© Robert-Guenther / WWF

好きだからこそ。~違法な取引から野生動物を守りたい~

寄付をする寄付をする

好きだからこそ、気づいてほしい。好きだからこそ、気づいてほしい。好きだからこそ、気づいてほしい。

カワウソカフェで展示されるコツメカワウソ

ここ数年、
日本で急激に人気が高まったカワウソ。
その愛らしさに夢中になる人が増える一方で、
東南アジアから日本へ、
カワウソが密輸される事件も相次ぎました。

暴れないよう薬を投与され、
スーツケースに詰め込まれて運ばれる中、
命を落とすカワウソも少なくありません。

好きだからこそ、気づいてほしい。


世界中で、さまざまな野生動物が取引 *1
されていますが、
その目的のひとつが「ペット」です。

かわいい。美しい。

そう感じる心は大切ですが、
その動物が、
野生では絶滅の危機にあるとしたら?

さらに、野生動物の多くは、
飼育に適さない面を持っています。
カワウソも、
カニの甲羅をかみ砕くほど噛む力が強い生きもの。
飼い主が大怪我をする危険は否定できません。
なにより、広い行動圏を持ち、
川から草地、海辺まで、
さまざまな環境を利用する
カワウソ本来の暮らしを、
一般家庭で再現するのは不可能です。

好きだからこそ、気づいてほしい。


好きだからこそ、その動物の危機や、
飼育に適さないことにも気づいてほしい。

WWFは、
カワウソを愛玩動物のように扱う風潮に対して、
警鐘を鳴らしています。

*1 取引:売買や譲渡

好きだからこそ、理解してほしい。好きだからこそ、理解してほしい。

ヤエヤマセマルハコガメ。ミヤコカナヘビ。

左:ヤエヤマセマルハコガメ。石垣島と西表島だけにすむ。

右:ミヤコカナヘビ。宮古諸島だけにすむ

ペット目的の取引が野生生物を脅かす問題は、
日本の南西諸島 *2 でも起きています。

南西諸島は、
世界でここにしかいない、
希少なカエルやトカゲ、
カメなどの宝庫。

しかし、開発などの影響で、
絶滅の危機にあるものも少なくありません。

さらに、ペットにするための捕獲や取引が、
その危機に拍車をかけています。

TRAFFIC *3 の調査では、
南西諸島の両生類や爬虫類が、
国内外で活発に取引されていることが判明。

ヤエヤマセマルハコガメ。ミヤコカナヘビ。


環境省のレッドリストで
「特に絶滅のおそれが高い」とされ、
国の天然記念物でもある、
ミヤコカナヘビやヤエヤマセマルハコガメなども含まれています。

ミヤコカナヘビもヤエヤマセマルハコガメも、
国の法律などによって
捕獲が禁止されていますが、
「飼育繁殖させたもの」と
書かれて販売されており、
その証明までは求められないのが現状です。
両生・爬虫類は、
世界的にもペットとして人気です。

ヤエヤマセマルハコガメ。ミヤコカナヘビ。

展示即売会で販売されるトカゲやヘビ。


しかも、希少であればあるほど、
人気が高まる傾向すら見られます。

好きだからこそ、希少性を喜ぶのではなく、
絶滅をくいとめる必要性を理解してほしい。

WWFは、
南西諸島の両生類・爬虫類の
取引規制の強化を、
政府に求めています。

*2 南西諸島:九州と台湾の間に連なる島々(鹿児島県及び沖縄県)
*3 TRAFFIC:WWFジャパンの野生生物取引調査・監視部門

好きだからこそ、考える。そんな人を増やしたい。好きだからこそ、考える。そんな人を増やしたい。

違法な取引にさらされている動物たち 違法な取引にさらされている動物たち

アフリカゾウ、サキシマキノボリトカゲ、スローロリス、ルリコンゴウインコ、フェネックギツネ

2019年8月、ワシントン条約会議 *4 で、
コツメカワウソの国際取引を
原則禁止とする提案が可決されました。
これに伴って、日本国内での取引も、原則禁止となります。

これは、コツメカワウソの保護にとって
大きな前進です。
ただ、規制を潜り抜けて
違法取引が起きる心配もあるため、
これからも監視を続けることが不可欠です。

また、カワウソの他にも、
ペット目的の違法な取引にさらされているのは、
小型のサル、インコやオウム、フクロウ、リクガメ、トカゲなど、
挙げればきりがありません。

さらにペット以外の利用でも、
ゾウ(象牙)、
サイ(犀角)、
トラ(毛皮や骨、牙)、
センザンコウ(肉や鱗)などの
違法取引があとを絶ちません。

サイ(犀角)


「欲しい」気持ちだけを優先させる人がいる限り、
密猟や違法取引は続きます。

好きだからこそ、考える。

その動物がどこからどうやって連れてこられたのか、
絶滅のおそれはないか、
購入することでどのような影響が
起こるのかを考えたり、
売る側に尋ねたりする。

そういう人が増えれば、
野生生物を過剰な利用や
違法取引から
守る大きな力が、 必ず生まれます。

*4 ワシントン条約=絶滅のおそれのある野生動植物を、過剰な国際取引から守るための国際条約

© Ola Jennersten / WWF-Sweden

動物たちを過剰利用や違法取引から守る活動を、ぜひご支援ください。 動物たちを過剰利用や違法取引から守る活動を、ぜひご支援ください。

いただいたご寄付は、以下の活動に充てさせていただきます。

①ペット目的での野生動物の違法取引防止 ②日本における象牙の違法取引防止①ペット目的での野生動物の違法取引防止 ②日本における象牙の違法取引防止

具体的な活動内容

ペット業界の調査

市場の動向や動物を取扱う事業者の法令遵守状況などの調査を行ない、
ペット業界へ必要な改善策や規制遵守の徹底などを求めていきます。

ペット取引のモニタリング

展示即売会やネット上で行なわれるペット取引を重点的にモニタリングし、
疑わしいものについては警察へ情報提供を行なっていきます。

コツメカワウソなどの国内取引対策コツメカワウソなどの国内取引対策

ワシントン条約で国際取引は禁止されましたが、
規制前に輸入された個体などとして国に登録すれば
国内での取引は可能です。
密猟・密輸された個体が登録されるなどの不正行為が起きないよう、
政府に対策を提言します。

違法事例の傾向と課題の分析違法事例の傾向と課題の分析

ペット取引が目的で起こった密輸事件に関する情報を
収集、分析し、違法取引の動向や
法執行強化へ向けた課題について政府や政策決定者、
業界など広く関係者へ情報共有します。

野生動物のペット利用に関する意識変革野生動物のペット利用に関する意識変革

絶滅のおそれのある野生動物が
ペット扱いされることの問題点を発信し、
需要の削減や意識変革にも取り組んでいきます。

南西諸島の両生・爬虫類の保護南西諸島の両生・爬虫類の保護

国際取引の規制の導入・強化を政府に求めると同時に、
生息地の自治体や地域住民と協力し、
希少な生きものを違法取引から守る体制を作ることをめざします。

象牙の違法な持ち出しの防止象牙の違法な持ち出しの防止

日本で購入した象牙製品を海外へ持ち出す「違法輸出」をなくすため、
訪日観光客に象牙製品を買わないよう呼びかけるキャンペーンを行ないます。
また、ネット上で違法な象牙取引が起きていないかモニタリングを継続します。

水際での摘発や監視の強化

違法な国際取引を取り締まる最前線となる税関職員や、
監視や報告などの協力が期待される空港・航空業界の職員を対象に、
野生生物の違法取引に関する研修を継続して実施します。

寄付をする寄付をする

ご寄付いただいた方へ

プレゼント期間:2020年5月31日受付分まで

一度に5,000円以上ご支援くださった方に
WWFオリジナル「ハコガメ・ルーペ」を
ひとつ、お礼としてお送りいたします。

さらに

一度に10,000円以上ご支援くださった方に
WWFオリジナル「ハコガメ・ルーペ」と
「カワウソ・バンダナ」をひとつずつ、
お礼としてお送りいたします。

バンダナの柄を表示する
  • プレゼント期間:2020年7月31日まで申し込み受け付け分まで
  • ご寄付に対するお礼状、ルーペ、バンダナを希望しない方
    は、 振込用紙の備考欄やウェブフォーム通信欄に
    「返礼不要」とご記載ください。

動物たちを過剰利用や違法取引から守る活動を、ぜひご支援ください。

寄付をする寄付をする

継続的にWWF全般の活動をサポートしたい方はこちら

振込等でのご寄付の方法振込等でのご寄付の方法

1. お振り込み (ゆうちょ銀行)

<窓口から振り込む(手数料免除)>

郵便局備え付け用紙で窓口からお振り込みいただくと、手数料が免除になります。 郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「好きだからこそ」と必ずご記入の上、窓口で「手数料免除の振り込みです」と告げてください。

<ATMから「郵便局備え付け用紙」で振り込む(手数料が発生)>

郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「好きだからこそ」と必ずご記入ください。

<「電信振替」で振り込む(手数料が発生する場合あり)>

  • ATMの電信振替をご利用の場合は、お手続き画面の「ご依頼人名(あなた様名)」の欄に必ず、サポーター番号(10桁)と「好きだからこそ」、あなたのお名前の3つをご入力ください。(注)
  • ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)をご利用の場合は、メッセージ欄に、必ず、サポーター番号(10桁)と「好きだからこそ」の2つをご入力ください。

ご注意ください

「好きだからこそ」のご記入・ご入力がない場合は、使途を定めないご寄付となり、プレゼンの対象外となってしまいますのでご注意ください。 窓口で振り込むと手数料が免除されます。

口座番号
00100-4-95257

加入者名
WWF JAPAN

2. お電話で(クレジットカードのみ)

受付時間
平日10:00~17:30(会員係直通)

03-3769-1241

© Sanchez & Lope / WWF

領収書について

WWFへのご支援は、所得税法、相続税法上の優遇措置の対象となります。 1年間のご支援の領収書を、翌年1月末にお送りしております。ご了承ください。 領収書ご不要の場合は、各種用紙や、ウェブサイト申し込みフォームの通信欄にて「領収書不要」をお選びください。

税金の控除について

WWFへのご支援は、「税額控除」の対象となります。 年間のご支援金額から2,000円を引いた金額の40%が所得税から控除されます。 また、相続による財産からのWWFへのご寄付は、一定条件のもとで相続税が控除されます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP