【採用情報】WWFジャパン 一般職員募集のお知らせ(責任ある野生生物取引の推進担当(企業の生物多様性の取り組み推進プロジェクトオフィサー))


WWFでは、野生生物の過剰・違法な利用による種の絶滅を食い止め、生物多様性を回復させる目標のもと、野生生物の生息地から消費市場にまたがる活動を日本とアジア地域で推進する担当者を募集しています。
プロジェクト立案/推進経験や、調達、経営企画でのご経験をWWFジャパンで活かしませんか。(環境分野でのご経験は必須ではありません。)

職務

企業の生物多様性の取り組み推進プロジェクトオフィサー(野生生物担当)

業務内容

1. 企業への働きかけを通じた野生生物取引対策の推進
・EC業界を中心とした企業の野生生物の取り扱いに関する推奨方針を策定し、導入を働きかけることで、企業が違法・不適切な取引を排除するよう促す。また、企業が消費者に野生生物の責任ある利用について啓発するよう働きかける。
・輸送業界、金融業界等における違法な野生生物取引(IWT)対策の導入支援を行う。

2.フィールドプロジェクト
・WWFが国内外で実施する密猟・違法取引対策を含む野生生物保全のフィールドプロジェクトにチーム体制のもと取り組む。現地のパートナー団体や行政をはじめとするステークホルダーと協働し、プロジェクトを立案・実施する(海外のフィールドプロジェクトとの連携等で海外出張の可能性もあり)

3. その他
・プロジェクト計画を自ら立案し、予算を含めた進捗管理を行う。
・WWFジャパンの自然保護活動のインパクト最大化を追求するほか、WWFやTRAFFICの国際的なネットワークとも積極的に連携の機会を創出する。
・プロジェクトに関する資金調達、広報発信、 取材対応等を行う。
・適宜、各種国内外助成金・補助金に申請し、獲得後の管理を行う。

募集条件(技能・経験など)

1. 民間企業で5年以上の実務経験もしくはそれに相当する経験があり、下記における十分な経験とスキルを有すること。
・外部パートナーとのプロジェクト推進
・プロジェクト企画から実施、評価までの一連のプロジェクトマネジメント
・企業の調達や持続可能性の取り組みの経験があれば望ましい
・海外での勤務、あるいは海外業務や海外プロジェクト経験があれば望ましい
※企業でのプロジェクト立案/推進経験(特に調達、経営企画での全社方針策定や、サステナビリティ関連)のご経験のある方、歓迎します。

2. WWFの海外オフィスやパートナーと仕事をするのに十分な英語力
・英語の会議での交渉、ファシリテーションができる
・英語で報告書等の作成ができる
・野生生物保全分野の専門的な英文報告書等の読解ができる
参考:TOEIC 750点以上、TOEFL CBT220点以上、TOFLE iBT83点以上の水準
(TOEICまたはその他の試験のスコアを明記すること)(基礎的な英語での面接も行う。)

3. その他
・論文もしくは記事執筆などが可能な文章力と経験があること。
・野生生物保全、生物多様性保全や持続可能な開発の関連分野の基礎知識とスキルがあれば尚可
・生態学、生物学、開発学、人類学、地理学などの分野のバックグラウンドがあれば尚可

待遇

雇用形態:一般職員(雇用期間に定めのない職員)
試用期間:3か月(試用期間の雇用条件の変更はありません。)
労働時間:所定労働時間7.5時間、休憩時間1時間。フルフレックスタイム制度(コアタイムなし)
勤務地:東京都港区内または、リモートワーク
給与:31万~39万円/月(年収換算:540万~700万円(賞与4ヵ月含む。残業15時間/月程度想定した場合))
手当:家族手当、残業手当、交通費支給
休日休暇:完全週休2日制(土日)・祝日、年末年始休暇・年次有給休暇・産前産後休業・育児休業・介護休業・生理休暇・特別休暇(慶弔など)
その他:社会保険完備、退職金制度有。

応募について

以下ご参照いただき、このページ下部の個人情報の取り扱いに関する通知文「個人情報の取り扱いについて」にご同意いただいたうえで、ご応募ください。

応募書類

・履歴書(志望動機含む。応募ポジション名/メールアドレス/携帯電話番号を明記。)
・職務経歴書(今まで携わってきた実務内容について列記のこと)
・課題作文(テーマは、以下参照ください。)
※個人情報保護のため、お手数ですが、送信前にファイルをパスワードで保護し、別メールでパスワードをお知らせください。

課題作文

eコマースプラットフォームの取扱ルールを起点として日本における野生生物利用の削減を目指すとした場合、同業界に推奨する野生生物取引・販売に関する方針をどのように策定するのがよいか。方針策定のステップやフレームワークを説明してください(3,000~4,000字)。
正解はなく、実際に方針を完成させる必要はありません。検討では、下記の視点を適宜参考にしてください。
 1) 野生生物取引(wildlife trade)の範囲にどこまで含めるか(対象となる動植物種、形態等)
 2)実際に生物多様性への負荷の大きな野生生物関連商品をどう特定するか

応募締切

第1回締切:2022年7月31日(日)
第2回締切:2022年8月14日(日)
第3回締切:2022年8月28日(日)
※ご応募いただいた順に、順次選考を進め、内定が出次第終了する場合があります。

応募先Emailアドレス

応募書類に、パスワードをかけた上で、以下アドレスまでお送りください。(パスワードは別送ください。)
saiyou@wwf.or.jp
WWF事務局 野生生物担当係

ご応募後の返信は、『@hire-hub.io』からご連絡させていただく場合があります。

選考

書類選考後、Web適性検査、2~3回程度の面接(オンライン又は対面)を予定しています。

個人情報の取り扱いについて

皆様の個人情報は、採用選考および選考結果のご連絡のためにのみ使用します。
個人情報のご提出は必須といたします。採用選考のために必要な情報のご提出がない場合、採用選考への応募をお受けできません。
皆さまには、ご提出いただいた個人情報について、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止の請求権があります。
お問い合わせは、個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)
また、ご送付いただいた履歴書は、返送のご希望には添いかねますのでご了承ください。

問い合わせ

本件についてのお問い合わせは下記まで。
WWFジャパン 採用担当係  e-mail:saiyou@wwf.or.jp(電話不可)


採用情報はメールマガジンでもお届けしています

この記事をシェアする

関連情報

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP