密猟に関連した活動記事

密猟に関連した活動記事(64件)

1 / 4


2018年4月3日、イギリスと台湾が自国内・域内の象牙取引について禁止に向けた政策を進めることを発表しました。象牙は「ワシントン条約」で国際取引が禁止…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/04/1415419.html


2018年3月23日~25日、WWFジャパンとトラフィックは海外旅行客に向けたイベント「そのおみやげ、大丈夫? 象牙の持ち出し&持ち込みは禁止です!」…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/04/1413005.html


現在、年間2万頭を超えるアフリカゾウが違法に殺されています。原因は、アフリカゾウの牙「象牙」を目的とした、密猟や密輸。このままでは、地域によっては数十…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/03/1410520.html


香港の立法会で2018年1月31日、域内での象牙取引を終了させるための法案が可決されました。2021年までに象牙の国内取引を禁止することや違反した場合…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/02/1403509.html


2018年1月31日、象牙の密輸(違法な輸出)に関与した容疑で、日本の象牙販売業者が逮捕されました。報道によれば、2017年11月末に中国に密輸されよ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/02/1402501.html


人類が古くから利用してきたゾウの牙、象牙。銃器や輸送技術の発達により、象牙のために狩られるゾウの数は増加の一途をたどってきました。狩猟や取引が規制され…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/11/1393101.html


2012年4月8日、極東ロシアのナホトカ市でシベリアトラ6頭、ツキノワグマ34頭、ヒグマ12頭などの大量の毛皮や肉が押収されました。容疑者は逮捕され、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1383914.html


1年間におよそ2万頭が密猟で殺されているといわれるアフリカゾウ。密猟の目的は、国境を越え、高値で売買されるその牙、「象牙」です。世界の各地で、歴史的、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1383108.html


チベット高原から南シナ海まで4,000km以上にわたって流れるメコン川。このメコン川には全長3mにもなるナマズやコイなどさまざまな魚類が生息しているだ…
https://www.wwf.or.jp/activities/nature/cat1248/cat/


過去10年あまりにわたり、サイの大規模な密猟が続いてきた南アフリカ共和国。高値で違法に取引される角を狙われ、2013年以降は毎年1,000頭を超えるサ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/03/1358602.html


2016年10月5日までの日程で、南アフリカ共和国のヨハネスブルグで開かれている、第17回ワシントン条約締約国会議(CITES-COP17)で、注目さ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2016/10/1339004.html


現在、アフリカゾウ(Loxodonta africana)が深刻な密猟の危機にさらされています。その最大の原因となっているのが、象牙を目的とした密猟と…
https://www.wwf.or.jp/activities/2016/09/1337529.html


2016年9月24日から、南アフリカ共和国のヨハネスブルグ開催される「第17回ワシントン条約締約国会議(COP17)」へ向け、WWFジャパンとその野生…
https://www.wwf.or.jp/activities/2016/09/1335221.html


2015年7月30日、国連は、違法取引や密猟などの野生生物犯罪を根絶するための、歴史的な決議を採択しました。これらの犯罪は年々深刻化しており、アフリカ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/08/1277214.html


記者発表資料 2015年2月26日 日本では桃の節句(ひなまつり)にあたる3月3日は、2013年12月の国連総会において「世界野生生物の日」と定められ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/02/1251126.html


記者発表資料 2015年2月6日 今年はサイの存続の正念場の年になる 南アフリカにおけるサイの密猟被害が2008年から増加し、2013年には年間で1,…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/02/1246706.html


2015年1月、南アフリカ共和国政府は、同国内で2014年の1年間に密猟されたサイの数が、前年を21%上回る、1,215頭に上ったことを発表しました。…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/02/1247006.html


2015年1月20日、インド政府はトラの個体数に関する新しい報告書を発表しました。それによれば、2006年に1,411頭と推定されたインド国内のトラの…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/01/1245622.html


2013年3月、中央アフリカ共和国でくすぶっていた政情不安が、とうとうクーデターに発展。首都バンギに厳戒体制が敷かれ、混乱が極みに達した5月、同国南西…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/01/1244719.html


2013年11月、WWFロシアと「ヒョウの森国立公園」当局は、極東ロシアの森で、調査用の自動撮影カメラを用い、アムールヒョウ母子の映像撮影に成功しまし…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/01/1243016.html

1   2   3   4