ページ内を移動するためのリンクです。

生物多様性って?

多様な地球の自然

生物の多様性とは、ただ生きものの数や種数が多ければいい、というものではありません。多様性の価値は、さまざまな景観がこの地球上に存在していること、そのものにあるのです。未来の地球の上で、多様な生命が生き残るためには、この多様な生態系と景観が欠かせないのです。

地域や気候によって変化する自然

地球上には、さまざまな生命が、気候や地形などの条件に応じて、多様な生態系を形作っています。

例えば、太陽から多くの光を受ける暖かい地域では、種が多様に進化し、さまざまな生物が息づいているのを目にすることができます。
熱帯林やサンゴ礁といった、熱帯の自然がその代表です。

海のような、気温が低く、厳しい環境では、見られる生物の種類が限られており、多様性が低くなっています。

しかし、これらの環境では、それぞれ種の数は少なくとも、個体の数が多く、結果的にたくさんの生命が息づいている、という特徴があります。

限られた地域に息づく貴重な生物たち

また、高山帯や砂漠のように、気温が極端に低かったり、高かったり、また乾燥していたりする地域では、多様性、個体の数、いずれも少ないケースも見られます。

これらは、その限られた地域でしか見ることの出来ない、貴重な生態系を形作っており、その場所にしか生息していない、珍しい固有種も多く確認されています。

このような環境に適応した特定の生物の中には、絶滅の危機に瀕している種も、少なくありません。これらの生物たちを守っていくためには、その生物が生きる生態系そのものを守る必要があります。

地球上で見られるさまざまな自然

自然の中で息づく生きものたち

生物多様性って?

生物多様性とは
多様な地球の自然
生物多様性の重要性
もっと共存できる未来へ。生物多様性保全のための活動ご支援のお願い。
WWFは世界約100ヵ国で活動している環境保全団体です。
プライバシーマーク事務局へのリンク
WWFジャパンはプライバシーマークを取得しています。