ページ内を移動するためのリンクです。

WWFの活動
活動一覧

活動一覧

2007年

2007/12/14

高知県で、21年ぶりにツキノワグマを捕獲

2007年9月4日、高知県大豊町で1頭のツキノワグマが捕獲されました。これは、NPO法人四国自然史科学研究センターとWWFが2005年から実施している四国のツキ...続きを読む

2007/11/30

中国のビジネスに影響!APPインドネシアの森林管理

インドネシアのスマトラ島中央部に位置するリアウ州では、大手製紙企業などの操業により、世界的に貴重な熱帯林が失われています。その代表例がAPP(アジアパルプアンド...続きを読む

2007/11/20

事業が完了しても問題は続く!諫早の海を取り戻そう

2007年11月20日、国営諫早湾土地改良事業完工記念式典が開催されました。1997年の潮受け堤防による浅海域の閉め切に対し、WWFジャパンや国内の多くの自然保...続きを読む

2007/9/28

ベトナム・アンナン山脈の森で新種発見

WWFは2007年9月26日、ベトナムのアンナン山脈中部で調査を行なっていた研究チームが、2005年から2006年までの間に、11種の新種を発見したことを発表し...続きを読む

2007/9/07

マグロ類初の漁業認証が実現

2007年9月6日、アメリカの漁業団体が北太平洋で行なっているビンナガ漁が、マグロ類の漁では初めて、MSC(海洋管理協議会)の漁業認証を取得しました。ビンナガは...続きを読む

2007/6/08

新しい海の法律「海洋基本法」

2007年、日本国内で、海に関する新しい重要な法律が成立しました。4月27日に公布された、「国連海洋法条約」に基づく国内法「海洋基本法」です。今後、この法律に...続きを読む

2007/5/25

地球温暖化を緩和する道は? 問われる日本の政策

2007年5月、タイのバンコクでIPCC(気候変動に関する政府間パネル)により、地球温暖化の影響を食い止めるための道筋を示した報告書が採択されました。深刻化する...続きを読む

2007/4/14

諫早湾閉め切りから10年 堤防撤去と干潟再生を求めて

4月14日。1997年のこの日、九州有明海の諫早湾では、干拓事業のため建設された潮受け堤防によって、広大な干潟を含む、約3,500ヘクタールの海が閉め切られまし...続きを読む

2007/2/14

審査機関が「逆認定」!APP社の森林破壊明らかに

インドネシアのスマトラ島を中心に、自然林の大規模な皆伐を続ける製紙会社APP(アジアパルプアンドペーパー)社に対し、同社による森林保護を監査する第三者の審査機関...続きを読む

2007/2/02

発展と温暖化防止を両立!「クライメート・セイバーズ」会合

パリにおいて、2007年「クライメート・セイバーズ」会議が開かれ、その取り組みの成果が発表されました。これは、WWFと「クライメート・セイバーズ」に参加する世界...続きを読む