ツキノワグマに関連した活動記事

ツキノワグマに関連した活動記事(52件)

1 / 3


ツキノワグマ個体群の絶滅が心配される四国と、クマの生息数・生息域ともに回復傾向にあり、地域住民の方とのトラブルが問題となっている島根県。この2つのフィ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2016/07/1325029.html


生息数が残り十数頭から数十頭とされ、絶滅が心配される四国のツキノワグマ。四国山地、剣山系の奥山に残存する自然林に、閉じ込められるように生息していると考…
https://www.wwf.or.jp/activities/2016/04/1313207.html


生息数が残り十数頭から数十頭とされ、絶滅が心配される四国のツキノワグマ。その生息域は、徳島と高知の県境に広がる剣山系のみと考えられています。過去10年…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/09/1280102.html


国内で最も絶滅が心配されている四国のツキノワグマ。その生息数は少なければ十数頭、多くても数十頭と推定されています。生息頭数の減少によって、近親交配や遺…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/07/1273013.html


2015年5月29日、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」が施行されました。これを受け、WWFジャパンは6月17日、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/06/1270830.html


「島根県のクマ聖地」と呼ばれるほど、ツキノワグマの生息密度が高く、クマと人間との距離が近い匹見町。ここでは、2000年から「広域電気柵」の設置が始まり…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/06/1270126.html


要望書 2015年6月17日 環境大臣 望月義夫 殿 公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン 会長 徳川恒孝 認定特定非営利活動法人 四国自然史科学研…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/06/1269017.html


歩きながらミズバショウの若葉を食べるツキノワグマ。タケノコを両手で支え皮を剥きながら食べるクマ。言い寄ったメスグマに逃げられて必死で追いかけるオスグマ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/06/1264603.html


WWFジャパンと認定NPO法人四国自然史科学研究センターは、四国の剣山山系で実施しているツキノワグマ調査によって、2013年冬期に生まれた仔グマが親離…
https://www.wwf.or.jp/activities/2015/03/1254117.html


要望書 2014年12月2日 環境大臣 望月 義夫 殿 (公財)世界自然保護基金ジャパン 会長 徳川恒孝 拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上…
https://www.wwf.or.jp/activities/2014/12/1236702.html


2014年の秋、日本各地でクマの大量出没の発生が懸念されています。その要因の一つとして注目されているのが、堅果類(ドングリなど)の実りの状況です。WW…
https://www.wwf.or.jp/activities/2014/10/1226507.html


2013年5月、その生息数が十数頭ともいわれる四国のツキノワグマの親子の姿が、初めて動画で撮影されました。また同年10月、別の場所に設置されていた自動…
https://www.wwf.or.jp/activities/2014/02/1184805.html


北海道の先住民族「アイヌ」。アイヌの人々は古くから、動植物や事象など、自然界のさまざまなものにカムイ(神)の存在を見い出し、敬虔(けいけん)な心をもっ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2014/01/1183529.html


四国で現在取り組んでいる、ツキノワグマの調査・保護プロジェクトの2013年が終わりました。この1年間で、前年の2012年秋に捕獲した3頭のツキノワグマ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/12/1180030.html


WWFジャパンは現在、島根県と協力し、ツキノワグマとの共存をめざしたプロジェクトを展開しています。集落に出没するクマの問題は、なぜ起きるのか。島根県の…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/11/1172826.html


「山おやじ」クマをこんな愛称で呼ぶ地域もあるそうです。クマは日本の森林生態系を代表する動物。日本の森にクマが生息しているということは、それだけ豊かな森…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/11/1170820.html


目次 プロジェクトの背景・目的 四国のツキノワグマ 山奥でひっそりと暮らすクマ 害獣としての歴史 調査の実施、そして提言へ GPSによるクマの追跡調査…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/11/1169515.html


目次 プロジェクトの背景・目的 西中国地域のツキノワグマ 人間とのトラブルが問題に 島根県の取り組み 集落ぐるみ、地域ぐるみの対策 田橋横山フィールド…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/11/1169315.html


日本国土のおよそ半分に生息するクマ。しかし、それぞれの地域により、クマの生息状況や行政の対応など、クマを取り巻く環境は大きく異なります。種としての「ツ…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/11/1168612.html


日本で最も絶滅する危険性が高いとされるクマの個体群は、四国に生息するツキノワグマです。WWFジャパンとNPO法人四国自然史科学研究センターは、2012…
https://www.wwf.or.jp/activities/2013/07/1143911.html

1   2   3