【採用情報】WWFジャパン 一般職員募集のお知らせ(環境・サステナビリティリーダー開発グループオフィサー)


 次世代を担う若者たち(ユース世代)や次世代を見据えている企業経営層が、環境・サステナビリティ課題を深く理解し、解決に向け多様なステークホルダーと協働する能力を高め、行動の機会を得ることが10年、20年先の地域コミュニティから地球全体の持続可能性を高めていく上で重要です。
 WWFは、世界100か国以上のフィールドで、年間約1300億円のサポーターからの支援を託していただき、8000名を超えるスタッフが環境保全活動を展開する国際環境NGOです。グローバルネットワークの一員として、WWFジャパンは昨年、設立から50年を迎えました。私たち、環境・サステナビリティリーダー開発グループは、2030 年生物多様性の回復と、2050 年脱炭素社会の実現に向け、これらを共通目標に掲げるユース団体や企業経営層と協働し、グローバルネットワークを活用しながら、様々なセクターとの対話を通じた、環境保全活動の促進を目指しています。

職務

環境・サステナビリティリーダー開発グループオフィサー

業務内容

① 生物多様性回復と脱炭素社会の実現に向けたユース団体との協働プロジェクト立案および実行、効果検証を行う。
・WWFのグローバルなネットワーク(特にアジア太平洋地域のWWFオフィス)、日本企業、政府、自治体など、マルチステークホルダーを巻き込み、上記のプログラム立案につながる情報収集と機会の分析。
・上記ステークホルダーと、WWFジャパン関係部署のリード、調整を通じたプログラム立案、実行、効果検証
・立案プログラムの活動資金獲得につながる、提案書や補助金申請書の作成、予算執行管理・報告書作成・会計報告書作成の各種管理

② 環境・サステナビリティ課題の解決に大きな役割が期待される企業経営層が、生物多様性減少や気候危機と企業経営との依存関係に理解を深めるよう、経営層のニーズ創出とニーズにマッチした研修の調査設計と、実施パートナーの開拓と協働をリードする。

③ その他
・ その他、室長からの指示による業務を実行。

募集条件(技能・経験など)

5年以上の実務経験があり、下記における十分な経験とスキルを有すること
・ 外部パートナー(企業やユース団体など)が関わる環境・社会課題の解決に取り組むプロジェクトを自ら立案し、実施、評価までの一連のプロジェクトマネジメントの業務経験がある
・ 多様な立場のステークホルダーを巻き込み、調整を図り、良好な関係構築を行いながら、自らリーダーシップをとってプロジェクトを推進した経験がある

【あれば尚可】
・ サステナビリティ領域について取り組んだ経験がある
・ 外部補助金の申請をし、実行・完了した経験がある
・ 各メディアを活用した情報発信などの業務経験がある
・ 企業を対象にした法人研修などの業務経験がある
・ 数百人程度を対象にしたイベントの企画、運営の主管をしたことがある
・ ICTを駆使したプロジェクト運営の経験がある
・ 資料を十分に読み込み活用し、海外のWWFとの(電話)会議で討論ができる程度の英語力がある
(TOEIC750点以上、TOEFL CBT220点以上、TOEFL iBT83点以上の水準、IELTS 6以上)

待遇

雇用形態:一般職員(雇用期間に定めのない職員)
試用期間:3か月(試用期間の雇用条件の変更はありません。)
労働時間:所定労働時間7.5時間、休憩時間1時間。フルフレックスタイム制度(コアタイムなし)
勤務地:東京都港区内または、リモートワーク
給与:31万~39万円/月(年収換算:540万~700万円(賞与4ヵ月含む。残業15時間/月程度想定した場合))
手当:家族手当、残業手当、交通費支給
休日休暇:完全週休2日制(土日)・祝日、年末年始休暇・年次有給休暇・産前産後休業・育児休業・介護休業・生理休暇・特別休暇(慶弔など)
その他:社会保険完備、退職金制度有。

採用予定日

ご相談に応じます。

応募について

以下ご参照いただき、このページ下部の個人情報の取り扱いに関する通知文「個人情報の取り扱いについて」にご同意いただいたうえで、ご応募ください。

応募書類

・履歴書(志望動機含む。応募ポジション名/メールアドレス/携帯電話番号を明記。)
・職務経歴書(今まで携わってきた実務内容について列記のこと)
・課題作文(テーマは、以下参照ください。)
※個人情報保護のため、お手数ですが、送信前にファイルをパスワードで保護し、別メールでパスワードをお知らせください。

課題作文

※4000字以内で書いてください。
※仕様は自由(Word、PowerPointなど))

 WWFジャパンは、2050年の脱炭素社会実現と2030年の生物多様性回復のため、ユース世代(18歳~30歳)のエンパワーメントプロジェクトを外部団体/企業と協働で行います。
 プロジェクトでは、ユース世代に対し、環境・サステナビリティ課題を深く理解し、解決に向けた能力を高める研修を実施します。そして、ユースが自ら議論し立案し、環境アクションを実践する機会(政治・企業・メディアに働きかけを行なうなど)を提供します。この実践経験を通じて、将来、企業、行政や自治体などの様々な立場から、社会のシステム変革のリーダーシップをとる人材を輩出することを目指します。
 WWFジャパンが取り組む環境保全活動分野(気候・エネルギー生物多様性、森林、海洋水産、淡水、野生生物、金融、フード、マーケット)を念頭に、WWFが外部団体/企業(ユース団体は必ず含めてください。)と連携して実施するプロジェクトをご提案ください。
 ご提案には、以下の4点を含めてください。予算は、1000万円/年、プロジェクト期間は5年とします。
① プロジェクトの目的(なぜ今、この保全活動分野で、外部団体/企業と共に取り組むべきなのか)
② プロジェクトゴールと成果指標(5年後のユース世代が達成していると期待する成果内容と、その達成度合を測る指標)
③ プロジェクト実施体制と役割(外部団体/企業の役割は明記)
④ プロジェクトに参加してほしいユースの属性とその理由、呼びかけ・選定方法

応募締切

第1回締切:2022年6月26日(日)
第2回締切:2022年7月18日(月・祝)
※ご応募いただいた順に、順次選考を進め、内定が出次第終了する場合があります。

応募先Emailアドレス

応募書類に、パスワードをかけた上で、以下アドレスまでお送りください。(パスワードは別送ください。)
saiyou@wwf.or.jp
WWF事務局 環境・サステナビリティリーダー開発担当係

ご応募後の返信は、『@hire-hub.io』からご連絡させていただく場合があります。

選考

書類選考後、Web適性検査、2~3回程度の面談(オンライン又は対面)を予定しています。

個人情報の取り扱いについて

皆様の個人情報は、採用選考および選考結果のご連絡のためにのみ使用します。
個人情報のご提出は必須といたします。採用選考のために必要な情報のご提出がない場合、採用選考への応募をお受けできません。
皆さまには、ご提出いただいた個人情報について、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止の請求権があります。
お問い合わせは、個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)
また、ご送付いただいた履歴書は、返送のご希望には添いかねますのでご了承ください。

問い合わせ

本件についてのお問い合わせは下記まで。
WWFジャパン 採用担当係  e-mail:saiyou@wwf.or.jp(電話不可)


採用情報はメールマガジンでもお届けしています

この記事をシェアする

関連情報

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP