【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

真夏の夜の動物園から、野生のゾウに思いを馳せて

2017年8月19日|伊藤

先週の8月12日は世界中でゾウの保護を呼びかける「世界ゾウの日」でした。

この日の夜、東京の恩賜上野動物園で、アジアゾウの飼育係さんとWWFジャパンのスタッフによるトークイベントが実施されました。

動物園と、自然保護のフィールド、異なる2つの現場でゾウに関わる二人の熱い話が進むにつれて、聞いている皆さんの眼差しも、どんどん真剣になってゆきます。

中でも、日本での日常生活と、野生のゾウとの深い関係が話題に上がりました。

涼しくなってきた夕暮れの藤棚の下、約200人もの人々が集まりました

インドネシアのスマトラ島では、人の住む村や畑にスマトラゾウが出没し、殺されてしまう問題が起きています。

一番の原因は、普段何気なく使用している紙の原料となるアカシアや、パーム油を採るためのアブラヤシを植えるため、ゾウのすみかである森が失われていること。

パーム油は世界で一番使われている植物油。

私たちの暮らしの中でも、食品をはじめ洗剤や化粧品など、パーム油に由来する製品がたくさんあります。

スマトラゾウと現地の子どもたち

そして知らない間に、森を破壊する形で生産された製品を手にしていることがあるのです。

私たちとゾウが共に歩んでゆくためには、どうしたらいいのでしょうか?という問いが残ります。

そこで、紙やパーム油を使わない!という選択肢を選ばなくても、森を守りながら作られた製品につくエコラベルを選ぶことで、ゾウの保護に貢献できることが紹介されました。

森を守るエコラベル。FSC®は紙製品や木材製品、RSPOはパーム油を含む製品に付されます。もし見つからないときは、お店やメーカーに聞いてみることも、私たちにできる大切なアクションです。

他にも、WWFのスタッフが現場に携わる中で、ゾウの死に直面したエピソードや、アジアゾウの飼育を担当して10年目になる飼育係さんが持つゾウを守りたいという強い思いが、心に響く瞬間がたくさんありました。

ゾウを守るため、日本の私たちにできることを皆で考える夜となりました。

左から今回のトークイベントに出演した恩賜上野動物園アジアゾウ飼育係の三塚さん、教育普及係の高橋さん、WWFジャパンで森林保全を担当するの川江

関連情報

カテゴリ: 伊藤 , 生きもの小ネタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前後記事へのリンク


コメントする

最新のブログ記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ