ご支援のお願い 野生ネコの王国

最近の記事

RSS

温暖化・エネルギー担当の山岸です。 モロッコ・マラケシュでの国連気候変動会議・COP22がいよいよ始まりました。 初日の今日は、あいにくと早朝から雨。 しかも、昨日は、半袖で充分なくらいの暑さだったのに、今日はネクタイを締めたスーツでも寒いくらいでした。 初日ということで、まずは開会式および全体総会が開かれました。 COP22会場への入口の一つ 今回のCOP議長であるモロッコのメズアール外務大臣や条約事務局長などから、それぞれ開会に際してのスピーチがあり、セレモニーが執り行われたあと、議題の採択や各交渉グループからの声明へと流れていきました。 国連の気候変動会議では、実はこの「議題の採択」というのが結構クセモノで、対立が厳しいときは、ここで大きく時間をとられることも珍しくありません。 ...続きを読む

カテゴリ: COP22 , 山岸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温暖化担当の小西です。気候変動に関する国連会議COP22に参加するために、モロッコのマラケシュに来ました。 マラケシュはモロッコ北西部、標高450mの高地にある古都で、赤茶けた土色の家々の立ち並ぶエキゾチックなアラブの街並みに彩られています。 温暖化防止に向けた世界の新しい約束「パリ協定」の、記念すべき第一回目の会議も同時に開かれる今回のCOP22には、4...続きを読む

カテゴリ: COP22 , 小西

読書週間、そして読書の秋。今日は、空前のブームと言われるネコに関する本をご紹介します。 その名も『ネコがこんなにかわいくなった理由』(出版、PHP研究所)。保全生物学者の黒瀬奈緒子さんが書かれた本で、巷にあふれるネコ本とは一味ちがうネコの姿を見せてくれます。 アフリカ北部から西アジアに生息するリビアヤマネコが、長い時間をかけてイエネコになった、という話はご...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 若尾

広報の松岡です。 先日、IUCN(国際自然保護連合)主催の、2020年に向けた連続勉強会に参加してきました。4回目の今回、テーマは「生物多様性」でした。 「生物多様性」とは、地球のすべての生命のつながりのこと。目に見えない小さな菌類から、草花や樹木、昆虫、鳥や魚、動物、ヒトも含めて、さまざまな命が複雑に関わり合って、生態系のバランスが保たれていることを表...続きを読む

カテゴリ: 松岡

2011年の東日本大震災で、養殖施設のすべてを失った宮城県南三陸の志津川湾。 ここでは震災後、カキの養殖を手掛ける生産者の皆さんが、震災前の過密養殖をやめ、海の環境に配慮した、質の高いカキ作りに取り組んできました。 今年3月には、この宮城県漁協志津川支所戸倉出張所のカキ養殖が、国際的な養殖版海のエコラベルである「ASC(水産養殖管理協議会)」認証を取得。 ...続きを読む

カテゴリ: 前川

自然保護室の川江です。 先日、私たちが日本から活動を支援しているインドネシアのブキ・バリサン・セラタン国立公園で、「持続可能な開発のための教育(ESD)」の現場を訪問してきました。 私は、たまに国内で子どもさん向けに講演をさせていただくことがあり、その元気さにいつもパワーをもらうのですが、インドネシアの子どもたちも負けず劣らず元気です! 今回訪問...続きを読む

カテゴリ: 川江

にわかによくニュースなどで耳にするようになった「パリ協定」! 世界の温室効果ガスの排出をゼロにすることを目指す、この新しい温暖化防止の国際協定は、なんと採択されてから1年もたたずに発効することになりました。 11月7日から始まる気候変動に関する国連会議(COP22)では、その記念すべき「パリ協定」第1回会合が開催されることになっています。 関心が高い...続きを読む

カテゴリ: 小西

自然保護室の並木です。 今年もナベヅルが、渡ってくる季節になりました。 ナベヅルは夏に、ロシアや中国で繁殖し、秋になると数千キロを飛び、日本にやってくる冬鳥です。 昔は全国に飛来していたようですが、現在は世界全体で1万羽あまりといわれるまでに減少。限られた地域でしか見ることができません。 特に九州の出水平野は、世界のナベヅルの約9割が越冬する貴重な...続きを読む

カテゴリ: 並木

こんにちは、トラフィックの白石です。 先週、台湾の高雄で開催された「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)」の第23回委員会年次会合に出席してきました。 この会議は、南半球に分布するミナミマグロの資源保護を話し合うための国際会議です。 日本はオーストラリアとともに、最大のミナミマグロ漁業国のひとつです。 そして、各国が漁獲するミナミマグロのほぼすべてを輸入...続きを読む

カテゴリ: 白石

急こう配の山を駆け回るのに適した太い手足と長い尻尾、そして美しい毛皮を持つユキヒョウ。 ヒマラヤから中央アジアにかけて連なる山岳地帯に生息するユキヒョウは、世界で最も高地にすむネコ科の野生動物です。 しかし密猟や、生息環境の悪化などにより過去20年間でその個体数を減らし続けてきました。 ユキヒョウが生息する高山は特に地球温暖化の影響を受けやすく、生息地の減...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜) , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報の辻です。 毎年、WWFの通販「パンダショップ」で販売している「オリンパス/WWFカレンダー」。 動物写真家・岩合光昭さんの撮り下ろし写真が毎年好評で、「パンダショップ」でも、なんと30年を超えるロングセラー商品となっています。 この2017年版がいよいよ完成しました! 昨年のオリンパスギャラリーでのトークショーの様子 テーマは「ガラパ...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! ,

先日、FSCジャパン主催のセミナーへ参加してきました! テーマは、「国際森林認証FSCと地方創生」。 FSC(R)は、森の環境や野生生物、地域社会などに配慮して生産された、木材や紙の認証制度。 私たちも、世界各地で森林を保全する手段の一つとして、このFSC(R)認証の普及をめざしてきました。 展示されていたFSC(R)認証材の製品。 この認証制度を使った「...続きを読む

カテゴリ: 松岡

トラフィックの西野です。 今月4日まで、約2週間におよび開かれていたワシントン条約の締約国会議(COP17)が終了しました。 およそ3年毎に開かれるこの国際会議では、野生生物を過度な取引から守るため、加盟する国の代表団が集結してさまざまな課題を協議します。 WWFにとって、そしてこの条約の施行のため、野生生物の取引調査や、データの収集・分析を行な...続きを読む

カテゴリ: 西野

2014年の冬、極東ロシアで人里に現れて捕獲され、翌年5月に自然の森に帰された1頭のシベリアトラがいました。 WWFロシアのスタッフらに「ウポニー(頑固者)」と名付けられた、このオスのトラは、その後も自然の中で生き延びられるか心配されていましたが、先日、現地から嬉しい続報が届きました。 なんと、新しいすみかで、ウポニーにパートナーが見つかったのでは?と...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

先日、IUCN(国際自然保護連合)が主催する勉強会に参加してきました。 これは、2020年に向けた日本の役割を考えるもので、テーマを分け、数回にわたり開催されています。 突然ですが、皆さんは銀行の役割について考えたことはありますか? おそらく自分のお金を預かってくれるところ、という答えが真っ先に出てくるかと思いますが、実は環境保全を進める上でも大きな役割を...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ