【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

2013年6月の一覧

気候変動・エネルギーグループの小西です。6月も半ばを過ぎ、いよいよ本格的な夏日を感じさせる日が多くなってきました。 そんな中、先日、英国大使館の方より、温暖化問題をテーマにした短編オンライン漫画(Webtoon)「ノル」をご紹介頂きました。 英国は欧州の中でも、積極的に温室効果ガス削減の取り組みを行なっている代表的な国です。このオンライン漫画も、駐韓英国大...続きを読む

カテゴリ: お知らせ , エネルギー関連 , 小西

インドネシアのスマトラ島より、森林担当の橋本です。今日は私たちのプロジェクトのフィールドである、この島のバリサン・セラタン国立公園より、今月撮れたばかりの写真を一枚ご紹介します。 その数わずか400~600頭といわれる、スマトラトラの姿を捉えた一枚。周辺の森の様子もよく伝わってきます。 この写真は、現地の野生生物調査のため、赤外線センサーを使った自動カメラ...続きを読む

カテゴリ: 橋本

水産担当の山内です。先週メキシコのベラクルスで開かれていた東部太平洋のマグロについての会議。どう片が付くのか最後までハラハラさせられましたが、何とかそれなりの成果を見て、無事に終わりました。 広大な太平洋東部でのマグロの資源管理は、まず一応の合意に到達。次は、日本近海を含む、中部と西部の資源管理がどうなるかが、焦点となります。 海の生態系の頂点に立つ生きも...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

自然保護室の那須です。四国自然史科学研究センターと共同で、昨年の7月から開始した四国クマプロジェクト。ちょうど1年が経過しようとしています。 そこで、6月29日(土)、高知市内にてセミナーを開催し、この1年間の活動成果を報告いたします。 「四国のツキノワグマについて知っていますか? -絶滅が危惧されるその現状-」と題したこのセミナーでは、私たちの活動報告は...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 那須

温暖化問題担当の池原です。来週火曜日に開催予定のセミナー:風力で差別化を図る認証制度「WindMade」で、登壇者の池内タオル株式会社が、ご参加くださった方の全員に、ハンカチタオルを進呈くださることになりました。 風力エネルギー100%で操業する同社のタオルは、まさに風で織ったタオル。再生可能な自然エネルギーに支えられた、日本の未来をリードする、意欲的な製...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , エネルギー関連 , 池原

2011年の東日本大震災で、養殖施設が全損した宮城県の志津川湾では今、ワカメ、カキ、ホタテ、ギンザケなどの養殖が復興し、盛んに行なわれています。 私たちも支援してきたこの水産業の復興は、ただ「状況を震災前に戻す」ものではありません。 事業に取り組む宮城県漁協志津川支所戸倉出張所の皆さんは、被災を契機に、カキについては養殖イカダの数を1/3に削減。ギンザケに...続きを読む

カテゴリ: 前川 , 震災関連

沖縄の石垣島・白保より「しらほサンゴ村」の鈴木です。先週の12日に、白保で海神祭(ハーリー)が行なわれました。海の安全と豊漁を祈願するお祭りで毎年旧暦の5月4日に開催されます。 海での安全と豊漁を祈願する「願い(にんがい)」の後にウミンチュ(漁師)たちによる御願バーリーが行なわれ、その後、一般参加のサバニ(舟)によるレースが行なわれます。 もちろん私たち「...続きを読む

カテゴリ: しらほサンゴ村 , 鈴木(智)

自然保護室の那須です。四国剣山系で、昨年の秋からGPSによる追跡調査をしてきたメスのツキノワグマ「ショウコ」の冬眠穴を、三度の調査の末、ようやく突き止めることができました! なんと、子どもを産んでいたことが分かったショウコ。調査チームはその後、35日間におよぶ冬眠穴の「張り込み」を敢行し、5月9日にショウコ親子が冬眠穴を出るまで、100回(270時間)以上...続きを読む

カテゴリ: 那須

自然保護室の岡安です。先日、コンゴ民主共和国の首都キンシャサに、22年ぶりに降り立ちました。まだ「ザイール共和国」だった1991年に起きた政情不安で、2年間の野生ボノボ調査のための留学がフイになって以来の訪問です。 空港には、その当時、キンシャサでの雑用をこなす手伝いをしてくれた、個人タクシーのグンザ氏が迎えに来てくれました。お昼に到着予定だった飛行機が遅...続きを読む

カテゴリ: 岡安

メキシコのベラクルスより、水産担当の山内です。こちらで開かれているIATTC会議、残り48時間を切って会議はいよいよ佳境に、と言いたいところですが、ある議論で堂々巡りをし全く会議が進まない状況です。 それは「漁船規模の適正化」です。 本来、IATTCでは、東部太平洋のマグロの資源状況を基に、特に「巻き網漁船」の漁船の数や規模を、しっかり制限することが合意さ...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

温暖化・エネルギー担当の山岸です。ドイツ・ボンで開催されている国連気候変動ボン会議も、今日(木曜日)を含めてあと2日となりました。昨日は、NGOと日本政府代表団との2回目の意見交換があり、有意義な議論ができました。 会議では、中心議題を議論する場であるダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)において、共同議長から、今後の議論の進め方についての提案が...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

自然保護室の那須です。今、島根県浜田市の田橋(たばせ)、横山地区に来ています。 ここは島根県とWWFの共同プロジェクトで、「住民が中心となって、クマなど野生動物とのトラブルを軽減する」取り組みを行なっている集落です。 鳥獣専門指導員(通称:クマ専門員)の静野さんと県職員の荒金さんは、およそ半年間、集落に通い、住民の意識や集落を取り巻く状況を調べてきました。...続きを読む

カテゴリ: 那須

水産担当の山内です。現在、私はメキシコのベラクルスで開催されている「全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)」会合に参加しています。 これは、東部太平洋でのマグロやカツオ漁に参加している各国代表が集まり、漁業や資源管理について方策を決定する会議で、この海域で遠洋漁業を行なっている日本の政府代表団も参加しています。 太平洋クロマグロは本まぐろとも呼ばれ、「築地の...続きを読む

カテゴリ: 山内(愛)

ドイツのボンより温暖化・エネルギー担当の山岸です。国連気候変動会議の第2週目が始まっています。 金曜日が最終日なので、そろそろ会議の着地点が見えているといいのですが、やっぱりというか、いつもの通りというべきか、まだ見えておりません。 新しい国際枠組みについて議論をしているダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)では、会議の最終成果物としてきちんとし...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

温暖化・エネルギー担当の山岸です。ドイツ・ボンでの国連気候変動会議の第1週目が終了しました。 前回お伝えした通り、SBI(実施のための補助機関)の総会で、ロシアを始め何カ国かが議題に不服をもって交渉をストップしていますが、ついにSBIはずーっとそのまま個別議論に移る事ができない状態が続いています。 新しい国際枠組みについての議論するADP(ダーバン・プラッ...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ