外来生物に関連した活動記事

外来生物に関連した活動記事(12件)

1 / 1


アマミノクロウサギをはじめ、多くの固有種が生息する鹿児島県の奄美大島と徳之島。しかし今、人が島外から持ち込んだ外来種(外来生物)が、その自然と未来を脅…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/10/1389212.html


生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多く…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1384725.html


ユネスコの世界自然遺産への登録が実現しようとしている、南西諸島。台湾から九州まで連なるこの島々には、沖縄諸島や八重山諸島、奄美諸島などが含まれ、ヤンバ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/06/1370606.html


絶滅の危機にある野生生物を保全する、日本の重要な法律の一つに「種の保存法」があります。この法律は2013年に改正された際に、「国内希少野生動植物種を、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2014/03/1192925.html


絶滅のおそれのある野生生物を保全するために、国は「種の保存法」(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)を制定しています。1992年に成立…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/01/1115030.html


2013年1月18日 意見書 環境省 自然環境局 野生生物課 宛 公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン 事務局長 樋口隆昌 〒105-0014 東…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/01/1115118.html


2012年10月19日 意見書 環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物対策室 宛 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 事務局長 樋口隆昌 〒10…
https://www.wwf.or.jp/activities/2012/10/1093419.html


世界の海で枯渇が心配される、魚や貝などの水産資源。その消費を支える水産物の生産量は、50年前と比較し4倍に増加しています。WWFはこうしたシーフードの…
https://www.wwf.or.jp/activities/2012/08/1078403.html


自然環境に配慮して養殖されたシーフードに付けられる「ASC」のロゴマークが2012年4月17日、公表されました。ASCは、「海のエコラベル」として知ら…
https://www.wwf.or.jp/activities/2012/04/1057826.html


意見書 2011年12月22日 環境省自然環境局野生生物課 御中 公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン 会長 德川恒孝 はじめに 絶滅の恐れのある野…
https://www.wwf.or.jp/activities/2011/12/1035622.html


「WWF・ブリヂストンびわ湖生命の水プロジェクト」は、2004年9月に、WWFジャパンと株式会社ブリヂストンが共同でスタートしました。 これは、琵琶…
https://www.wwf.or.jp/activities/2010/04/822327.html


ペットや街の緑化、または農作物や害虫の天敵など、人類は世界中で多くの生きものを利用して生きています。しかし、これらの生きものが世界中のあらゆる場所に持…
https://www.wwf.or.jp/activities/wildlife/cat1016/cat1100/

1