トラフィックに関連した活動記事

トラフィックに関連した活動記事(23件)

1 / 2


記者発表資料 2018年1月11日 1)2017年12月31日、現在、世界の違法象牙の最大の仕向け地、中国が国内取引を停止 2)しかし、中国でこれを…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1400311.html


高値で売買される象牙を狙われ、年間2万頭が密猟の犠牲になっているといわれるアフリカゾウ。象牙は、ワシントン条約で国際取引が禁じられていますが、今も密輸…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1400211.html


中国が2017年12月31日をもって象牙の市場を閉鎖しました。年間2万頭を超えるアフリカゾウが密猟の犠牲となる昨今、象牙の国際的な違法取引の一大要因と…
https://www.wwf.or.jp/activities/2018/01/1399802.html


2017年12月20日、WWFジャパンの野生生物取引監視部門であるトラフィックは、日本の象牙取引と国内象牙市場を調査した結果を報告書として発表しました…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/12/1398120.html


記者発表資料 2017年12月20日 日本の国内市場はワシントン条約で閉鎖が勧告される市場に該当 1.トラフィックの国内古物市場と観光エリアの調査で、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/12/1398220.html


人類が古くから利用してきたゾウの牙、象牙。銃器や輸送技術の発達により、象牙のために狩られるゾウの数は増加の一途をたどってきました。狩猟や取引が規制され…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/11/1393101.html


1年間におよそ2万頭が密猟で殺されているといわれるアフリカゾウ。密猟の目的は、国境を越え、高値で売買されるその牙、「象牙」です。世界の各地で、歴史的、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1383108.html


2017年8月2日・3日、WWFジャパンとトラフィックは海外旅行客向けのイベント「そのおみやげ、大丈夫?-生きものを守る税関のお仕事―」を東京税関と協…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1382405.html


陸上最大の動物アフリカゾウ。今、1年におよそ2万頭が違法に殺されているといわれています。原因は、アフリカゾウの牙「象牙」を目的とした、密猟や密輸。その…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/08/1380017.html


記者発表資料 2017年8月8日 1. 活発なネット上の象牙取引:大手ネットオークションだけでも4週間で4,520万円の取引高 2. 規制のない個人間…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/08/1379008.html


記者発表資料 2017年7月26日 1)「野生生物取引」をテーマに、税関とNGOが協働して成田空港で開催する啓発イベント 2) この夏休み、実際に海外…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/07/1378026.html


今、世界では1万種以上にのぼる野生植物が、絶滅の危機に瀕しています。植物を危機においやる原因の一つが、過剰な利用や採集です。化粧品や食品、薬、アロマ製…
https://www.wwf.or.jp/activities/2014/04/1197821.html


2014年2月13日、イギリスのロンドンで開催されていた「野生生物の違法取引に関するロンドン会議」において、参加各国は世界的な野生生物の密猟に対し、断…
https://www.wwf.or.jp/activities/2014/02/1187420.html


2012年初頭に、中部アフリカ・カメルーン北部でアフリカゾウを大規模に密猟したと考えられるスーダンの武装密猟団が、再び動きはじめました。2013年の年…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/02/1119214.html


絶滅のおそれのある野生生物を保全するために、国は「種の保存法」(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)を制定しています。1992年に成立…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/01/1115030.html


2012年12月10日、南アフリカ共和国とベトナムの両政府は、違法な野生生物の取引への対策を含め、生物多様性の保全に関する2国間の協力を強固にするため…
https://www.wwf.or.jp/activities/2012/12/1106913.html


リオ+20会議開催の2週間前にあたる2012年6月7日、WWFは、シンポジウム「地球一個分の企業経営」を開催しました。テーマは「グリーンエコノミー時代…
https://www.wwf.or.jp/activities/2012/09/1088727.html


2012年6月6日、COMIFAC(中央アフリカ森林委員会)に加盟する10カ国は、アフリカゾウをはじめとする野生動物の密猟対策と、法律による取り 締ま…
https://www.wwf.or.jp/activities/2012/06/1069118.html


WWFジャパンの野生生物の取引を調査・監視部門であるトラフィック イーストアジア ジャパンは、2012年2月21日、「種(しゅ)の保存法」による野生生…
https://www.wwf.or.jp/activities/2012/03/1046501.html


南アフリカ共和国で、2011年に入ってからの10カ月間に、341頭のサイが密猟されたことが分かりました。これは、前年2010年の1年間で、同じく南アフ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2011/11/1024603.html

1   2