【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

2014年1月の一覧

風力や太陽光などの自然エネルギー。日本でも広がってきたとはいえ、まだまだ「刺身のツマ」程度にしか思われていない感がありますが、ヨーロッパやアメリカ、中国では、近年エネルギーの"堂々たる主役"として躍り出ています。 世界全体でも、自然エネルギーによる発電量は、すでに原発を越えました。(2012年、出典IEA)。 その中心的な役割を果たしているのが風力発電です...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

広報室の佐久間です。 「自然エネルギーを5つ挙げてください」と言われたら、何を挙げますか?太陽光、風力、それから・・・? 原子力発電への不安から、自然エネルギーへの関心は高まっていますが、正直なところ、「だからって、自然エネルギーもなんだか不安なんだよね・・・」と思っている人は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。 もちろん、すべてが理想的、なーん...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 佐久間

自然保護室の岡安です。 2011年4月から2012年9月まで、自然エネルギーで被災地を支援しようと行われた、東日本大震災「つながり・ぬくもりプロジェクト」。WWFジャパンでも、「暮らしと自然の復興プロジェクト」の一環として、幹事団体に参加し、被災地に太陽光発電設備や太陽熱温水器をお届けしました。 これは、「自然エネルギーを基盤とする持続可能な社会づくり」を...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 岡安 , 震災関連

沖縄の石垣島より「しらほサンゴ村」の鈴木です。先週、地元・白保のウミンチュ(海人:漁師さんのこと)さんから、偶然網にかかった若いアオウミガメを預かりました。お腹にちょっと傷があるものの、元気そうで一安心。翌日には、黒島にあるウミガメ研究所の方に来ていただき、甲羅と体重の測定、タグ付けをしてもらいました。ウミガメは陸ガメのように甲羅に閉じこもることはありませ...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

以前から減少が心配されていたのですが、先日、西アフリカに生息するライオンの絶滅の危機が、さらに増しているという発表がありました。 西アフリカとイギリス、カナダ、アメリカなどの科学者による調査チームが、6年にわたる調査の結果をまとめたものです。 調査が行なわれたのは、過去20年間にライオンが生息していたとみられる、西アフリカの11の国。しかしその結果は、ナイ...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

あこがれの海で

2014年1月 9日

こんにちは、沖縄県石垣島の「しらほサンゴ村」でインターンをしている高正です。京都大学大学院・地球環境学舎の修士一回生として、環境科学を学んでいます。 私は中国の安徽省出身で、故郷に海がないので、ずっと海に憧れてきました。 サンゴ礁の保護に関心を持ち、「しらほサンゴ村」で研修を受けることにした理由は、サンゴがとても重要な生態系だから。そして、全世界のサンゴの...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , イベント情報! , ボランティア

パンダショップの佐多です。 2014年がいよいよ始まりました! お仕事も始まり、新しいスケジュール帳やカレンダーがさっそく活躍していることと思います。 が、「まだ良いのを探している...」 という方がいらっしゃいましたら、ぜひこちらを! 毎年人気のWWFダイアリーです。 PANDA SHOP:2014年WWFダイアリー WWFイギリスが制作して、日本に輸入...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

エネルギー・温暖化担当の山岸です。新年早々ですが、大事なお知らせです。 今日、「エネルギー基本計画」の原案に対するパブリックコメントの受付が〆切られます。 エネルギー基本計画は、震災・原発事故以後の、日本のエネルギー政策の基本方針を決めるもので、この年明けには、最終案が政府でまとまる見通しです。 パブリックコメントは、この案に対して、国民が意見を述べること...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

大変なパンダの動画

2014年1月 4日

こんにちは、広報の増本です かわいいパンダが動物園などでコロコロしている動画はよく目にしますが、これはどうだ!というのが来ました。WWFアメリカの動画なのですが、これを見た東京のスタッフは、そのかわいさに全員悶絶。16秒あたりがもうたまりません。ご覧いただければわかりますが、ここに登場するのは、純然たる野生のジャイアントパンダ。場所も険しそうな森の中です。...続きを読む

カテゴリ: 増本 , 生きもの小ネタ

皆さまあけましておめでとうございます。今年の干支はウマ。ということで、馬の話を少し。ウマは私たち人間にとってきわめて身近な動物の一種です。 競馬の文化はそれこそ世界中に古くからあるし、農業や輸送でも馬は力強い相棒として頼られてきました。 モンゴルはその背に乗って一大帝国を築き上げ、ミシシッピー川のほとりで暮らしていたインディアンが、それまでの農耕生活から大...続きを読む

カテゴリ: 三間 , 生きもの小ネタ

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ