【採用情報】WWFジャパン 一般職員募集のお知らせ(エキゾチックペット市場変容 国際プロジェクト:日本担当プロジェクトオフィサー))


WWFでは、野生生物の過剰・違法な利用による種の絶滅を食い止め、生物多様性を回復させる目標のもと、アメリカや日本などが特に大きな責任を負う野生動物のエキゾチックペット(※)利用の在り方を変容する国際プロジェクトに着手します。今回募集するポジションは、日本発で業界変容・法規制強化をリードする担当者です。また、初年度の成果を踏まえて、2年目以降にはエキゾチックペット取引と関連した国内または海外の野生生物保全フィールドプロジェクトを担っていただくことも視野に入れています。国際連携のもと、需要削減やフィールド保全、違法取引対策などの分野横断チームの一員として、社会を変えるダイナミックな活動に取り組めることが魅力です。

※エキゾチックペットについて、分類学上の明確な定義はありませんが、一般的に飼われている動物以外で、特に外国産の動物や野生由来の動物を指します。

職務

森林・野生生物室 野生生物グループ エキゾチックペット市場変容 国際プロジェクト:日本担当プロジェクトオフィサー

業務内容

1) エキゾチックペット関連業界による責任ある調達の促進
・ エキゾチックペットの責任ある調達については、取引対象種について、絶滅のおそれや違法取引、感染症リスク、生態系へのリスク、動物福祉など複数の観点から科学的根拠に基づく適正評価を実施し、WWF独自のペットガイドを作成する計画であり、そのサポートと関連企業等との対話や合意形成推進を担う
・ アメリカ等海外のWWF/TRAFFICオフィスとも連携し、エキゾチックペットを調達・取引・販売する事業者との対話を通じて、責任ある調達を働きかける
・ 獣医やペット保険、ペット用品・イベント等の関連セクターと協働し、エキゾチックペット業界の変容を促す取り組みを進める

2) 日本における規制強化に向けたアドボカシー
・ 関連国内規制強化に向けたアドボカシー活動を実施する。ペット目的の過剰利用や違法取引が野生生物に与える脅威に加え、動物由来感染症のリスクや生態系のかく乱、動物福祉等の関連側面も考慮した適切な法改正や規制の早期導入を目指す。
・ アドボカシーに際しては、他団体や専門家等との連携を構築し、関連省庁や政治家へ働きかけるほか、メディアや一般賛同をレバレッジとして活用する。

3) その他
・ プロジェクト計画を自ら立案し、予算を含めた進捗管理を行う。
・ プロジェクトの計画実施に当たっては、野生生物グループの他の取り組み分野(特に、エキゾチックペットの需要削減、ペットガイドの作成。このほか、法執行支援、違法取引撲滅に向けた輸送・オンライン・金融業界との連携、密猟・密輸対策の国内フィールドプロジェクト)との密な連携を図る。
・ 海外の関連プロジェクトとの相乗効果を図るため、WWF・TRAFFICアメリカオフィスはじめ、両ネットワークの関連活動と連携する。また、日本以外の他の主要な市場への活動の展開を目指す。
・ プロジェクト実施資金調達のため、WWFジャパンの資金調達部門と協力し、プロジェクト提案書を作成し、企業や個人からの資金支援の獲得に協力する。
・ 適宜、各種国内外助成金・補助金に申請し、獲得後の管理を行う。
・ プロジェクトに関する広報発信を行う。
・ 2年目以降は、エキゾチックペット取引と関連した国内または海外の野生生物保全フィールドプロジェクトも担当する可能性がある。

必須条件(技能・経験など)

・ 民間企業、省庁、自治体、市民団体等での勤務経験があること(5年以上が望ましい)。
・ 利害の異なる組織外の団体・関係者との交渉・折衝の経験・スキル。
・ 野生生物保全、生物多様性保全や持続可能な開発分野の基礎知識
・ 英語で会議で交渉し、あるいは電話会議を行い、報告書を作成するに必要な英語力(ビジネスレベル、TOEIC 800点程度以上の水準)があること
論文もしくは記事執筆などが可能な文章力と経験があること。
・ 生き物が好きで、保全に対する思いがあること

あれば尚可:
・ 関連分野(生態学、生物学、開発学、地理学、経済学、法律など)のバックグラウンド(できれば大学、修士課程以上)
・ 海外連携・外国との共同プロジェクトの経験あれば望ましい
・ 海外での実務・留学経験あれば望ましい
・ 市場変革・市場開拓に携わった経験があれば望ましい 。

※企業・官公庁・NGOで、利害が対立する部署間や外部組織と折衝し、連携することで、自部門や組織の上位目標を達成された経験をお持ちの方歓迎いたします。

待遇

雇用形態:一般職員(雇用期間に定めのない職員)
試用期間:3か月(試用期間の雇用条件の変更はありません。)
労働時間:所定労働時間7.5時間、休憩時間1時間。フルフレックスタイム制度(コアタイムなし)
勤務地:東京都港区内または、リモートワーク
給与:32万~45万円/月(年収換算:550万~800万円(賞与4ヵ月含む。残業15時間/月程度想定した場合))
手当:家族手当、残業手当、交通費支給
休日休暇:完全週休2日制(土日)・祝日、年末年始休暇・年次有給休暇・産前産後休業・育児休業・介護休業・生理休暇・特別休暇(慶弔など)
その他:社会保険完備、退職金制度有。

応募について

以下ご参照いただき、このページ下部の個人情報の取り扱いに関する通知文「個人情報の取り扱いについて」にご同意いただいたうえで、ご応募ください。

応募書類

・履歴書(志望動機含む。応募ポジション名/メールアドレス/携帯電話番号を明記。)
・職務経歴書(今まで携わってきた実務内容について列記のこと)
・課題作文(テーマは、以下参照ください。)
※個人情報保護のため、お手数ですが、送信前にファイルをパスワードで保護し、別メールでパスワードをお知らせください。

課題作文

日本におけるエキゾチックペット市場の変容に向けた関連業界エンゲージメントの戦略および3か年の活動計画を提案してください(3,000~4,000字)。下記の要素を含めてください。
1) 状況分析
2) セオリー・オブ・チェンジ(長期目標と達成方法に加え、働きかけるターゲット(企業等)および介入方法を具体的に示すこと)
3) 3か年の到達目標と評価指標
4) 各年の具体的な活動内容と予算(人件費を除く)

応募締切

第1回締切:2021年4月12日
第2回締切:2021年5月6日
第3回締切:2021年5月24日
※ご応募いただいた順に、順次選考を進めさせていただきます。

応募先Emailアドレス

応募書類に、パスワードをかけた上で、以下アドレスまでお送りください。(パスワードは別送ください。)
saiyou@wwf.or.jp
WWF事務局 野生生物担当係

ご応募後の返信は、『@hire-hub.io』からご連絡させていただく場合があります。

選考

書類選考後、Web適性検査、2~3回程度のオンライン面談を予定しています。

個人情報の取り扱いについて

皆様の個人情報は、採用選考および選考結果のご連絡のためにのみ使用します。
個人情報のご提出は必須といたします。採用選考のために必要な情報のご提出がない場合、採用選考への応募をお受けできません。
皆さまには、ご提出いただいた個人情報について、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止の請求権があります。お問い合わせは、個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。
また、ご送付いただいた履歴書は、返送のご希望には添いかねますのでご了承ください。

問い合わせ

本件についてのお問い合わせは下記まで。
WWFジャパン 採用担当係  e-mail:saiyou@wwf.or.jp(電話不可)

WWFジャパン スタッフブログ WWFジャパンのスタッフの活動や日常、事務局の様子などをお届けします。

この記事をシェアする

関連情報

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP