【シリーズ】象牙とアフリカゾウに関連した活動記事

【シリーズ】象牙とアフリカゾウに関連した活動記事(4件)

1 / 1


日本でも古くから知られてきた象牙。奈良時代(8世紀)中期に建立された正倉院宝庫に奉納されている象牙をあしらった美術品をはじめ、その利用の歴史は1200…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/12/1397512.html


人類が古くから利用してきたゾウの牙、象牙。銃器や輸送技術の発達により、象牙のために狩られるゾウの数は増加の一途をたどってきました。狩猟や取引が規制され…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/11/1393101.html


1年間におよそ2万頭が密猟で殺されているといわれるアフリカゾウ。密猟の目的は、国境を越え、高値で売買されるその牙、「象牙」です。世界の各地で、歴史的、…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/09/1383108.html


陸上最大の動物アフリカゾウ。今、1年におよそ2万頭が違法に殺されているといわれています。原因は、アフリカゾウの牙「象牙」を目的とした、密猟や密輸。その…
https://www.wwf.or.jp/activities/2017/08/1380017.html

1