ご支援のお願い 野生ネコの王国

山本(亜)の記事一覧

スタッフブログでも何度もご紹介をしている世界各地を午後8時30分から9時30分までの1時間の消灯リレーでつなぐEARTH HOURがいよいよ明日となりました! 全世界で実施をされるこのEARTH HOURの消灯リレーは、日付変更線に近い南太平洋諸国から始まり、現地時間の20時30分を迎えた地域から順次消灯を行います。つまり、時差の関係から東から順に消灯リレ...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

WWFが主体となり開催をしている世界各地を消灯のリレーで繋ぐソーシャルグッドプロジェクトEARTH HOURがいよいよ来週の3月24日(土)となり、WWF事務所での準備の大詰めをむかえています。 WWFジャパンはEARTH HOURの日に東京、横浜、広島で主催イベントを開催します。今日はその1つ、今年初めてEARTH HOURの消灯に参加する東京スカイツリー...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

今日、3月5日は「サンゴの日」。 いのち豊かな海の自然であるサンゴ礁の大切さを思い、その保全を訴えるために、WWFが1996年から提唱してきた記念日です。 とりわけ、沖縄や奄美地方につらなる南西諸島のサンゴ礁は、私たちが長年その保全を目指してきた大切なフィールド。 今も、多くのサポーターの皆さんのご支援で設立された石垣島のサンゴ礁保護研究センター「しらほサ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 山本(亜)

こんにちは、広報担当の山本です。 WWFが主体となり開催をしている2007年から世界各地を消灯のリレーで繋ぐソーシャルグッドプロジェクトEARTH HOURは、毎年多くの著名な方々を親善大使として就任頂き、応援を頂いています。 日本でもこれまでにEARTH HOURの主旨にご賛同いただいた多くの著名人の方々をEARTH HOURサポーターズ(親善大使)とし...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

今年も「EARTH HOUR(アースアワー)」の時期がやってきました! EARTH HOURは、毎年3月末に世界中の人々が「地球温暖化を止めたい」「地球環境を守りたい」という想いを込め、同じ日・同じ時刻に電気を消して、消灯のバトンをつなぐソーシャルグッドプロジェクトです。 2007年にオーストラリアで地球温暖化防止キャンペーンの一環として始まり、2017年...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

言わずもがなかもしれませんが、今を時めく白黒の「あの子」といえば... 6月12日に上野動物園で誕生した、ジャイアントパンダのシャンシャン(香香)です! 10日毎に公開される成長動画での愛らしい姿や仕草に、心を奪われた方も多いのではないでしょうか? 実はこのたび、まことに光栄なことに一般公開に先立ち12月18日に開催された「シャンシャンの公開を祝う会」の招...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜) , 生きもの小ネタ

こんにちは、広報担当の山本です。 6月にスタートした「WITHスタンプ」キャンペーン、みなさまはもうお試しいただけたでしょうか? WITHスタンプとは、自分の名字の漢字に、絶滅危惧種の動物シルエットが入った自分だけのハンコ(スタンプ)を通じて、野生生物や自然環境の保護活動を支援する取り組みです。 専用ページから自分の「姓」を入力するだけで、あなただけの「W...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 山本(亜)

その名前のとおり灰色がかった白く美しい毛皮を持ち、ヒマラヤから中央アジアにかけて連なる山岳地帯に生息するユキヒョウは、世界で最も高地に生息するネコ科の野生動物です。 昨日、10月23日は、キルギス共和国の首都ビシュケクで「世界ユキヒョウ保護フォーラム」が開催されてから1年を迎えた 2014年の同日に「世界ユキヒョウの日」として定められました。 ユキヒョウの...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

南極から非常にショッキングなニュースが飛び込んできました。 南極大陸に生息するアデリーペンギンのとある1つのコロニー(集団繁殖地)で、ヒナが大量に餓死し、わずか2羽のヒナしか残されていないということが分かりました。 アデリーペンギンは南極大陸に生息する4種のペンギンのうちの1種で、体長は最大75cm、体重は3.7~5.0kgほど。 ヒナの死骸を捕食するオオ...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

こんにちは、広報担当の山本です。 自分の名字の漢字に絶滅危惧種の動物シルエットが入る「WITHスタンプ」キャンペーンが6月末に始まってから、早いことでもう3カ月が経ちました。 絶滅のおそれのある動物の姿を名前の中に入れることで、動物たちの現状に目を向けてもらうというコンセプトが広く共感を得られ、これまでに150を超えるメディアにも取り上げられたり、また多く...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 山本(亜)

先日、南米のアマゾン川流域に生息する固有種アマゾンマナティーの野生復帰のお話しを海洋生物学者の菊池夢美さんより聞く機会がありましたので少しご紹介をさせて頂きます。 アマゾンマナティーは、淡水に生息する草食の大型水棲哺乳類で、ブラジル、コロンビア、ペルー、エクアドルに生息し、IUCNのレッドリストで危急種(VU)に指定されています。 ...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

「ロシアのアマゾン」とも呼ばれる世界屈指の豊かさを誇る極東ロシアの森。 ここにまた1頭、野生復帰の訓練を受けたシベリアトラが、森へ帰ったという知らせが届きました。 フィリッパ(Filippa)と名付けられた、メスのシベリアトラです。 沿海地方、ヒョウの森国立公園からほど近いフィリッポフカ村で、国立公園のスタッフが野犬に襲われそうになっていた仔トラを発見したの...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

北極海に生息する小型ハクジラ類のイッカク。 「海のユニコーン」とも呼ばれるこの動物の、大変珍しい行動を初めてカメラがとらえました! イッカクの特徴である、雄が持つ頭部から突き出た平均2メートルにもなる螺旋状の牙。の牙の役割はこれまで、氷に穴を開けるため、エコロケーション、感覚器など諸説あり謎に包まれていました。 しかし、その一端を明らかにする行動を、WWF...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜) , 生きもの小ネタ

WWFロシアの事務局から大変ショッキングなお知らせが届きました。 スタッフブログなどでも度々ご報告しておりました、シベリアトラの「ウポニー」が死んだ、という知らせでした。 「ウポニー」は、2014年の冬に極東ロシアで人里に現れて捕獲され、野生復帰のリハビリを経て翌年5月に自然の森に帰ったオスのシベリアトラです。 その後も、発信器つきの首輪から送られてくるG...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜) , 生きもの小ネタ

世界規模で開催されるソーシャルグッドプロジェクト「EARTH HOUR」が、いよいよ今週末に迫ってきました。 WWFジャパンでは、3月25日(土)のアースアワーの日に、横浜市のJR桜木町駅前広場にてWWFジャパン主催イベント『EARTH HOUR 2017 in Yokohama』を開催します。事務所での準備も大詰めをむかえています。 さて、例年多くの協賛・...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ