活動へのご参加

イベントに参加する

イベントに参加する

イベント情報:ゲームを通して海の未来を考えよう! For EARTH HOUR 2018

2018年2月24日@東京 / 3月10日@神奈川

海の環境と現状を、ボードゲームやトークで楽しく学ぼう!

世界中の海で、過剰な漁獲や違法漁業、希少な生物の捕獲や海洋環境の破壊などの問題が起きています。
「温暖化を止めたり、森や海を守るために活動する」というと、ハードルが高く感じたり、難しそうに思われるかもしれません。
でも実は、暮らしの中で気軽に取り組める活動もあります。
今回のワークショップで、海の環境の現状と私たちにできることを、ゲームを楽しみながら一緒に考えましょう!

日時 2018年2月24日 13:00~
2018年3月10日 13:00~/15:00~
*各回 1時間15分程度です。
場所 2018年2月24日 モンベル 御徒町店
2018年3月10日 モンベル リーフみなとみらい店
アクセス モンベル 御徒町店 東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町
モンベル リーフみなとみらい店 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-6-5 リーフみなとみらい 1、2階
内容

世界中の人びとが、同じ日・同じ時刻に電気を消すアクションを通じて 「地球温暖化を止めたい!」「地球の環境を守りたい!」 という想いを示すイベント「アースアワー」。2007年にWWFオーストラリアが始めたこの環境キャンペーンは、現在、187の国と地域で行なわれる世界最大規模の草の根イベントに成長し、関連イベントも世界中でさまざまな形で実施されています。

「温暖化を止めたり、森や海を守るための活動をする」というと、ハードルが高く感じたり、何か難しいことをしなくてはならないのでは...と思われるかもしれません。でも実は、ひとりひとりが日々の暮らしの中で気軽に取り組める活動もあります。そのひとつとしてWWFが提案しているのが、日々の食卓にのぼるシーフードを「持続可能な方法で生産されたものにする」ことです。

世界中の海で、既に3割の資源が「獲り過ぎ」の状態で、半分以上が資源の限界まで獲られている状態にあります。過剰な漁獲や違法漁業、ウミガメや海鳥など希少な生物や漁獲対象でない生物を捕獲してしまったり、海底環境を破壊したりするなどの問題も起きています。また、養殖水産物への需要が高まるにつれ、養殖場の設置による野生動物の生息地の消失や、餌や稚魚のための天然魚の過剰漁獲など、自然環境や地域社会への影響も懸念されています。

今回のワークショップでは、海の環境の現状と私たちにできることを楽しく考えるため、みなさんに漁師になりきって進めていただくボードゲームを実施します。日本大学商学部秋川ゼミナールの皆さんが開発したゲームを楽しんでいただいたあとは、WWFジャパンのスタッフから、世界の漁業資源の現状や、消費者として私たちにできることは何かをお話しさせていただきます。

ゲームの対象者は小学5年生以上。お子さんでもご参加いただけますので、ぜひお気軽にお申込みください。

<プログラム>
・WWFとEarth Hourのご紹介
・漁業を机で体験!ボードゲーム(進行:日本大学商学部秋川ゼミナール)
・海の環境問題と、「持続可能な水産物」について(講師:WWFジャパン自然保護室 滝本麻耶)

参加費 無料
定員 各回16名
主催 WWFジャパン
お申込み・お問合せ 氏名、電話番号、人数(子供同伴の場合は年齢)、希望会場(御徒町またはみなとみらい)、希望時間(13:00または15:00)を記載の上、メールにてお申込みください。
WWFジャパン アースアワー担当 earth-hour@wwf.or.jp
申込締切 先着順にて受付。満員になり次第締め切ります
備考

以下は主催イベントのみ

  • ※個人情報について
    ご記入いただいた個人情報は、定員を超過した場合のお知らせ・参加者人数の把握・参加者の属性の把握・今後関連するお知らせをお送りするためにのみ使用いたします。ご記入は任意ですが、返信に必要な情報の記入がない場合はお送りできないことがございます。個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去及び第三者提供停止などとお問い合わせは個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel:03-3769-1719)にて承ります。
    公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)
    ・上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。