【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

松岡の記事一覧

広報の松岡です。 先日、東京の麻布にある西町インターナショナルスクールで開催された、フリーマーケットのお手伝いに行ってきました! このフリーマーケットでは、森林の保全と持続可能な利用をテーマにした「WWFジャパン森林絵本コンテスト」の参加校である西町インターナショナルスクールの子どもたちと、コミュニティーサービスコミティー(PTA)の親御さん、担任の先生方...続きを読む

カテゴリ: 松岡

広報の松岡です。東京の千歳烏山に5月20日にオープンしたばかりの、日本初のMSC・ASC提供レストラン「BLUESEAFOOD」へ食事に行ってきました! MSC・ASCとは、海の環境や地域の暮らしに配慮して生産された水産物に与えられる、国際的な認証エコラベルで、MSCは「漁業」の認証、ASCが「養殖」の認証です。 日本でも、スーパーなどでの販売は少しずつ普...続きを読む

カテゴリ: 松岡

こんにちは、広報の松岡です。 WWFオーストラリアから、ショッキングな映像が飛び込んできました。 写っているのは、澄んだ青い海の中で、降り注ぐ太陽光をキラキラさせながら、真っ白なサンゴの上を泳ぐ綺麗な魚の群れ。 目下、夏の南半球、オーストラリアの海の情景です。 一見綺麗に見えてしまうかもしれないこの映像が伝えているのは、深刻な「サンゴの危機」。 白化したサン...続きを読む

カテゴリ: 松岡

こんにちは、広報の松岡です。 地球温暖化の防止を願って世界中の同じ日、同じ時間に消灯するWWFのキャンペーン、「アースアワー」。3月25日(土)の開催日まで、 いよいよあと6日。 「日本オリジナル版」の動画が、ついに完成しました! アースアワーの紹介動画は、これまで毎年スイスにあるWWFの本部が制作したものを翻訳して日本語字幕を付けていたのですが、日本のオ...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , 松岡

こんにちは、広報の松岡です。 みなさん、「能楽」を観たことはありますか? 能楽は、笛、小鼓、大鼓、太鼓のお囃子に合わせ、謡や舞でストーリーを表現する、日本の伝統芸能。シンプルながらも華やかで力強く、雄大な音楽、謡や舞には、日本の美学がギュッと詰まっているように感じます。 そんな能楽の笛演奏家である、一噌幸弘さんによるチャリティーコンサートが、3月24日(金...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , 松岡

こんにちは、広報の松岡です。 春が近づいてきたとはいえ、まだ寒さの厳しいこんな時期には、ぬくぬく暖かな暖房機器が欠かせませんね。 一日を通して考えてみても、暖房、照明の点灯、そして消灯と、私たちが何気なく使用する電気の量は、時間帯や天気、また季節により刻々と変動しています。 しかし発電所の電気は基本的に貯めておけないので、電力会社は必要な電力の量に応じて予...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 松岡

今年1年を振り返って

2016年12月31日

いよいよ今年も、今日で終わり。いろいろな出来事のあった一年でしたが、皆さんにとって一番心に残ったニュースは、何だったでしょうか。 私が仕事で印象的だったのは、モロッコのマラケシュで開かれた国連の気候変動会議「COP22」です。 温暖化の防止に向けた新しい世界の約束「パリ協定」を、形にしてゆく大切なこの会議では、各国から集まったWWFのスタッフたちも大奮闘。...続きを読む

カテゴリ: 松岡

こんにちは、広報の松岡です。11月に始まった、海の環境や水産資源に配慮した「持続可能な水産業」を志す企業家を支援する「Oceanチャレンジプログラム」の取材現場に来ています! 雑誌社の取材を受けているのは、今回WWFジャパンと共同でこのプログラムを実施する、Impact Hub Tokyo代表の槌屋詩野さん。 社会課題の解決を目指す起業家の育成プログラムを...続きを読む

カテゴリ: 松岡

広報の松岡です。秋も中盤、すっかり肌寒い東京のWWFオフィスで、連日モロッコから届く写真の真っ青な空と明るい太陽に目を細めています。 今、モロッコのマラケシュでは、国連の気候変動会議「COP22」が開催中。 しかも今回は、温暖化防止のための世界の新しい約束「パリ協定」の発効後、初めてとなる締約国会合も、同時に開催されています。 パリ協定の目標でもある「世界...続きを読む

カテゴリ: COP22 , 松岡

広報の松岡です。 先日、IUCN(国際自然保護連合)主催の、2020年に向けた連続勉強会に参加してきました。4回目の今回、テーマは「生物多様性」でした。 「生物多様性」とは、地球のすべての生命のつながりのこと。目に見えない小さな菌類から、草花や樹木、昆虫、鳥や魚、動物、ヒトも含めて、さまざまな命が複雑に関わり合って、生態系のバランスが保たれていることを表...続きを読む

カテゴリ: 松岡

先日、FSCジャパン主催のセミナーへ参加してきました! テーマは、「国際森林認証FSCと地方創生」。 FSC(R)は、森の環境や野生生物、地域社会などに配慮して生産された、木材や紙の認証制度。 私たちも、世界各地で森林を保全する手段の一つとして、このFSC(R)認証の普及をめざしてきました。 展示されていたFSC(R)認証材の製品。 この認証制度を使った「...続きを読む

カテゴリ: 松岡

先日、ボルネオ島のインドネシア領、西カリマンタン州の森へ行ってきました。 そこは、企業が木材の生産を目的とした森の伐採権を持つ場所。 ですが今回訪れたその森は、どこを見渡しても高い木がビッシリと生え、一見とても伐採している森には見えません。 保護すべき木を残し、定められた太さに育った木だけを伐る「択伐」を行なっているため、木材の生産を続けながらも、森...続きを読む

カテゴリ: 松岡

今日8月11日は、山の日! 国民の休日として施行してから、初めての休日ですね。 この山の日が制定された目的は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことだそう。 そんな日にちなみ、WWFインドネシアの取り組みに協力している映像クリエイターの方が今年制作した、「山を守る者」という動画をご紹介します! インドネシア語音声、英語字幕ですが、映像を見ているだ...続きを読む

カテゴリ: 松岡

今日7月29日は、何の日でしょう! 世界的に絶滅が心配されている、ある動物の保護をよびかける日です。 そんな日にご紹介したい動画の題名は、「I Am Not a Rug:わたしは絨毯ではない」 ヒントは、動画中に出てくるメッセージです。 「過去100年間で、97%が殺されました」 「毛皮や骨をとるために、殺されました」 答えは、こちらの動画から。 薄暗い部...続きを読む

カテゴリ: 松岡 , 生きもの小ネタ

先日、IUCN(国際自然保護連合)主催の勉強会に参加して来ました。 この勉強会の目的は、大きな節目である2020年を前に、自然保護の歴史を振り返ろうというもの。 省庁、企業、団体などさまざまな立場の意見を伺うことができました。 特に印象深かったのは、そうした活動の中で「やっとNGOがモノを言える時代になってきた」ということです。 一度日本で絶滅し、野生への...続きを読む

カテゴリ: 松岡

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ