【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

アマゾンマナティーの野生復帰プロジェクト

2017年7月13日|山本(亜)

先日、南米のアマゾン川流域に生息する固有種アマゾンマナティーの野生復帰のお話しを海洋生物学者の菊池夢美さんより聞く機会がありましたので少しご紹介をさせて頂きます。

アマゾンマナティーは、淡水に生息する草食の大型水棲哺乳類で、ブラジル、コロンビア、ペルー、エクアドルに生息し、IUCNのレッドリストで危急種(VU)に指定されています。

かつて、マナティーはその丈夫な皮膚を工業用ベルトコンベアなどの部品として利用するため乱獲され、大きく数を減らしてしまいました。

そして、今も食肉目的の密猟が続き、密猟者の間で特に美味しいと言われている仔を連れた母親マナティーばかりが狙われるのだそうです。

お話しをしてくれたのは、京都大学野生動物研究センター研究員の菊池夢美さん。絶滅が危惧されているアマゾンマナティーを対象に、保護、飼育個体の野生への適応を評価し、その確立を目指すご研究をされています。2014年からは、JICA/JST SATREPSプロジェクトが開始し、京都大学とブラジルの国立アマゾン研究所が協力をしています。

菊池さんは密猟によって親を失った仔マナティーや、負傷したマナティーを保護し、再び野生へ帰すプロジェクトを2009年から参加してきました。

保護されたマナティーは、飼育下で健康を取り戻した後、人工の湖で自力で餌を食べることなどの野生で生きていくための力をつけます。このような3~5年にわたる段階的な訓練で、9頭のマナティーが野生へ帰っていきました。

放流後は、体に装着された小型の記録計(データロガー)や、地域の漁師の協力によって追跡調査が行なわれ、健康状態や野生に適応しているのかどうかが観察されます。

アマゾンマナティーの授乳期間はおよそ3年と言われています。

吸盤でマナティーの体に装着する小型の記録計(データロガー)はなんと菊池さんの手作り!吸盤の密着度(!)の比較など何度も試行を重ねた上で今の形になったそうです。

野生で生き延びたから成功なのか、子孫を残したら成功なのか、一度人と接触があった動物の野生復帰は何をもって「成功」なのか、その定義は非常に難しいと菊池さんは言います。

お話しを聞き、抱えている問題や課題、地域の人々との連携など、保全の現場には、動物の種をこえた共通点があるということを改めて実感した機会となりました。 

アマゾンマナティーが野生に帰る瞬間です!

関連リンク

関連サイト

カテゴリ: 山本(亜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前後記事へのリンク


コメントする

最新のブログ記事

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ