【採用情報】WWFジャパン 一般職員募集のお知らせ(気候・エネルギーグループ長兼ビジネスとの協働担当)


WWFジャパンの気候・エネルギーグループは、世界のWWFの同僚たちと協力しながら、日本において脱炭素社会を作っていくための活動を行っています。
COPを始めとする国際会議や国内の政策分野での直接的なアドボカシー活動、企業への働きかけ、自治体への働きかけ、企業・自治体などの非国家アクターのネットワークを活用したアドボカシーや情報共有、メディアへの情報提供、地域での持続可能な再生可能エネルギーの推進など、様々な活動をグループメンバー間で共有・連携しながら進めています。
今回募集するポジションは、このグループをグループ長としてとりまとめつつ、自身も企業への働きかけを主たる担当分野として、戦略の立案・実行管理をしていくポジションです。

職務

海洋水産・気候エネルギー室 気候・エネルギーグループ長兼ビジネスとの協働担当

業務内容

<グループ長>
・WWFジャパンの気候・エネルギーグループ長として、5か年の中期目標・計画に基づいた年次の活動の検討・立案・実行・レビューを、グループメンバーと共に行う。
・グループ長として、グループメンバーの評価や、活動全体の監督を行う。
・グループ長として、グローバルなWWFネットワークとの連携をはかる。
・ファンドレイジングの機会があれば、積極的に計画・活動を調整し、挑戦する。
・WWFジャパン内の他のグループとの活動連携の調整を行う。

<ビジネスとの協働>
・気候・エネルギー分野において、WWFジャパンが企業に対して行う働きかけの戦略を検討し、計画・実行を管理する。企業に対して、時には批判を行い、時には協働することで、国際的な環境NGOならではの資産も活用しつつ、脱炭素社会実現に向けたビジネス・セクターの変革を進めるような活動を立案し、実行する。
・WWFのグローバルなチームと連携し、国際的なイニシアティブの日本への展開や、逆に日本の実情を踏まえて国際的な戦略形成へのインプットを行う。
・特に、今後さらにカバー範囲や細分化が進むScience Based Targets initiative (SBTi) 基準の普及、WWFのClimate Savers プログラムの進捗管理、企業での再生可能エネルギー利用を拡大するための活動、金融機関への働きかけなどに関して、戦略・計画の形成を行い、実行を他のグループメンバーと共に担う。
・外部のステークホルダー(企業、自治体、他のNGO、専門家など)と積極的にネットワーキングを行い、力も借りながら、目的を達成していくことができる。

募集条件(技能・経験など)

・英語で議論をし、調整・交渉を行うことができる(TOEIC750点以上、TOEFL CBT220点以上、TOEFL iBT83点以上の水準、IELTS 6以上)。
・7年以上の企業での勤務経験もしくはそれに相当する経験があり、日本の組織・企業での慣行に一定の理解がある。
・企業もしくは組織において、5人以上のグループ/チームのマネジメントの経験がある。
・1年以上海外留学経験もしくはそれに相当する経験があり、異なる文化の同僚と共に働いたり、時には交渉したりできる能力がある。
・気候変動・温暖化、環境、エネルギー関連分野での修士号以上の学位を有していることが望ましい。
・イベント運営のロジスティックスを行った経験があることが望ましい。

待遇

雇用形態:一般職員(雇用期間に定めのない職員)
試用期間:3か月(試用期間中は、役職なし。試用期間終了後に、パフォーマンス確認後、グループ長に役職任命をする。)
労働時間:所定労働時間7.5時間、休憩時間1時間。フルフレックスタイム制度(コアタイムなし)
勤務地:東京都港区内または、リモートワーク
給与:35万~43万円/月(年収換算:630万~750万円(賞与4ヵ月含む。残業15時間/月程度想定した場合))
手当:役職手当(役職任命後)、家族手当、残業手当、交通費支給
休日休暇:完全週休2日制(土日)・祝日、年末年始休暇・年次有給休暇・産前産後休業・育児休業・介護休業・生理休暇・特別休暇(慶弔など)
その他:社会保険完備、退職金制度有。

採用予定日

ご相談に応じます。

応募について

以下ご参照いただき、このページ下部の個人情報の取り扱いに関する通知文「個人情報の取り扱いについて」にご同意いただいたうえで、ご応募ください。

応募書類

・履歴書(志望動機含む。応募ポジション名/メールアドレス/携帯電話番号を明記。)
・職務経歴書(今まで携わってきた実務内容について列記のこと)
・課題作文(テーマは、以下参照ください。)
※個人情報保護のため、お手数ですが、送信前にファイルをパスワードで保護し、別メールでパスワードをお知らせください。

課題作文

ここ2~3年で、日本においても「脱炭素」を求める潮流が加速しました。様々な主体が「脱炭素」にかかわるようになり、環境NGOとしてのWWFジャパンの役割も変わっていく、変えていかないといけないかもしれません。WWF自体、企業や自治体をけん引する国際イニシアティブの事務局を担うような活動も担ってきました。WWFジャパンの活動を振り返りつつ、これからの時代でWWFジャパンが果たすべき役割を述べ、その中で、特に企業への批判・企業の協働のあり方を具体的にご提案ください。(3,000~4,000字程度)

応募締切

2022年7月3日(日)
※ご応募いただいた順に、順次選考を進め、内定が出次第終了する場合があります。

応募先Emailアドレス

応募書類に、パスワードをかけた上で、以下アドレスまでお送りください。(パスワードは別送ください。)
saiyou@wwf.or.jp
WWF事務局 気候G長係

ご応募後の返信は、『@hire-hub.io』からご連絡させていただく場合があります。

選考

書類選考後、Web適性検査、2~3回程度の面談(オンライン又は対面)を予定しています。

個人情報の取り扱いについて

皆様の個人情報は、採用選考および選考結果のご連絡のためにのみ使用します。
個人情報のご提出は必須といたします。採用選考のために必要な情報のご提出がない場合、採用選考への応募をお受けできません。
皆さまには、ご提出いただいた個人情報について、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止の請求権があります。
お問い合わせは、個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)

また、ご送付いただいた履歴書は、返送のご希望には添いかねますのでご了承ください。

問い合わせ

本件についてのお問い合わせは下記まで。
WWFジャパン 採用担当係  e-mail:saiyou@wwf.or.jp(電話不可)


採用情報はメールマガジンでもお届けしています

この記事をシェアする

関連情報

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP