ページ内を移動するためのリンクです。

WWFの活動
活動一覧

活動一覧

2008年

2008/12/17

木材の「責任ある購入」をチェックする「WWFジャパン林産物調達チェックリスト」

目の前にある木材や紙製品の生産は、どれくらい森林生態系や地域社会に配慮しているのか? WWFジャパンはこの配慮の確認度合いを評価するツール「WWFジャパン 林産...続きを読む

2008/12/16

生物多様性の宝庫・メコン川で1,000種の新種を確認

2008年12月16日 WWFは新しい報告書の中で、インドシナ半島を流れる東南アジアの大河・メコン川流域で、過去10年間におよそ1,000種にのぼる新種が...続きを読む

2008/12/13

「本日の化石賞」日本は世界で2番目に温暖化防止に後ろ向きな国

残念ながら日本という国は、世界の温暖化防止ための国際交渉を、進展させている立場とは到底いえない国のようです。それはポズナニでの国際会議の場で、さらに明らかになっ...続きを読む

2008/12/12

豊かで出し惜しみする先進国首脳に直接アピール

国連気候変動ポズナニ会議(2008年)は前半が終了しましたが、これまでのところ、次期枠組みに向けた交渉は、ほとんど進んでいません。先進国の受身かつ出し惜しみする...続きを読む

2008/12/10

南大東島で新種発見! 4800万年の歴史を物語る「生きた化石」

沖縄県の南大東島で、テルモスバエナという新種の甲殻類が発見されました。この甲殻類は、中米、アフリカ西部、オーストラリア西部に、3種が確認されているのみで、きわ...続きを読む

2008/12/10

温暖化問題に対するドイツとポーランド首脳の姿勢に抗議

国連気候変動ポズナニ会議(2008年)に参加している、WWFを含めた複数の環境NGOは12月9日、気候変動対策に対するドイツのメルケル首相とポーランドのトゥスク...続きを読む

2008/12/09

生物多様性条約会議に向け、「種の保存法」の改正を!

2010年に愛知県で開催される予定の、生物多様性条約・第10回締約国会議。WWFジャパンは、日本がこの会議のホスト国にふさわしい行動を示すため、国内の生物多様性...続きを読む

2008/12/09

報告:クリーン開発メカニズム(CDM)を中心とする「メカニズム」関連議論の動向

ポズナニ会議報告:「メカニズム」関連の議論の位置づけ 「メカニズム」の重要性 2013年以降の次期枠組みをめぐる議論の重要な論点の1つに、「メカニズム」があり...続きを読む

2008/12/07

第一週目終了!ポズナニ会議報告

 中世に迷い込んだような都市、ポーランドの第3都市ポズナニで開催中の国連気候変動に関する会議は、一週目を終えました。2009年末に次期枠組みに合意するために、交...続きを読む

2008/12/05

ウインター・スポーツ界からのメッセージ

 2008年12月5日、WWFが主催したイベントで、オリンピックの金メダリストや、ワールドカップチャンピオン、国連気候変動会議が開かれているポーランドのポズナニ...続きを読む

2008/12/04

要請:泡瀬干潟の保全について

意見書 2008年12月4日 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、防災) 佐藤勉 様 (財)世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)会長 �コ川恒孝 拝啓、...続きを読む

2008/12/03

気候変動政策と産業の競争力に関しての報告書を発表

 ポズナニでの国連気候変動会議における、議定書AWGで開かれた、先進国の削減ポテンシャルと削減目標の範囲に関するワークショップに際して、WWFは温暖化防止政策と...続きを読む

2008/11/24

ICCAT第16回特別会合が閉幕 クロマグロ資源が危機に

2008年11月24日、モロッコのマラケシュで開かれていた大西洋まぐろ類保存委員会(ICCTAT)の年次会合が閉幕しました。今回の会合で焦点をなっていたのは、資...続きを読む

2008/11/20

中国で野生生物の消費が増加

世界の一大消費国となりつつある中国。近年、中国国内では、野生動植物の消費も拡大しつつあります。野生生物の国際取引を監視する「トラフィック・ネットワーク」は、20...続きを読む

2008/11/17

違法に漁獲された「メロ」が食卓に並ぶ

 「銀ムツ」「メロ」の名で知られる南米の魚、マジェランアイナメとライギョダマシ。トラフィックはその違法な漁業の実態についてまとめた、新しい報告書を発表しました。...続きを読む

2008/11/04

【ラムサール・COP10】ウェットランド保全に向けた日韓の協力に進展

韓国ではマスコミが連日、ラムサール会議に関連した、さまざまなニュースを報道しました。 WWFが共催したサイドイベントで、ご講演くださった中貝宗治豊岡市長が、慶尚...続きを読む

2008/11/04

【ラムサール・COP10】さまざまなアピール活動 NGOによるブースの紹介

ラムサール条約の締約国会議の会場周辺では、連日さまざまなサイドイベントが行なわれており、一般の人々も入場可能なブース展示も行なわれています。とりわけ、今回の会議...続きを読む

2008/11/03

【ラムサール・COP10】サイドイベント「ラムサール条約湿地、賢明な利用、湿地の再生を目指す日本のNGO、自治体、国会議員の活動」開催される

11月1日のランチタイムに,CECO(国際会議場)隣のホテル会議室で、WWFジャパンと「ラムサール条約湿地を増やす市民の会」共催のサイドイベントが行なわれました...続きを読む

2008/10/31

【ラムサール・COP10】世界のNGOの思いを1つに!NGOミーティング

前回10月27日のレポートでは、「世界NGO会議」の声明が議論されたことをお知らせしました。その後、この声明は起草委員によって「順天NGO宣言」としてまとめられ...続きを読む

2008/10/29

【ラムサール・COP10】黄海エコリージョン支援プロジェクトが応援する韓国の地域グループが、ラムサール条約会議で干潟環境民族劇を公演

10月29日、黄海エコリージョン支援プロジェクトが応援する、韓国ムアン郡の地域グループが、ラムサール条約会議の場で、干潟環境民族劇の公演を行ないました。 世界各...続きを読む