ご支援のお願い 野生ネコの王国

権田の記事一覧

自然保護室の権田です。 3月7日、全国で34番目となる国立公園、奄美群島国立公園が新設されました。 この国立公園は、奄美大島、喜界島、徳之島などの島々と周辺海域を含む、7万5,263ヘクタールの面積を誇る、日本屈指の保護区です。 昨年、沖縄本島北部の亜熱帯林を指定した「やんばる国立公園」に続く今回の国立公園の新設は、沖縄から鹿児島県にかけて広がる南西諸島の...続きを読む

カテゴリ: 権田

沖縄や奄美、八重山などの島々が浮かぶ南西諸島。 ここでは今、ユネスコの世界自然遺産の登録に向けて、国立公園の新設や拡充整備が進められています。 今年9月には、沖縄島北部で「やんばる国立公園」が誕生。 続いて、奄美大島とその周辺の離島を国立公園に指定する計画も開示されました。 そこで先日、この計画に対する意見(パブリックコメント)を提出しました。 ...続きを読む

カテゴリ: 権田

先日、環境省が、奄美群島の島々を国立公園に指定すると発表しました。 国が、この地域の生物相やそれが織りなす景観の重要性を認め、保全する方針を明らかにしたのは、歓迎すべきことです。 奄美群島とは、奄美大島から、沖縄本島が望める与論島までの島々を含む地域で、今回の公園指定には、そのうち奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の陸域と一部海域が含まれる見込み...続きを読む

カテゴリ: 権田

沖縄島北部の亜熱帯の森「やんばる(山原)」で今日、新しい国立公園が誕生しました。 広さは、山林を含む1万3,622ヘクタールの陸域と、3,670ヘクタールの海域、合わせて2万7,000ヘクタールあまり。 ノグチゲラやヤンバルクイナ、オキナワトゲネズミなど、世界でここにしか生息していない動物たちのすみかである貴重な自然を守り、後世に伝える取り組みが、一歩進ん...続きを読む

カテゴリ: 権田

沖縄の石垣島より、サンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」の権田です。 先月、環境省が「やんばる国立公園」の策定計画について、一般に向けた意見募集(パブリックコメント)を行ないました。 「やんばる(山原)」とは、亜熱帯の森が広がる沖縄島北部を示す地域で、この計画では特に、東、大宜味、国頭の3村にまたがる地域が国立公園の対象地となっています。 その面積は1...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

やんばるの森 沖縄島の北部に広がる亜熱帯の森「やんばる(山原)」。 この森には、ノグチゲラやヤンバルクイナなど、世界でここにだけ生息する希少な野生動物が息づいています。 その中の1種、オキナワトゲネズミが、先日「国内希少野生動植物種」に指定されました。 国内希少野生動植物種とは、「種の保存法」で保護が義務付けられる動植物で、すでにイリオモテヤマネコやコウノ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田 , 生きもの小ネタ

あけましておめでとうございます。自然保護室の権田です。 昨年開かれた国連の気候変動会議「COP21」にて、「パリ協定」が締結されました。これからの地球温暖化防止に向けた、世界の新しい約束です。 こうした話題が大きく注目されることからもうかがわれる通り、近年、温暖化は地球規模の深刻な問題になってきました。 その影響の一つには、海の熱帯林と言われるサンゴ礁への...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

やんばるの森 自然保護室の権田です。マングローブの森やサンゴの海を脅かす「赤土」の流出を防止するため、私たちが地域の方々と共に取り組んでいる沖縄本島北部の「やんばる(山原)」で、先日、地元の高校生たちと活動する機会がありました。 ご一緒したのは、この地域にある唯一の高校、大宜味村の辺土名(へんとな)高校の皆さんです。 この高校は、全国でも珍しく、地元の自然...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

先週、沖縄の大宜味村に行ってきました。大宜味村は隣接する東村ともども、沖縄が誇る亜熱帯の森「やんばる」の南部に位置する自治体で、森と海、両方の自然に恵まれた場所です。 ここで今、私たちは地域の関係者の皆さんと共に、「赤土」の海への流出を防ぐ、新たなプロジェクトを進めています。 赤土とは、この地方特有の粒子の細かい赤茶色の土のこと。雨が降ると農地などから川へ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

赤土は悪者?宝物?

2014年12月12日

沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の権田です。 沖縄島北部の大宜味村に行ってきました。ここは、「やんばる(山原)」の名で知られる、亜熱帯の森が広がっている地域です。 「やんばる」は、ヤンバルクイナで有名な場所ですが、沿岸の自然にも素晴らしい景観が数多くあります。 たとえば、東村の慶佐次川河口域のマングローブ林は国の天然記念物に指定されており、また大宜味村の...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 権田

自然保護室の権田です。 昨日、沖縄県名護市辺野古での米軍基地建設問題に取り組んでいる、沖縄・生物多様性市民ネットワークの皆さんと共に、沖縄防衛局を訪問し、要望書を提出しました。 現在、沖縄県知事による沿岸の埋め立て工事の承認をうけ、工事業者の選定が進められていますが、これまでに実施された環境影響評価(アセスメント)の結果や関連する情報、さらに環境保全のため...続きを読む

カテゴリ: 権田

自然保護室の権田です。昨年9月まで展開していた、沖縄の「久米島応援プロジェクト」の続報です。 この久米島応援プロジェクトでは、サンゴ礁をはじめとする、島の沿岸の生態系に影響を及ぼす赤土の流出問題に取り組んできました。 そして今回、プロジェクトの終了を受け、事後調査として全島民の方(!)を対象に、島の自然に対する意識の変化について、アンケート調査を実施しまし...続きを読む

カテゴリ: 権田

自然保護室の権田です。 さまざまな分野の研究者の方々、そして地元の人たちと共に取り組んできた、「久米島プロジェクト」が、いよいよ3年の満期を迎えました。 これを機に、先週、沖縄県の久米島にてプロジェクトの最終報告会を行ないました。 地元のさまざまな方にご協力いただいてきたことへの感謝の意味を含め、9月26日にはプロジェクトを実施してきた儀間の集落の久米島小学...続きを読む

カテゴリ: 権田

自然保護室の権田です。 この9月で、沖縄の久米島で取り組んできた「久米島応援プロジェクト」がひと段落を迎えました。 島の自然と豊かなサンゴ礁を含めた海の自然を、地域主体で保全してゆくためスタートしたこのプロジェクトは、2009年10月より今月までの3年の活動として展開。今後、活動全体の経緯や、達成されたことの取りまとめに入る予定です。 これに際して先日、プ...続きを読む

カテゴリ: スタッフ , 権田

自然保護室の権田です。 今、私が沖縄の久米島での取り組みとして携わっている、「久米島応援プロジェクト」からの報告です。このプロジェクトでは、陸上から流れ出す赤土が、島のサンゴ礁の海や、川の自然に及ぼしている悪影響を減らす取り組みを推進しています。その一環として、地元の子どもたちが、身の回りの自然に親しみ、大切にする気持ちをはぐくむよう、久米島小学校での環境教...続きを読む

カテゴリ: 権田

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ