【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

2015年2月の一覧

昨日、IOC=国際オリンピック委員会によって、2020年に予定されている東京オリンピックの、3つの競技会場の変更が承認されました。 その中に、葛西臨海公園に建設が予定されていた、カヌー競技場も含まれていました! このカヌー競技場建設予定地は、20年以上かけて自然の再生が行なわれてきた場所で、今は野鳥やトンボ、カエルなどの水生生物がたくさん暮らす環境になって...続きを読む

カテゴリ: オリンピック関連 , 佐久間

3月3日は何の日?

2015年2月26日

3月3日は、いわずと知れた「桃の節句」ですが、「耳の日」(日本耳鼻咽喉科学会が1956年に制定)、金魚の日(日本観賞魚振興会が1990年に制定)、サムギョプサルの日(2003年に韓国の畜産組合が制定)など、実は他にもいろいろあるようです。 そこにもうひとつ、「世界野生生物の日」というのが加わりました。決まったのは2013年12月、決めたのはなんと国連(国際...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , トラフィック , 佐久間

こんにちは、広報の佐久間です。 地球温暖化の影響で海に沈みかけている、小さな島国の話を耳にしたことがある方も多いと思います。 だんだん海面が高くなる、「海面上昇」が原因と考えられていますが、ではなぜ、海面が高くなるのかご存知でしょうか。 原因の一つは、海水が暖まることによって膨張することです。水は、温度が上がると膨らむ性質がありますから、温暖化によって海水...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , 佐久間

自然保護室の川江です。 今月1日から15日にかけて、極東ロシアでは10年に一度の大規模なシベリアトラ(アムールトラ)の調査が行なわれました。 対象となった地域は、沿海地方南部からハバロフスク地方、さらにアムール州などを含めた、北海道の倍近くに匹敵する広大なエリアです。 ここで2,000名を超える調査員が、足跡をはじめとするトラの痕跡を追って、道なき雪山、森...続きを読む

カテゴリ: 川江

広報の佐久間です。 日本から24時間以上飛行機を乗り継いで、夏真っ盛りの南米チリの南部沿岸域に来ています。 ここは、WWFサポーターの皆さまをはじめ、日本からの支援によって、海洋生態系の保全活動が進められている場所。 「パタゴニア」と呼ばれる地域の北端にあたり、ペンギンやトド、ウミカワウソ、イルカ、クジラなど、さまざまな生きものが暮らしています。 同時に、...続きを読む

カテゴリ: チリ , 佐久間

パンダショップの池田です。 日頃のご愛顧に感謝して、パンダショップではいま、「WWFポストカードプレゼント企画」を行っています! 5,000円以上お買い上げの方に、もれなく、野生生物や自然の風景などをモチーフとしたポストカード3枚セットを差し上げます。 大人気のパンダはもちろん、凛とした表情のネコ科の動物たち、じゃれ合うアビシニアジャッカルなどなど、貴重な...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 池田

先日、東京で開催された「全国高校生エコ・アクション・プロジェクト」の全国大会に行ってきました。 これはさまざまなエコ活動を行なっている、全国の高校生が応募し、その優れた取り組みを表彰する企画で、毎年、文化放送が主催しているものです。 今年の優秀賞に選ばれたのは、全部で18校。大会には、その学校の学生さんたちが各地から集まり、熱気に満ちた会場でのディスカッシ...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

自然保護室の川江です。先日、中国の汪清自然保護区から帰ってきて早々、国境を挟んだ極東ロシア側から大雪のニュースが届きました。 中国側は例年の並みの積雪量だったのですが、ロシア側では草食動物と、それを食物とするシベリアトラの生存を脅かすほどの積雪量だそうです。 極東ロシアのハバロフスク地方と沿海地方南部では、2014年11~12月に大雪が降り、特に12月上旬...続きを読む

カテゴリ: 川江

こんにちは、広報室の山本です。今年の「アースアワー」まであと1カ月半ほどとなりました! 「アースアワー」は毎年3月の最終土曜日に行われます。夜8時30分から1時間、電気を消すアクションを通じて、世界中の人たちと「地球温暖化を止めたい」「地球の環境を守りたい」という思いをわかちあう環境イベントです。 2007年にオーストラリアでスタートし、2014年にはなん...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

会議の開かれた国連の建物 温暖化・エネルギー担当の山岸です。 物価の高さに戦慄を覚えるスイスの今日この頃ですが、ここスイス・ジュネーブで、2月8日から開催されていた今年最初の国連気候変動会議が、13日、無事に閉幕しました。 非常に不思議な会議で、なんと報告してよいのやら正直難しいところです。 今回の会議は、国連気候変動会議の歴史では極めて珍しく、若干、前倒...続きを読む

カテゴリ: 山岸

中国吉林省の国立汪清自然保護区より、自然保護室の川江です。 先日、草食動物の個体密度調査に同行してきました。 これは、シカなどを主食とする、シベリアトラやアムールヒョウを保護する上で欠かせない、大事な生息環境の調査活動の一環です。 実は前日、初めての調査現場にワクワクしていたら、WWF中国の女性スタッフの方からこんなことを言われ、心配されてしまいました。 ...続きを読む

カテゴリ: 川江

広報室の大倉です。1月31日、奈良教育大学で、ESD(Education for Sustainable Development=持続可能な開発のための教育)に関する公開勉強会が開催されました。 奈良県内の学校教員や大学生、「奈良ESDコンソーシアム」の先生方が参加。WWFジャパンも講師に招かれ、エコロジカル・フットプリントのワークショップを開催しました。...続きを読む

カテゴリ: 大倉

自然保護室の川江です。今、中国吉林省の国立汪清自然保護区に来ています。 ここは、ロシアの「ヒョウの森国立公園」と国境を挟んで反対側に位置する中国側の保護区で、アムールヒョウやシベリアトラが、それぞれ20頭前後、生息していると推定されています。 ここでは、WWF中国がトラとヒョウの個体数回復に力を入れていますが、大きな課題の1つがトラやヒョウの食物となるシカ...続きを読む

カテゴリ: 川江

国土の半分以上が保護地域、という国があるのをご存知でしょうか。ヒマラヤ山脈の東部に位置するブータンです。 ブータンは九州ほどの面積を持つ、人口73万人ほどの国。 経済面のみに偏らない、国民の暮らしの豊かさを示す「国民総幸福度」で有名な国ですが、その幸福度を上げる要素のひとつとして自然環境が位置づけられ、自然保護の先進国としても、世界的にその素晴らしさが認め...続きを読む

カテゴリ: 増本

自然保護室の川江です。先日から何回かご報告してきました、シベリアトラの総個体数調査が、極東ロシアでいよいよ始まりました。 この調査は10年に一度の大規模なもので、今後の保護活動の方向性にも大きく影響する重要な取り組みになります。 その現場であるロシアから先日、シベリアトラ調査のためのハンドブックが送られてきました。 ハンドブックといっても、映像で作られたも...続きを読む

カテゴリ: 川江

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ