【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

サポーター事業室の小坂です。先日、「パンダクラブ北海道」の代表、長屋貞夫さんから、会報誌『えとぴりか』の最新号が届きました。 表紙を飾るのは深川から眺めた大雪山! ヤマガラなどの写真も入った月例の観察会のご報告をはじめ、いつもながら非常に充実した内容です。 この「パンダクラブ北海道」は、長屋さんをはじめとする北海道在住のWWF会員の方が中心となって、1981年に設立された市民グループで、以来30年以上にわたり、WWFへの募金やパネル展など、さまざまなサポート活動を続けてくださってきました。 また、地元のフィールドを中心とした自然観察会や、さまざまな環境問題についての情報発信など、独自の取り組みも精力的に展開。地域に密着した活動を継続していらっしゃいます。 この会報誌『えとぴりか』の発行も、その取り組みの一つ。...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 小坂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然保護室の川江です。昨年のクリスマス、極東ロシアから美しい冬の映像が届きました。 BGMがクリスマス・ソングで少し時期はずれな感じがしますが、たくさんの動物たちも登場するきれいな映像をお楽しみ頂けると思います。 以前にも、森が赤や黄に色づいた秋の森の映像をご紹介しましたが、ご覧いただくと分かるとおり、冬にはこうした落葉樹が一斉に葉を落とします。 そして白い...続きを読む

カテゴリ: 川江 , 生きもの小ネタ

自然保護室の前川です。 昨年末、40年近い歴史をもつ千葉県市川市の行徳野鳥観察舎が閉鎖となりました。 施設の老朽化と耐震基準を満たしていないことがその理由です。 県の行政改革審議会の中でも、すでに廃止の方向で検討が進められており、耐震補強や再開の予定はありません。 これに対し、東京湾の干潟やシギ・チドリなどの渡り鳥の保全、またその観察などに取り組む市民団体...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 生きもの小ネタ

草刈です。先日、高知新聞にとても嬉しいニュースが掲載されました 設立されて今年で30年目を迎えた、高知県の「トンボ自然公園」の運営団体である公益社団法人「トンボと自然を考える会」(酒井泰一会長)が、第23回高新大賞を受賞した、というのです。 記事でもご紹介していただいていますが、この「トンボ自然公園」の設立には、私たちWWFジャパンも微力ながら協力をさせて...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 草刈

あけましておめでとうございます。自然保護室の権田です。 昨年開かれた国連の気候変動会議「COP21」にて、「パリ協定」が締結されました。これからの地球温暖化防止に向けた、世界の新しい約束です。 こうした話題が大きく注目されることからもうかがわれる通り、近年、温暖化は地球規模の深刻な問題になってきました。 その影響の一つには、海の熱帯林と言われるサンゴ礁への...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

皆さま、あけましておめでとうございます。温暖化担当の小西です。 昨年末、フランスのパリで開かれた国連の気候変動会議「COP21」は、先進国・途上国の長く深刻な対立を乗り越えて、とうとうすべての国が温暖化対策に取り組む「パリ協定」を産みだしました。 11年間にわたってこの困難な交渉を追いかけてきた私にとって、この歴史的な瞬間に立ち会えたことは本当に幸せでした...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 小西

冬鳥の目

2015年12月30日

先日、双眼鏡を片手に、同じ沿線に在住のスタッフが集まって、ちょっとした冬鳥の観察会をやりました。 場所は東京練馬区の石神井公園。 二つの池を気持ちのよい木立が取り巻く、都内でも知られた緑地の一つです。 もともとカワセミなどは一年中見られる場所ですが、冬になると、水辺にはカモなどの水鳥が、木々や枯れたアシ原には小鳥たちがやってきて、その姿を見ようと集まる人も...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

こんにちは。WWFジャパンでボランティアをしている趙思嘉(チョウ・シカ)です。 私は普段、東京大学の環境学院生二年生として、千葉県柏市の柏の葉キャンパスに通っているのですが、この柏の葉地区では今、スマートシティづくりが推進されています。 私が代表をやっている「東京大学スマートシティアライアンス」という学生団体でも、海外からの視察者にこの町をスマートシティと...続きを読む

カテゴリ: ボランティア

こんにちは、広報室の佐久間です。私たちの事務局では今日が一応の仕事納め。今年も一年、いろいろなことがありました。 その一つ、というわけでもないのですが、今年、私たちが制作し、WWFの会員の方へお送りしている会報が、新しく生まれ変わりました。 内容のリニューアルは、これまで何度も行なってきましたが、今回は、タイトルも『WWF』から『地球のこと』へ。 WWFの...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 佐久間

「よし、あいつをやっつけてこい」 そういわれて指さされた先にいるのが、体重180キロのお相撲さんだったら???それはそれは困りますよね。 ですが、自然の世界には、時に自分の3倍の体重の獲物に飛びかかり、それを仕留めてしまうハンターがいます。 中央アジアのアルタイ山脈やヒマラヤの高山にすむユキヒョウです。 このユキヒョウの食物になっているのは、バーラルやアイ...続きを読む

カテゴリ: 河村 , 生きもの小ネタ

草刈です。来週月曜日、環境省が「淡水魚保全のための検討会(第4回)」を開催します。 これは、二次的な自然を主な生息環境とする、日本の淡水魚を保全するための提言をまとめるための会合です。 「二次的な自然」とは、水田や雑木林のような、人の手が入ることで維持されている景観のことです。 こうした自然は通常、人が全く手を付けない原生の自然(一次的な自然)よりも、豊か...続きを読む

カテゴリ: アユモドキの保全 , 生きもの小ネタ , 草刈

こんにちは、広報の辻です。今日は、WWFジャパン会員の皆さまへ、映画の試写会のお知らせです! 2016年1月15日、映画『WATARIDORI』『オーシャンズ』を手がけたジャック・ペラン、ジャック・クルーゾ監督の最新作、『シーズンズ 2万年の地球旅行』が公開されます。 この作品は、総製作費40億、構想4年、400人ものスタッフが最新の撮影機材を駆使し、2万...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , ご支援あれこれ , イベント情報! ,

皆さまこんにちは!WWFジャパンの通販「パンダショップ」の佐多です。 本日は、プレゼントにも喜ばれるケーキをご案内します。昨年も大人気だった、厳選オーガニック素材使用の「シュトーレン」です。 「シュトーレン」は、最初に作られたのが14世紀頃とも言われるドイツの伝統的な郷土菓子で、このシーズンにクリスマスを待つ間、少しずつスライスして食べる習慣があります。 ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

フランスのパリより、温暖化担当の山岸です。 こちらで開催されていた国連の気候変動会議「COP21」は、2週間にわたる交渉の末、地球温暖化防止に向けた世界の新しいルール「パリ協定」を正式に採択しました。 初日、150か国の首脳を集めてスタートしたこの会議は、1日延長こそしたものの、議長国フランスの巧みな采配によって多くの対立を乗り越え、歴史的な国際合意にこぎ...続きを読む

カテゴリ: 山岸

フランスのパリより、温暖化担当の小西です。 こちらで開かれている国連の温暖化会議「COP21」では、10日の夜9時に公表された「パリ合意」の文書草案をめぐる交渉が、日に夜を継いで続けられています。 世界の新しい温暖化防止のためのルールとなる、この「パリ合意」。 予想通り会議は難航し、11日(金)の夕方6時をめざしていた合意の採択は、翌12日(土)に延期され...続きを読む

カテゴリ: 小西

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ