【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

2013年7月の一覧

パンダショップの佐多です。日差しが強くなってきました。日焼けや紫外線によるお肌や髪のダメージ!気になりますね。 今日は私たちパンダショップのアイテムを使ったおすすめケアの方法をご紹介します。 まずは、紫外線を浴びて乾燥しがちなお肌のケアを3ステップで!   STEP1:「ガスール」で洗顔 汗ばんだ肌をスッキリ洗いながら、粘土でスキンケア。ガスールに含まれる...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 佐多

水産担当の新井秀子です。昨日7/25(木)、練馬区による消費者親子教室で、漁業と海の環境問題についてお話しました。 日本人の食生活に欠かせない魚介類ですが、漁業や養殖の過程で、実は海の自然環境や生態系に負荷を与えているということはあまり認識されていません。世界でとられている魚のおよそ3割が過剰漁獲、5割がこれ以上とったら危ないという状況。 消費者としても、...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 新井(秀)

こんにちは、広報の山本です。8月3日(土)4日(日)の二日間にわたり、東京の都心・代々木公園にて、海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバル『Ocean Peoples』が開かれます。 地球表面の約7割を占め、地球上の生物の80%がすむ海。その海が抱える環境問題をテーマに、WWFもブース出展いたします。 なんだか堅そうなテーマだと思われたかもしれませ...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

「百の眼」を持つ鳥

2013年7月24日

森の中で撮られた「目玉だらけ!」の、この写真。一瞬なにかと驚きますが、これ鳥の尾羽です。 正体はセイランというキジ科の鳥の一種。学名(ラテン語名)はArgusianus argusで、このargus(アルゴス)とは、ギリシャ神話に出てくる100の眼を持つ巨人!だそう。 どうやら、見事な尾羽を飾る、たくさんの目玉模様から付けられた名前のようです。 この写真は...続きを読む

カテゴリ: 三間

水産担当の新井です。 7月22日の今日は、土用の丑の日。諸説ありますが、江戸時代の蘭学者、平賀源内が広めて以来、日本では夏の土用の丑の日に鰻が食されてきました。ですが、このウナギが今、深刻な状況に追い込まれています。 私たちが食べている鰻は、その多くがニホンウナギという種です。実はこのニホンウナギ、今年の2月、環境省のレッドリスト(絶滅のおそれのある野生生...続きを読む

カテゴリ: 新井(秀)

エネルギー・温暖化担当の小西です。モデル授業の準備をされている、ある教育大学付属の中学校の先生が、なんと「地球温暖化の国際交渉」の現場を、生徒たちに、いろんな国の代表となってもらって交渉・体験してもらう、という授業を今年の秋に展開されるそうです。 温暖化の国際交渉の現場はエキサイティングです! 各国が国益をかけてぶつかる修羅場でもあります。それを中学生たち...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

自然保護室の前川です。干潟から突き出た白い筒、太さはちょうどストローくらいです。なんだか分かりますか? ツバサゴカイと呼ばれるゴカイ(環形動物)の仲間の巣(=棲管:せいかん)です。まわりをよく見ると、離れた場所にもう1つ管があります。 実はこの2本は地中でUの字のように繋がっていて、ツバサゴカイの本体は管の奥に隠れているのです。 ツバサゴカイのような干潟に...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 震災関連

自然保護室の岡安です。先日のブータン出張中に、偶然、国王とお妃に拝顔する機会に恵まれました!といっても、ほんの一瞬でしたが... 場所は、ラムサール条約の登録地ポプジカ渓谷を訪ねる途中で立ち寄った、古都プナカの寺院です。 かつてブータンでは、夏と冬で首都を変えていました。冬の寒い時期、王家や僧侶たちは温暖なプナカに移り、仏教の行事や国の政治をここで行なって...続きを読む

カテゴリ: 岡安

温暖化・エネルギー担当の山岸です。 もうすぐ、参院選ですね。 残念ながら、温暖化対策は争点にはなっていません。 でも、よく見ると、候補者・政党でも、ちゃんと主張しているところと主張していない候補者・政党の違いがあります。 加えて、温暖化対策にとって鍵となる、自然エネルギーや省エネルギーを「具体的に」どれくらい推進しようとしているのかも大事なポイントです。省...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

自然保護室の岡安です。6月末に、再び首都バンギで暴動騒ぎがあった中央アフリカ共和国から、続報が入りました。暴動の首謀者の一人として解任された森林大臣の代行を、グンバ公共事業大臣が兼務することになったそうです。 グンバ大臣はアメリカの大学で学び、最近はワシントンで開かれたWCS(アメリカ野生生物保護協会)のイベントでも話をしており、自然保護に対する意識が高い...続きを読む

カテゴリ: 岡安

エネルギー・温暖化担当の小西です。外に出ると焼けつくような日差しの毎日。なんだか息も絶え絶えです。 このところ、「35度以上の猛暑日」という言葉がテレビや新聞で踊っていますが、今ではすっかりお馴染みとなった、この猛暑日という言葉。実は、2007年から使われ始めた、まだ新しい気象用語です。 最高気温25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」と呼んで...続きを読む

カテゴリ: 小西

世界の給水塔の話

2013年7月14日

自然保護室の岡安です。先週、ブータンの首都ティンプーにあるWWFブータン・オフィスに行ってきました。 私たちWWFジャパンが支援する、マナス多国間保護地域構想(TraMCA)のプロジェクトの進捗と、今後の協力を検討するためです。 ブータンは、ネパールと並ぶ、「世界の屋根」ヒマラヤ東部の生物多様性の豊かな地域。また、ヒマラヤ山麓の国として、氷河湖の決壊による...続きを読む

カテゴリ: 岡安

広報の大倉です。四国のツキノワグマは、生息数が数十頭とも言われ、国内で最も「絶滅のおそれのある地域個体群」とされています。 WWFジャパンとNPO法人四国自然史科学研究センターは、2012年7月から、その絶滅を回避するための総合調査を実施しています。GPSという人工衛星の情報を活用したクマの追跡調査と、クマの重要な食物であるドングリの資源量を調べる調査です...続きを読む

カテゴリ: 大倉

水産担当の新井です。夏休みに、いつも食べているお寿司にひそむ環境問題について、考えてみませんか? 日本人のソウルフードであり、オトナもコドモも大好きなお寿司。ところが今すでに、世界中の海でとっている魚介類の3割がとりすぎの状態、5割がこれ以上とる量を増やせない状態といわれています。 スーパーやレストランでは、いつも変わりなくお魚が売られているのに、海のなか...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 新井(秀)

沖縄の石垣島より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 去年のサンゴウィーク(3月5日の前後1週間)から、「八重山の自然と暮らしの合同写真・ポスター展」が開かれています。 八重山諸島は、琉球列島の最南部に位置し、10の有人島と、多くの無人島からなる島しょ地域。写真・ポスター展は、この地で育まれてきた、豊かな自然と文化を保全・継承する団体・個人が集まり、自然と暮ら...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , イベント情報! , 鈴木(智)

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ