【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

2月22日は、「ニューニャーニャー」にかけて、「猫の日」だそうです。 おうちの猫ちゃんと、この日を祝われる方も多い?のではないかと思います。 野生の世界にもネコの仲間は少なくありません。 現在知られているだけで、世界には大小さまざま37種のネコ科の動物たちが生息しています。 ピンと立った耳が特徴的なサーバルや、驚異のジャンプ力で空中の鳥を襲うカラカル、マヌルネコはその扁平な顔が可愛らしい。 もちろん、わたしも好きなトラもネコ科の1種ですね。 そんな中から今日は特に、スペインにだけ生息するイベリアオオヤマネコをご紹介したいと思います。 カラカル(上)とマヌルネコ(下) イベリアオオヤマネコは、耳の先の房毛と、あご髭が特徴的なオオヤマネコの1種ですが、何よりの特徴は、さまざまな小動物を獲物とする他のオオヤマネコと...続きを読む

カテゴリ: 河村 , 生きもの小ネタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然保護室の前川です。 先日、日本野鳥の会、日本自然保護協会と連名で、東京湾は多摩川河口の自然保護について、内閣府と川崎市、大田区に要望書を提出しました。 これは、現在計画されている羽田連絡道路(仮称)の建設にあたり、一般に公開された計画の説明と意見交換の場を設けるよう求めるものです。 現在、羽田空港の周辺地域は国家戦略特区プロジェクトの実施拠点として整備...続きを読む

カテゴリ: 前川

自然保護室の川江です。昨年、極東ロシアのシベリアトラの個体数がこの10年間で確実に増加している、という報告をお届けしました。 これは、困難なフィールドの現場で行なわれた、大規模かつ精度の高い調査が明らかにした、保護活動の成果です。 その調査の中には、トラを1頭1頭見分け、個体数を推定する作業も含まれています。 でも、どうやってそんな「見分け」をするのか? 皆...続きを読む

カテゴリ: スマトラ , 川江 , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報室の山本です。「アースアワー」の開催まで、1カ月となりました。事務所でも順調!?に準備が進んでおります。 毎年、日本ではこの世界的な環境イベントの実施にあたり、スパイダーマンや横浜F・マリノスの皆さんら、著名な方々を親善大使として迎えてきました。 そして、開始から10周年を迎えた今年は、より広く日本のアースアワーを国内外に知ってもらおうと、...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

自然保護室の川江です。2月20日(土)に東京・銀座のソニービルでトークイベントをさせて頂くことになりました。 テーマは、熱帯の島・スマトラ島の森林破壊の現状と、私たちが取り組む森と野生生物の保全活動です。 スマトラ島では、1985年から2014年の間に森林面積が半分以下に減少し、スマトラゾウ、サイ、トラといった野生動物が絶滅の危機に瀕しています。 こうした...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , スマトラ , 川江

温暖化担当の小西です。先日、徳島で行なわれた「県民環境会議」で、昨年の国連気候変動会議「COP21」と「パリ協定」について講演させていただいた折に、徳島県の飯泉嘉門知事とお会いする機会をいただきました。 飯泉知事は、徳島県や神奈川県、長野県など34の地方公共団体が参加する「自然エネルギー協議会」の会長でいらっしゃいます。 この協議会は、自然エネルギーを推進...続きを読む

カテゴリ: 小西

自然保護室の前川です。先日、宮城県北部漁業士会の研修会に講師として出席してきました。 漁業士とは、地域の指導に携わる優れた漁業者の方が任命されるもので、宮城県では、北部、南部、中部の3区域に分かれて定期的な情報交換や研修を実施しています。 今回の研修会では、県の養殖振興プランが話題として提供され、私からも海の環境に配慮した養殖の証「ASC認証」のについてお...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 震災関連

草刈です。先日、京都新聞に、亀岡市で2016年4月に予定されていた「京都スタジアム(仮称)」の着工が、京都府の決定により延期された、という記事が掲載されました。 延期の理由は、計画予定地に生息する希少な淡水魚アユモドキに、建設計画がどのような影響を及ぼすのか、慎重な調査と分析が求められたためです。 アユモドキは日本固有のドジョウ科の淡水魚で、世界中でこの亀...続きを読む

カテゴリ: アユモドキの保全 , 生きもの小ネタ , 草刈

先日、環境省の広報課の方とお会いする機会がありました。 環境省が2カ月に一度発行している情報誌『エコジン』のご担当もされている方で、どうやって環境についての意識の高い人を増やしていけばよいのか、意見交換をさせていただきました。 『エコジン』は数年前までは紙の雑誌として制作されていましたが、現在は全てPDFにし、環境省のウェブサイトで配信しているとのこと。 ...続きを読む

カテゴリ: 三間

こんにちは、温暖化・エネルギー担当の市川です! 先週末、徳島県で開催された「県民環境会議」に、WWFの小西と市川で講演に行ってきました。主なテーマは地球温暖化問題でした 予想を大きく超え140名以上が参加したこの会議。大盛況で、質疑応答の時間も延長され、温暖化問題に興味関心の高い参加者で一杯となりました。 また会議後半では、徳島県内で公募した環境問題をテー...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 市川

先日、WWFロシアから届いた「ゾルシュカ」が母親になった、というニュース。ご覧いただきましたでしょうか。 「ゾルシュカ」は、仔トラの頃に親とはぐれて保護され、約3年前に森に戻されたメスのシベリアトラで、意味はロシア語で「シンデレラ」だそう。 今回、このシンデレラが、しっかり野生の世界に適応し、2頭の仔トラの母親になりました、という嬉しいニュースでした。 と...続きを読む

カテゴリ: 川江 , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報の山本です。毎年この季節、私を忙しくする恒例イベントがあります。そう「アースアワー」です! 「アースアワー」は毎年3月末の土曜日の夜8時30分から1時間、電気を消すアクションを通じて、世界中の人たちと「地球温暖化を止めたい」「地球環境を守りたい」という想いを分かち合う世界最大規模の環境キャンペーンです。 2007年にオーストラリアで始まった...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

先日、環境省が石炭火力発電所の新たな建設を容認する、という報道がありました。 石炭火力発電所は、温暖化の原因となる二酸化炭素CO2を、最も多く輩出する発電施設です。 このため環境省では、その新設について、環境影響評価(環境アセスメント)の手続きの中で、一定の抑制をかけてきました。 それが今回、容認された、ということになります。 報道によれば、電力会社などが...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

自然保護室の東梅です。先日、ボルネオ島のマレーシア・サバ州にある、WWFマレーシアの事務所に行ってきました。 ここには、長らく私たちと一緒に森林の回復プロジェクトに取り組んできた、WWFマレーシアの仲間たちがいます。 今回の訪問の目的は彼らとの打ち合わせと、森の現場の確認でした。 この折、マレーシアのスタッフにもらった資料の中に、WWFマレーシアが発行して...続きを読む

カテゴリ: ボルネオ , 東梅 , 生きもの小ネタ

本日は立春!まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では、早くも春の文字が登場しました。 でも考えてみれば、それは当然ながら私たちのすむ日本の話。地球の裏側に行けば、当然「立秋」となります。 そんな日本の反対側、「今が一番いい季節!」という南米のチリでは、私たちがWWFチリの仲間たちと取り組んでいる、海の保全活動が進められています。 そのフィールドであるチリ南部...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ