あなたが一番守りたいと思う
動物はなんですか。

動物たちのイラストをクリックしてみてください。

カワウソの現実カワウソの現実
ホッキョクグマの現実ホッキョクグマの現実

ゾウ、ホッキョクグマ、トラ、
カワウソ、
ウミガメ、ペンギン、
オランウータン、パンダ…

トラの現実トラの現実
ペンギンの現実ペンギンの現実

大好きなあの動物たちが、
もしも地球からいなくなってしまったら。
私たちは、彼らをかわいいと思うことさえ
できなくなってしまいます。

オランウータンの現実オランウータンの現実
パンダの現実パンダの現実

WWFはあなたといっしょに、
そんな悲しい未来を変えたい。
動物を愛するあなたにこそ、
知っていただきたい現実があります。

ウミガメの現実ウミガメの現実
ゾウの現実ゾウの現実

会員登録時に、会員種類や会費額をお選びいただけます。
※数量限定オリジナルコットンバッグプレゼントは終了いたしました。

あなたにもっと
見つめてほしい。
僕らが絶滅危惧種
だということ。

マリー・アセナ

Marie Assenat

パリ生まれ。ブリュッセルのアートスクールでグラフィックとイラストレーションを5年間学び2010年にパリに戻り、フリーランスのイラストレーターとして活躍。2011年には絵本も出版し、新聞や絵本、テキスタイルモチーフなど、さまざまな分野で活躍。

WWF会員に関するQ&A

Q会員以外で個人からの支援方法はありますか?

個人の方からのご支援方法には以下があります。

  • 「会費」:WWFに入会し、毎年、継続的にご支援くださっている方からの支援
  • 「寄付」:個人から、随時、一回ごとにお寄せいただく支援
  • 「募金」:募金箱に集まったお金など、不特定多数の方からの支援

WWFにご入会された皆さまよりお寄せいただいた「会費」としてのご支援は、WWFのさまざまな活動に使わせていただきます。ご入会くださった方には、会員証や会報などをお届けします。(→くわしくは会員特典をご覧ください)

【関連情報】寄付の種類について

「寄付」は「会費」と同じく活動全般をご支援いただく「一般寄付」のほか、限定した地域での自然保護活動や、特定の野生生物の保全プロジェクトなど、支援金の用途を指定してご支援いただける場合があります。
これらの「会費」「寄付」によるWWFジャパンへの支援金は、公益財団法人への寄付として、税金優遇措置の対象となります。事務局が発行した寄付金の領収書を添えて、確定申告を行なってください。
なお、ご支援いただいた方を特定することができない「募金」については、領収書の発行ができないため、寄付金控除の対象になりません。予めご了承ください。

【関連情報】寄付控除と領収書の発行について

Q入会した場合、税法上の優遇措置はありますか?

はい、ございます。
WWFジャパンの会費は、公益財団法人への支援金となるため、一定の条件下で所得税および相続税における税金優遇措置の対象となります。詳しくはこちらをご覧ください。

寄付控除と領収書の発行について

Q支払いのためのクレジットカードや口座は、入会者名義のものでないとだめですか?

家族の方など入会者以外の名義でも承ります。
その場合は、領収書発行も支払者名義で承れますので、会員係までご連絡ください。

【参考情報】寄付控除と領収書の発行について

Qサークルや任意団体でも会員になれますか?

申しわけありませんが、サークルや任意団体は、WWFジャパンの個人会員になることはできません。
ご住所に団体のご住所・団体名を登録いただくことはできますが、あくまで代表者の方に個人としてご入会いただく形になります。
またその場合、会員証や領収書のご名義も、代表者の方の個人宛となりますので、予めご了承ください。

寄付・入会でのご支援方法

Q会費額の差で、なにか違いはあるのですか?

特に違いはございません。
会費額にかかわりなく、事務局からは同じ会員証や会報などをお届けしております。
ただ、高額の会費やご支援をいただいている方には時折、カレンダーなどのお礼を個別に送らせていただく場合がございます。
会費と会員種類の一覧については、こちらをご覧ください。

WWF会員種類一覧表

会員登録時に、会員種類や会費額をお選びいただけます。
※数量限定オリジナルコットンバッグプレゼントは終了いたしました。

2020年 WWFジャパン
活動報告

WWFジャパンは、たくさんの会員の方に支えられて、さまざまな活動を行なっています。
ここではその具体例として、2020年に行なった主な活動をご紹介します。

1. 森林火災への緊急対応

2019年から2020年の初めにかけて、南米のアマゾン周辺や、オーストラリアで大規模な森林火災が発生。WWFは、日本を含む世界中で募金活動をおこない、集まったお金をWWFブラジル、WWFボリビア、WWFオーストラリアに送って、現地での消火活動や野生動物の救護などを支援しました。現在も、火事の被害の調査や、焼けてしまった森の回復などの活動が続いています。また、WWFジャパンは、同じように森林火災が起きたインドネシアについても支援を行ないました。

2. 新型コロナと環境保全

新型コロナウイルス感染症は、もともとは自然界で野生動物と共存していたウイルスが、なにかのきっかけで人間への感染力を持ったと考えられています。WWFは、このような感染症が増えつつあること、そして、その背景には、森林破壊や、野生動物の利用拡大が関係していることを、くり返し発信。再び同じような感染症が発生する危険性を少しでも小さくするために、森林破壊をくいとめ、野生動物の見る量や違法取引をなくしていく活動への協力を呼びかけています。

3. シベリアトラの新たな生息を確認

WWFジャパンは、WWFロシアがおこなっている極東ロシア(ロシア東部)の森林保全活動を支援しています。日本は、極東ロシアの木材を輸入しているので、この森と野生生物を守る責任があるからです。2020年1月~2月、極東ロシアにあるユダヤ自治州で、初めてとなる本格的なシベリアトラの調査を実施。約20頭が生息し、子どもも生まれていることを確認しました。数年前からおこなっている、人里に出てきたりして保護されたトラを野生に帰す取り組みが実を結んでいるようです。

4. チリの海の生態系を守る

マゼランペンギンやシロナガスクジラ、チリイルカなどがすむチリ共和国の南部の海で、4年以上かけて取り組んできた海洋保護区の管理計画が、ついに動き始めます。ピティパレーナ・アニーウェ海洋保護区は、サケ(サーモン)養殖を含む水産業がさかんな場所です。WWFは、地域の方々や、サケ養殖企業、政府と話し合いを重ね、水産業を続けながら、野生生物を守るために必要なことを明らかにし、実行のためのルール作りを推進。保護区の管理計画としてチリの環境省に正式に認められました。

5. 海のことを考えた水産物を増やす

魚、イカ、タコ、貝類などの水産物は、私たちにとって大切な食べもの。しかし、海で魚をとったり、魚を育てたりすることが、海の環境や生きものをおびやかすことも少なくありません。こうした問題の解決策のひとつに、海を守りながら獲ったり育てたりした水産物に特別なマークを付けて、買う人が選べるようにする「認証制度」というしくみがあります。WWFはこのしくみを広げる取り組みをしています。日本でも少しずつ、認証マークが付いた製品が広がってきています。

6. ペット目的の密猟や密輸を防ぐ

カワウソやトカゲ、サルなど、さまざまな野生動物が、ペットとして日本に密輸される事件が多発しています。そこで2020年6月、TRAFFICは、密輸ルートや手口、対象となる動物とその価格、摘発や処罰の現状などを分析した報告書を発表。その内容をもとに、日本政府に対策の改善を求めました。また、密輸される野生動物は、衛生状態の管理などがおこなわれていないことも多いため、密輸された動物から人間に病気がうつる危険性についても指摘しています。

*TRAFFIC:WWFジャパンの、野生生物の取引に関する調査部門

7. 水田の生物多様性を守る

水田や、その周りの水路には、淡水魚やカエル、水生昆虫など多くの生きものが暮らしています。WWFは、生物の多様性を保ちながら、農業の発展も図っていく道を、大学の先生や、市や県の職員の方々、農家の方々とともに探っています。2020年は、農作業の効率性や安全性を保ちつつ、生物多様性も守れるような水田・水路の改修・維持の方法をまとめたマニュアル「水田・水路でつなぐ生物多様性ポイントブック」を作成。県や市の担当の方々を中心に配布を行なっています。

8. 「グリーン・リカバリー」を求める

新型コロナウイルス感染症によって、世界の経済は大きな打撃を受けました。この先、経済を立て直していくときに、地球温暖化の主な原因である二酸化炭素(CO2)の排出量が大きく増えてしまう可能性があります。WWFは、政府が行なうさまざまな経済復興策の中に、温暖化対策の強化も盛り込んでいく「グリーン・リカバリー」という考え方と、それに基づく行動が、ヨーロッパなどで広がりを見せていることを日本に紹介。日本でも取り入れるよう、政府に提案しています。

9. しらほサンゴ村が20周年

石垣島の白保にあるWWFサンゴ礁保護研究センター(通称:しらほサンゴ村)が、2020年4月で20周年を迎えました。この施設は、全国の方々から寄せられたご寄付と募金で建設されました。豊かなサンゴ礁が広がる海を、白保の人々は、「宝の海」「命つぎの海」と呼んで、大切に守ってきました。現在、白保のサンゴ礁が抱えている課題は、地球温暖化による影響や、大型ホテルの建設計画など。しらほサンゴ村は地元の方々と共に、この海を守り伝えるための活動を続けています。

10. 温暖化防止キャンペーン

2020年6月、キャンペーン「気候危機で地元どうなる?未来47景」を開始しました。「気候危機」とは、地球温暖化による気候の変化によって、災害などさまざまな影響が起き始めていることをさす言葉です。キャンペーンでは、47の都道府県ごとに、その地域で起こる可能性のある「気候危機」を描くことで、温暖化を身近な問題として感じられるよう工夫しました。一人ひとりにできるアクションも示し、自分の「地元」を守るためにも今、行動を起こそうと呼びかけています。

会員登録時に、会員種類や会費額をお選びいただけます。
※数量限定オリジナルコットンバッグプレゼントは終了いたしました。

WWF

Photos and graphics © WWF or used with permission.
本サイトのテキスト引用・ロゴマーク等については
こちらをご覧ください