ご支援のお願い 野生ネコの王国

最近の記事

RSS

「WWFジャパン森林絵本コンテスト」企画が、今年で第三回目を迎えました。 子どもたちが森の環境問題について知り、絵本として表現することで学びを深め、さらに周りの人たちにも、気づきを広めて欲しい。 そんな主旨で実施している本企画のポイントは、開発したカリキュラムを学校の通常授業の一単元に採用していただくことで、子どもたちが森の環境問題について学びを深め、その集大成として絵本を作るという部分にあります。 カナディアンアカデミーの皆さんは、グループで相談しながらお話を作ってくれました(写真提供:Canadian Academy) 今年は過去最大、7校のインターナショナルスクールや私立小学校から265作品のご応募をいただきました。 WWFのスタッフや、この企画に協賛いただいている王子ホールディングスの方が授業で講義し...続きを読む

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、IUCN(国際自然保護連合)レッドリストの改訂が発表されました。 レッドリストは、世界の野生生物の専門家が、それぞれの絶滅危機のレベルを評価するものです。 最新版のレッドリストで「絶滅のおそれが高い」とされる、3つのカテゴリー、「近絶滅種:CR」「絶滅危惧種:EN」「危急種:VU」に掲載された野生生物の種数は、実に25,821種にのぼりました。 今回...続きを読む

カテゴリ: 若尾

スイスのジュネーブで開かれていたワシントン条約(CITES)の第69回常設委員会会合が閉幕しました。 今回の常設委員会では、日本が北太平洋で行なっているイワシクジラの調査捕鯨が、ワシントン条約に違反しているのではないか、ということが議題にのぼり、注目されました。 ワシントン条約は絶滅のおそれのある野生生物を、密輸や過剰な取引から守るための国際条約です。 そ...続きを読む

カテゴリ: トラフィック , 白石

こんにちは。森林担当の古澤です。 今月から森を守るマーク、FSCをより多くの人に知っていただくための取り組み「ACT FOR FOREST -みんなでつくる未来の森キャンペーン-」が始まりました。 みなさんは普段の生活やお買い物などでFSCのマークを見つけたことがありますか? 「森を守るマーク」として、私たちWWFが普及に取り組んでいる森林認証制度、FSC...続きを読む

カテゴリ: 古澤

先日、通勤の途中、東京を走る京急本線の中で、こんな広告を見つけました。 「海のエコラベル」MSCラベルの広告です。 MSCは、私たちが海の自然を守る手立ての一つとして推進している「持続可能な漁業」を認証する国際的な認証制度。 魚介類などの資源の乱獲や、ウミガメなど他の野生動物の混獲(誤って漁網にかかってしまうこと)を防いで行なわれる漁業を認証するものです。...続きを読む

カテゴリ: 小坂

海辺に面した里山の見事な景色が広がる、石川県の輪島市。 その中でも能登半島の景勝地として知られる高爪山麓で、いま新しい産業廃棄遺物の処理場「門前クリーンパーク」が建設されようとしています。 しかし、現地での調査結果によれば、ここにはミゾゴイをはじめ、サンコウチョウ、ハチクマ、サシバなどの希少な鳥類が生息。 事業によるこれらの野生生物への影響が懸念されていま...続きを読む

カテゴリ: 草刈

広報の松岡です。 ドイツのボンで開催された、国連気候変動フィジー会議(COP23)が18日、閉幕しました! 会期中WWFジャパンのスタッフが、現地の様子や会議の進展をご報告した動画レポートシリーズ、もうご覧いただけたでしょうか。 全5回分を公開したので、まだの方はぜひ再生リストからご覧ください! 気候のマーチ。参加者は頬に「PLANET EARTH FIR...続きを読む

カテゴリ: 松岡

こんにちは、広報の辻です。先日、「WWFジャパン森林絵本コンテスト」参加校のひとつ、東京・渋谷にあるBritish School in Tokyoにお邪魔してきました! こちらの小学校では、日本語科の渡辺先生、薮田先生のご指導のもと「Japanese Book Making Club」に所属するY2、3(日本の小学校で1~2年生に相当)の子どもたち9名が参...続きを読む

カテゴリ:

ドイツ・ボンの国連会議(COP23)の会場より、温暖化担当の山岸です。 会議が終盤を迎え、閣僚級会合が始まった11月15日の夕方、会議場内に私たちWWFが出展しているパビリオン周辺は、身動きができないほどの人で埋め尽くされました。 市民社会の代表と意見交換をするため、フランスのマクロン大統領とユロ環境大臣が訪れたのです。 トランプ大統領がパリ協定の離脱を宣...続きを読む

カテゴリ: トランプ大統領 , 山岸

ドイツのボンより、温暖化担当の小西です。 11月6日、国連の気候変動会議(COP23)が始まりました。 場所こそドイツですが、議長国は南太平洋の島国フィジー。 小国ながら、地球温暖化の国際会議では大きな存在感と影響力を発揮し、交渉を牽引してきました。 フィジーには、そうならざるを得ない理由がありました。 CO2をほとんど排出していないにもかかわらず、最も深...続きを読む

カテゴリ: 小西

こんにちは、広報担当の山本です。 6月にスタートした「WITHスタンプ」キャンペーン、みなさまはもうお試しいただけたでしょうか? WITHスタンプとは、自分の名字の漢字に、絶滅危惧種の動物シルエットが入った自分だけのハンコ(スタンプ)を通じて、野生生物や自然環境の保護活動を支援する取り組みです。 専用ページから自分の「姓」を入力するだけで、あなただけの「W...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 山本(亜)

今朝、タイの空港でカワウソを10匹、密輸しようとした日本人の女子大生が、当局に逮捕された、というニュースがありました。 「密輸」、すなわち違法な持ち出しを行なおうとしたことが、逮捕の理由となったわけですが、報道ではいずれも、問題のポイントである「何の法律に抵触したのか?」については触れられていません。 ですが、野生動物の保護に詳しい方なら、これが「ワシント...続きを読む

カテゴリ: トラフィック , 生きもの小ネタ , 若尾

トリック・オア・トリート!(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!)広報の松岡です。今日はハロウィンですね! ハロウィンといえば、仮装した子どもたちが近所を訪ね歩いてお菓子をもらうイベントですが、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うためのお祭りが由来だそう。 オレンジ色に三角の目をしたかぼちゃのランタンは、この時期たくさん収穫できるかぼちゃの中身をくり...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 松岡

先日、爬虫類のペット取引調査のために沖縄へ行ってきました。 もう一つの目的は帰って来たウルトラマン!(若者は調べてください)ではなく、帰って来たイボイモリ!に会うこと。 これは南西諸島にだけ生息する日本の固有種で、天然記念物として保護されています。 ゴジラっぽい(?)姿からペットとしての人気があり、密猟や違法取引の対象となることも... 2015年11月に...続きを読む

カテゴリ: 若尾

その名前のとおり灰色がかった白く美しい毛皮を持ち、ヒマラヤから中央アジアにかけて連なる山岳地帯に生息するユキヒョウは、世界で最も高地に生息するネコ科の野生動物です。 昨日、10月23日は、キルギス共和国の首都ビシュケクで「世界ユキヒョウ保護フォーラム」が開催されてから1年を迎えた 2014年の同日に「世界ユキヒョウの日」として定められました。 ユキヒョウの...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ