違法取引に関連した活動記事

違法取引に関連した活動記事(84件)

1 / 5


記者発表資料 2018年5月23日 本調査で対象とした67種・亜種のうち37種が国内市場または海外市場において活発に取引されていることがわかった。 条…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/05/1418923.html


九州南端から台湾にかけて連なる、沖縄、奄美などの島々。南西諸島と呼ばれるこの地域には、この地域でしか見られない固有の動植物が数多く生息し、世界自然遺産…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/05/1419223.html


2018年4月3日、イギリスと台湾が自国内・域内の象牙取引について禁止に向けた政策を進めることを発表しました。象牙は「ワシントン条約」で国際取引が禁止…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/04/1415419.html


日本は世界第4位の生きた爬虫類の輸入国です。WWFジャパンの野生生物取引調査部門であるトラフィックは、2017年に行なったペットショップやエキゾチック…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/04/1413911.html


2018年3月23日~25日、WWFジャパンとトラフィックは海外旅行客に向けたイベント「そのおみやげ、大丈夫? 象牙の持ち出し&持ち込みは禁止です!」…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/04/1413005.html


現在、年間2万頭を超えるアフリカゾウが違法に殺されています。原因は、アフリカゾウの牙「象牙」を目的とした、密猟や密輸。このままでは、地域によっては数十…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/03/1410520.html


年間2兆円規模といわれる、世界の違法な野生生物取引。2018年3月7日、WWF、トラフィック、IFAWは、この違法取引の撲滅に向けた取り組みの一環とし…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/03/1407908.html


香港の立法会で2018年1月31日、域内での象牙取引を終了させるための法案が可決されました。2021年までに象牙の国内取引を禁止することや違反した場合…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/02/1403509.html


2018年1月31日、象牙の密輸(違法な輸出)に関与した容疑で、日本の象牙販売業者が逮捕されました。報道によれば、2017年11月末に中国に密輸されよ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/02/1402501.html


南アフリカ共和国政府は2018年1月25日、2017年の一年間に、同国内で密猟被害にあったサイの頭数を公表しました。その結果は1,028頭。密猟対策の…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1402231.html


記者発表資料 2018年1月11日 1)2017年12月31日、現在、世界の違法象牙の最大の仕向け地、中国が国内取引を停止 2)しかし、中国でこれを…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1400311.html


高値で売買される象牙を狙われ、年間2万頭が密猟の犠牲になっているといわれるアフリカゾウ。象牙は、ワシントン条約で国際取引が禁じられていますが、今も密輸…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1400211.html


中国が2017年12月31日をもって象牙の市場を閉鎖しました。年間2万頭を超えるアフリカゾウが密猟の犠牲となる昨今、象牙の国際的な違法取引の一大要因と…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1399802.html


2017年12月20日、WWFジャパンの野生生物取引監視部門であるトラフィックは、日本の象牙取引と国内象牙市場を調査した結果を報告書として発表しました…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/12/1398120.html


記者発表資料 2017年12月20日 日本の国内市場はワシントン条約で閉鎖が勧告される市場に該当 1.トラフィックの国内古物市場と観光エリアの調査で、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/12/1398220.html


2017年11月27日、ワシントン条約の第69回常設委員会が開幕します。条約の運営を担うこの重要な年次会議で、大きな焦点のひとつとなるのが「国内象牙行…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/11/1395724.html


フリマアプリを運営する株式会社メルカリが、象牙製品の取引を禁止しました。急成長を続けるインターネット上の象牙取引。中でも、CtoC(個人間商取引)市場…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/11/1394410.html


人類が古くから利用してきたゾウの牙、象牙。銃器や輸送技術の発達により、象牙のために狩られるゾウの数は増加の一途をたどってきました。狩猟や取引が規制され…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/11/1393101.html


生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多く…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1384725.html


2012年4月8日、極東ロシアのナホトカ市でシベリアトラ6頭、ツキノワグマ34頭、ヒグマ12頭などの大量の毛皮や肉が押収されました。容疑者は逮捕され、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1383914.html

1   2   3   4   5