【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

岡安の記事一覧

自然保護室の岡安です。 アフリカ、コンゴ盆地に広がる「サンガ多国間ランドスケープ」で、双子のゴリラの赤ちゃん誕生の明るい話題が届きました。 サンガ多国間ランドスケープは3か国にまたがる保全地域で、WWFジャパンが支援してきたカメルーンのロベケ国立公園のほか、中央アフリカ共和国、コンゴ共和国それぞれの国立公園が集中したエリアです。 この1月に、双子が確認され...続きを読む

カテゴリ: 岡安 , 生きもの小ネタ

自然保護室の岡安です。WWFジャパンの名誉総裁でもある秋篠宮殿下が総裁をつとめられ、有数の鳥類標本のコレクションを誇る「山階鳥類研究所」。 その理事である島津久永さんが長年、WWFジャパンの副会長をつとめられていたご縁で、私も12年前に入局した当時、我孫子市にある研究所にお邪魔して、トキの貴重な標本を見せていただいたことを憶えています。 山階鳥研と聞いてま...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , 岡安

自然保護室の岡安です。 先月、TraMCA(国境を越えたマナス保護地域)の両生・爬虫類調査に同行し、ブータン南部の3ヵ所の保護区を回ってきました。 4月27日から、最後の調査地、TraMCAの西端にあるフィブソ(Phibsoo)野生生物保護区を訪問。 フィブソもTraMCA内の他の保護区と同様、国境を接するインド・アッサム州の政情不安に影響を受け、1990...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。 先月、WWFジャパンが活動を支援しているブータン南部の「国境を越えたマナス保護地域(Transboundary Manas Conservation Area;TraMCA)」に行ってきました。 WWFジャパンの自然保護委員である太田英利教授(兵庫県立大学)に同行し、生物多様性調査の一環として、この地域に分布する両生・爬虫類の同定と...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。 ブータンにあるロイヤル・マナス国立公園から、ウンピョウの映像が届きました! アジアの奥深い森に生息するウンピョウ。 その名の由来にもなった、美しい雲形の斑紋が見られる毛皮が特徴です。 もっぱら樹上生活をし、狩りも樹上か、あるいは上から狙って飛びかかるそう。 雲のヒョウ、"雲豹" その獲物は小動物だけでなく、時にはシカやイノシシなど、...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。 2月中旬から、再び中部アフリカのカメルーンにあるロベケ国立公園に来ています。 今回の目的は、私たちが日本からの支援を実質的に開始して1年余りが経過した、現地プロジェクトの状況を確かめること。 ロベケは国立公園ですから、保全に直接かかわるのは、政府の役人である管理事務所のレンジャーたちですが、WWFジャパンでは、過酷な現場で密猟者の取...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。中部アフリカのカメルーン、ロベケ国立公園の、ジェンベ基地へ行ってきました。 ここでのエコツーリズムを盛り立てるため、人に馴らすことが可能なゴリラのグループがいるかどうか、昨年秋に行なわれた調査の結果を検証するためです。 ジェンベ基地は国立公園の南東端、コンゴ共和国を対岸に臨むサンガ川沿いに位置し、周辺の森は、イチジクや野生マンゴーなど...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。 WWFジャパンが支援する、カメルーン南東部のロベケ国立公園。 ここは中央アフリカ共和国のザンガ・サンガ保護地域、コンゴ共和国のヌアバレ・ンドキ国立公園とともに、世界自然遺産に登録された貴重な野生動物の宝庫です。 中でも、今、WWFが注目しているのが、ゴリラの生息密度の高さ。お隣のザンガ・サンガ保護地域では20年来、ゴリラの人づけが行...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 岡安

自然保護室の岡安です。 2011年4月から2012年9月まで、自然エネルギーで被災地を支援しようと行われた、東日本大震災「つながり・ぬくもりプロジェクト」。WWFジャパンでも、「暮らしと自然の復興プロジェクト」の一環として、幹事団体に参加し、被災地に太陽光発電設備や太陽熱温水器をお届けしました。 これは、「自然エネルギーを基盤とする持続可能な社会づくり」を...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 岡安 , 震災関連

自然保護室の岡安です。3月のクーデターの後、政情不安が続いた中央アフリカ共和国から、また心配な情報が入りました。 12月6日に、首都のバンギで、キリスト教系住民の自警団とSELEKA(クーデターをバックアップした民兵団)のあいだで銃撃戦が起き、とうとうアフリカ主導中央アフリカ国際支援ミッション(MISCA)とフランス軍が派遣される事態に発展したというのです...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。11月終わりに2週間ほど、ブータン南部のTraMCA(国境を越えたマナス保護地域)に行ってきました。南部は緯度も標高も低いおかげで、この時期は気温が23度前後と、もっとも過ごしやすい季節になります。 ただ、夏の雨季が終わってしばらく経つので、森は乾ききっていました。冬の日本のようなどこまでも抜ける青空が広がり、木々も葉っぱが干からびか...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。ヒマラヤ山麓の国ブータンの南部にあるTraMCA(国境を越えたマナス保護地域構想)に行ってきました。 7月に訪れたときに、「マナスまでは危なくて行けない」と止められたのが、今になってなるほどと納得できる、厳しい夏の豪雨のダメージが残っていました。急峻な斜面は至る所で崩落、ガードポスト(レンジャーの詰所)への道も寸断されています。 そん...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。10月のほとんどを、コンゴ民主共和国(DRC)で過ごしました。 6月に訪問したボノボの保護プロジェクトが予想以上に面白く、「日本の大学が長期調査に興味持たないか?」というWWFベルギーからの問いか けに、京大の同僚を誘っての再訪でした。 幸い、人づけの進んだグループがそこそこ観察でき、今後に向けた手ごたえをつかむことができました。 と...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。 昨年から通いはじめたカメルーンから、悲しいニュースが飛び込んできました。 首都ヤウンデのWWFカメルーン事務所で、南東部にあるWWFロベケのプロジェクトへ行くための、車の手配を担当してくれていたNoah Noahさんが、10月30日夕刻に亡くなったというのです。 長患いの後、息を引き取ったということですが、今年5月末にヤウンデで開催...続きを読む

カテゴリ: 岡安

自然保護室の岡安です。9月中旬の3連休、台風18号が日本列島を縦断する真っただ中に、東日本大震災「暮らしと自然の復興プロジェクト」でご縁があった、宮城県南三陸町の戸倉地区に遊びに行ってきました。 私が担当していた「つながり・ぬくもりプロジェクト」では、自然エネルギー活用を推進する団体が集まり、震災直後の2011年4月から、失われた電気とお湯を被災各地へ届け...続きを読む

カテゴリ: 岡安

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ