われるサンゴ礁への...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ